『昭和天皇独白録』を読む

昭和天皇は昭和史の主役と言えます。また個人的には国民的スーパースターだったと言っていいのではないかとも思えます。その側近が数回に渡り、昭和天皇にインタビューし、それを書き起こしてまとめたものが、この『昭和天皇独白録』です。

御用掛だった寺崎英也が「文責」を担ったもので、同書に一緒に収録されている、寺崎氏のお嬢さんの手記によれば、ずっと長い間、家で保管(あるいは放置)していたのだが、お嬢さんがアメリカで育ったために日本語で書かれた寺崎氏の原稿を読解することができず、日本の学者に依頼して解読と分析を頼んだところ「稀有な史料」との返答を受け取り、これを世に出すことが自分の責任であると考えるようになって、ようやく出版されたという経緯があるそうです。

この寺崎英也という人は、もともとは外務省の人で、宮内省に出向していた時期に御用掛を務めて、この聞き書きを行ったわけですが、太平洋戦争との関連では実に不思議な役回りを負った人と言えます。1941年12月7日に日本はアメリカに対して交渉の打ち切りを通告する(宣戦布告)わけですが、その通告が予定よりも遅れてしまい、ハル国務長官に手交された時には既に真珠湾攻撃が始まっていたことは、よく知られています。その要因として当時のワシントン駐在の大使館員たちが前日に歓送会を開いており、翌日は日曜日でみんな休日モードに入っていたため、要するにだらっとしてしまったために日本から暗号電文で送られてきた交渉打ち切りの通告の文章をタイプに打ち出して正式な文書にするという作業が遅れてしまい、結果としては「真珠湾は宣戦布告前に行った騙し討ち」と後々まで言われ続け、アメリカが原子爆弾投下を正当化する理由の一つにもされてきました。外務省のその時のあまりに重大な失態をおかしてしまった時、寺崎氏は駐ワシントン大使館の職員で、中南米に転任することが決まり、真珠湾攻撃の前日は寺崎氏のための歓送会がチャイナタウンで開かれたということらしく、要するに寺崎氏の転任が宣戦布告の通知が遅れたことの要因となってしまったとも言え、寺崎氏の外務省人生でも痛恨の一事になってしまったに違いありません。

それはともかく、『昭和天皇独白録』の内容はなかなか面白いもので、多少の記憶違いも指摘されてはいますが、田中義一首相の時には、関東軍の河本大作大佐による張作霖事件について、田中首相がうやむやにしてしまおうとしたことに頭に来た昭和天皇は「辞表を出してはどうか」と言ったとこの本の中では認めています。田中義一首相が昭和天皇に「叱責された」ことは有名で、昭和天皇がなんと言ったのかは議論のあるところですが、当時まだ若かった昭和天皇が、かなりはっきりと辞めろと言ったという本人の回想があるわけですから、語気や語彙については多少の議論が残るとしても、だいたい田中義一首相辞任事件の真相ははっきり見える言っていいかも知れません。

それから、松岡洋右に対する意見が非常に厳しいものだったことも個人的には興味深いことのように思えます。ヨーロッパから帰ってきた松岡は有頂天の大得意で大のドイツびいきになっており、昭和天皇は「ヒトラーに買収でもされたのではないか」と述べています。本当にお金をもらうという形の買収があったかどうかは分かりませんが、松岡がヒトラーから大いに持ち上げられ、歓待されて、すっかり抱き込まれてしまっていたということは言えるかも知れません。松岡洋右がそういうこともあって、枢軸国を固めればアメリカと対抗できると信じるようになり、儚いまでも僅かな希望だった日米諒解案に大反対して潰してしまったというのは本当に日本が助かる最後のチャンスを不意にしてしまったとも言え、松岡という御仁の責任の深さについて、私は改めて考え込まずにはいられませんでした。

側近が昭和天皇にインタビューして聞き書きした理由としては、昭和天皇が戦争犯罪人の訴追から逃れるために、ある種の記憶の整理を目的としていたと言う人もいますが、当時は既に昭和天皇の訴追はないということがだいたいはっきりしていた時期でもありましたし、大変にリラックスしてざっくばらんに語っているということが読み取れますので、昭和天皇にとっては本当に信頼できる人だけに語った回想であり、寺崎氏も飽くまでも史料として保存するだけのつもりだったのかも知れません。

昭和天皇が何を考えていたのか、何を感じていたのかを知る貴重な情報源ですし、普通に読んでいておもしろい歴史の本とも言えます。昭和史の予備知識を充分にもってから読むと、より味わい深いというか、楽しんで読めるのではないかなあと思います。




田中義一内閣がいろいろな意味で残念な件

田中義一は原敬内閣と第二次山本権兵衛内閣とで陸軍大臣を務めた人ですから、政党政治を全く理解しない人というわけではなかったかも知れません。ですが当時、マスコミをコントロールすることの重大さに気づき、陸軍省新聞班を設置したりしていますので、大正デモクラシーに対する反発心も持っていたかも知れず、ある意味では大正時代の軍縮・協調外交・政党政治路線への反動勢力の先頭に立つような形で首相に就任します。

政友会では高橋是清が人事の紛糾で首相の座を退いた後、政友会総裁の後継者を探しますが、過去の政争が根をひきずってしまい、適切な人物が見当たらず、やむを得ず外部から田中義一を総裁として招きます。そして若槻礼次郎内閣が不祥事続きで辞職した際、憲政の常道に従い、野党第一党の政友会の総裁である田中義一が首相に任命されるという展開になります。憲政の常道は新たに作った不文律のようなものですが、民主主義の定着を狙ったものであったため、貴族院議員の田中義一に大命降下するというのは、ルール上全く問題ないにも関わらず、衆議院で選ばれていない人物という意味では憲政の常道の核になる部分が骨抜きになった見てもそんなに外していないと思います。

外交では幣原喜重郎の対外温和路線を否定して対中強硬策を採用しており、在留邦人の保護の名目で三度にわたって山東地方に出兵しており、途中で田中義一が開いた東方会議でも対中強硬路線を堅持しつつ、関東軍は投入しないという意味不明な迷走を見せており、河本大作大佐が起こした張作霖暗殺事件は、その田中義一への意趣返しとの見方もあります(河本が蒋介石に抱き込まれたんだーっ!という意見もあるかも知れません。私にはそれを判断するだけの知見がありません。すみません)。

さらに鉄道疑獄事件と文部大臣が辞める辞めない問題もあり、田中義一内閣は行き詰まりを見せ始めます。止めを刺したのは昭和天皇で、昭和天皇が、張作霖事件の犯人が河本大佐だと分かっているのにそれを隠そうとする田中義一に対し「お前なんかやめろ」と言ったという人もいれば「側近に田中は嘘つきだから、もう顔を見たくない」と言ったことが田中の耳に入って観念したという人もいるようで判然としませんが、昭和天皇は後に「田中義一の時には介入し過ぎた」と後悔するような回想をしているので、踏み込んだ発言があったのかも知れません。昭和天皇も30歳くらいでまだまだ若いですから、かーっと感情的になることがあったとしても不思議とも思いません。ただ、首相の責任を放り出したいと思っていた田中義一が「天皇陛下の怒られた」という格好の口実を得て辞職したような気もなんとなくしてきます。

こうやって見ていくと、高橋財政だけがお札の半分だけ刷ったものを銀行に山積みして預金者を安心させるという頓智のきいた奇策が光っているものの、それ以外、特に外交では残念な部分が多く、憲政の常道に疑問符がつけられるような展開になったのも私の目から見てもったいなくも思え、残念な内閣という意見になってしまいます。

スポンサーリンク

昭和天皇と田中義一首相

よく知られている事件ですが、張作霖暗殺事件は関東軍の河本大作大佐が仕掛けたものだと考えられています。
 当時の田中義一首相もそのことは把握していましたが、真相は公表しない方針を選びました。昭和天皇は公表するようにとの意思を示していましたが、田中義一首相はそれを無視。
 昭和天皇は田中義一首相を叱責し、結果、田中首相は辞任します。

 ここで議論になるのは昭和天皇が田中義一首相に対し「辞めろ」と言ったかどうかです。もし立憲君主制の理念を重視するなら、天皇が首相に辞めろというのは越権行為です。叱責しただけなら、越権行為とまでは言えないでしょう。昭和天皇は後に田中首相を叱責したことは立憲君主として不適当だったと反省したと語ったと言われています。その後、天皇は立憲君主に徹しようとしたため、太平洋戦争開戦についてはイニシアチブをとらなかった(よって責任もない)、という話になっていきます。

 さて、ここでどうでしても不思議でならないのは田中義一首相が昭和天皇に叱られて辞職してしまうことです。立憲君主制が徹底されているとすれば、何も悩むことはありません。天皇が首相を好きか嫌いかは政治の運用上、全く問題がないのです。辞める理由はどこにもありません。「陛下はお怒りなのですか?そうですか、ではがんばって信用回復に努めます」と言って涼しい顔で首相を続ければ良いだけなのです。

 ところが、田中義一首相は辞任してしまいます。天皇に嫌われていてはやりにくいでしょうけれど、辞めなくてもいいのです。この辺り、憲法上様々なことが、それまで習慣的に運営されていたものが想定外の出来事が沸き起こり、混乱し始めていたようにも見えなくもありません。

 田中義一首相の個人的な性格や人生観、当時の個人的な事情も或いは絡んでくる可能性もありますねぇ…。