藤沢駅前のLITTLE MERMAIDの紅玉アップルパイ

藤沢駅前を歩いているとLITTLE MERMAIDの前で紅玉アップルパイを売っていた。個数限定販売で、なくなり次第終了という言葉に焦ってしまい、一つ買い求め、帰宅してから食べた。帰宅するまで持ち歩いていたので、箱にはやや水滴がついているのが写真からも分かるが、買ったその日に食べたので、消費期限的な問題はないはずだ。で、よく火の通ったリンゴのおいしいこと。シャリシャリがたまらないし、思いっきり甘いのに嫌にならない。パイ生地もすばらしい。サクサクで香ばしい。私はその味に悶絶し、LITTLE MERMAIDに感謝した。この焼き立てパン屋さんのチェーン店は日本国民をどれほど幸せにしてくれているだろうか。チェーン店なのに、焼き立てパンが食べられて、お店の周辺にまで焼き立てパンの香りが漂うなど、実に贅沢で素晴らしく、日本らしい豊かさの象徴である。

アップルパイの発祥の地はイングランドらしい。まさか…あの飯がまずいことで有名なイギリスがふるさとだなんて、信じがたい。イギリスの飯のまずさはトラウマものだが、アップルパイは例外なのだ。なんという感激の例外なのだろうか。




江ノ島の天丼

昨日と引き続き今日もとてもいいお天気で、明日からは悪くなると言うことなので、江の島へ行ってきた。で、江ノ電江ノ島駅で下車してビーチに出られる例の商店街を歩いている途中で、私は天丼屋さんがあることに気づいた。620円という破格の安さである。江ノ島で海鮮丼なりシラス丼なりを食べるとすれば、安くても1500円くらいするのが相場である。そのため620円の安さに私は立ち止まってしまった。お店の構えも悪くない。おいしい天丼を出してくれそうな構えである。長らく、私にとって天丼とは天やであった。それが今、久々に天や以上の天丼に誘われているのである。さあ、食べよう。天丼を食べよう。私はそう思い、お店の暖簾をくぐったのであった。店内はまだ新しい。味は素晴らしかった。お米が良い。お味噌汁も良い。お漬物も良い。そして、揚げたての天ぷらも素晴らしいものだった。海老天、おナス、白身魚の天ぷらが乗っており、上品で引き締まった味がしていた。天丼の具が少なく、お味噌汁の具も少なかったが、これは批判には当たらない。いい天丼をより安く提供するために、食材を節約するのは正しい判断だ。いい客層だけが集まってくるのは請け合いである。たまたま通りかかっただけなのに、非常に得した気分である。良かった。感謝。ありがとう天丼。

藤沢駅前でホタテかき揚げそばを食べた話

なんとなく、藤沢駅前を歩いていると、いつも前を通る立ち食いそば屋さんの前に「ホタテかき揚げそば」との期間限定メニューが表示されていた。当然、食べたくなる。今日はいい天気で明日から雨だとの天気予報もあるので、是非とも江の島方面に出かけたいと思っていて、結果として当該蕎麦屋さんの前を通りかかったというわけだ。分かる人には分かると思うが、JR藤沢駅の改札を出たすぐのところにあるお蕎麦屋さんで、濃いおだしがおいしいお店だ。

普段はかけそばの私なのだが、日本に帰ってからかけそばばっか食べているので、やや疲れてきてしまい変わったものが食べたいと思い始めた矢先のホタテかき揚げそばである。食べないという選択肢はない。

おそばの上に乗せられたかきあげは、揚げ物の生地に野菜が絡まり、野菜たちにしっかりと抱え込まれるようにしてホタテたちが入り込んでいた。上の写真がそれである。ああ、私とホタテたちも一期一会。ようこそ海からここまでおいでなられました。ありがとう。

私はそのように感謝してホタテかき揚げをいただいたのだった。おいしかったです。ありがとう、ホタテ。やはりたちぐいそばは日本人の心である。これまでに、渋谷の立ち食いそば屋さん、明大前の立ち食いそば屋さん、そして三軒茶屋の立ち食いそば屋さんについてこのブログで書いてきたが、遂に藤沢の立ち食い屋さんである。藤沢駅前にはもう一軒、無視するべからざるおいしい立ち食いそば屋さんがあるので、また写真を撮ってブログで書きたい。

冬の江ノ島

冬季の江ノ島へ行ってきました。2月ごろです。まだまだ寒い時期でしたが江ノ島界隈は天気が良く、すっきりとした気持ちよい風が吹いており、とても気持ちのいいものです。外国人観光客が減ったと言われていましたが、定番の鎌倉高校前で下車すると、外国人観光客がまだまだたくさん来ていることが分かります。日本人観光客もなかなかの数の人たちがいます。

サーファーの人たちはこの時期でも泳いでいますが、普通の人はさすが海に入ったりするようなことはありません。それでもビーチを歩いて美しい海の景色と冷たくて気持ちのいい風を楽しんでいました。

冬の江ノ島へ行って特にいいと思えるのは、富士山が見えることです。夏でも絶対に見えないと言うことはなく、時には富士山が見えることもありますが、そのようなチャンスはあまりありません。やはり江ノ島から富士山を見たいのであれば、この季節が一番です。

鎌倉学園前方面から見た江ノ島。稲村ケ崎の向こう、白いに富士山がうっすらと見えている。

海の透明度も高く、とてもきれいです。人がうじゃうじゃ入っていない分、きれいなのでしょうし、海水中のプランクトンのような微生物の数も少ないからかも知れません。運が良ければ魚が海面からジャンプして飛び出す様子を見ることもできます。大変に素敵です。