小沢一郎はなぜチャンスがあったのに総理大臣にならなかったのでしょうか? あの時、何があったんですか?

小沢一郎さんは実は一度しか首相になれるチャンスはなかったんですけど、それは竹下登さんと金丸信さんが小沢さんに「次はお前がやれ」と説得したあの一回だけだったんですが、小沢さんは絶対にやりたくないと断ったんですね。

小沢さんは海部俊樹さんが首相をしている時に幹事長をやって海部さんがいかに竹下派からバカにされているかよく知っていた、或いは小沢さん自身が海部さんのことを思いっきり見下していたため、今ここで竹下さんの命令で首相になったら俺も海部と同じになると、そんなことできるか。と思ったんだと思います。だから、いつか竹下登を倒して自前の政権を作ってやろうと思ったところ、いろいろいじらしてしまって(この辺りは長くなりますから以下略)、今みたいになってしまったということだと私は考えています。