藤沢本町で義経を祀る白旗神社

湘南地方をてくてく歩けば、この土地が源氏と深く結びついているということに気づくことができる。たとえば江ノ島電鉄腰越駅というところがあるが、義経はかつて、ここで腰越状を書いた。平家を滅亡させた後、京都で後白河上皇から検非違使に任命された義経は、その新しい肩書・地位を土産に意気揚々と鎌倉へと引き上げてきた。そして鎌倉の手前の腰越で頼朝に足止めされている。鎌倉に独立政権を構想していた頼朝は、義経が京都で検非違使の職位を手にして帰ってきたことが鎌倉武士への裏切り行為だと非難したのだ。私にはこれは半分正しくて、半分は言いがかりなのではないかと思える。義経が京都にとどまれば、検非違使の職位を活かした仕事をするかもしれないが、鎌倉に帰ってくれば、その称号は単なる飾りである。外国で名誉市民の称号を受けて帰ってきたらスパイ呼ばわりされる程度の理不尽さが、頼朝にはある。しかし、義経が頼朝の政権構想を甘く見ていたこともある程度は本当なのだろう。義経の心中には、京都で要職を得れば、鎌倉でもいい扱いを受けるのではないかという甘い期待があったに違いない。鎌倉武士の政権にとっては、そのような下心こそ、京都貴族につけこまれる危うい要素なのだ。だがしかし、それなら兄が弟を諭して検非違使を辞めさせればいいことで、何も命を奪わなければならないほどの大事とはとても思えない。そのあたりに頼朝の陰険さのようなものを、もう一歩踏み込むとすれば、頼朝のスポンサーである北条氏の冷酷さをも見えてくるのである。

腰越だけでこれだけ語れるのだ。相模湾沿岸まで範囲を広げれば、更に頼朝の事跡と出会うことになる。小田原の山手の方へ行けば、頼朝が平氏に敗れて逃走した石橋山がある。頼朝は石橋山を下りて真鶴へ逃れ、そこから海路、房総半島へと脱出した。頼朝の人生で最大の危機であったはずだが、彼は徹底して逃げ延びることで難を逃れた。逃げるは恥だが役に立つのである。ましてや体育会系的ロックンロール風のノリで生きる源氏武士であっても、そのあたりをリアリズムで乗り切れるかどうかが生死を分けたと言えるかも知れない。北条氏のゆかりの土地まで探せば、神奈川県は宝の山みたいなところなので、それは楽しいのだが、義経に話を戻す。

そういうわけで義経は腰越から引き返し、京都でしばらく過ごした後、頼朝の追手から逃れて静御前と別れ、弁慶とともに各地を放浪し、東北地方の奥州藤原氏を頼り定住しようとするが、頼朝の恫喝に屈した藤原氏の手によって命を奪われることになる。手を汚したのは藤原氏だが、頼朝がやらせたようなものだ。頼朝はおそらく、義経が怖かったのだろう。頼朝の権力を担保するのは北条氏のパワーしかないが、義経の方が担ぎやすいと判断されれば、頼朝は殺されてもおかしくない。どちらかと言えば義経の方が能天気で、扱いやすく、担ぎやすそうな気もしなくもない。なら、義経を殺そうと頼朝は決心したと考えることもできる。

頼朝はその後800年にわたり日本を支配した武家政治のファウンダーであり、武士道精神が今もある程度日本人の行動様式や思考様式に影響を与えているとすれば(たとえば不祥事が起きた会社の社長が辞任するのは、武士が切腹することで責任を果たすという思考様式に準じている)、頼朝の存在感は半端ないのだが、人気があるのはやはり義経だ。義経は平家を滅亡させるだけの優秀さを持っており、たとえば戦前の軍はひよどり越えを真剣に研究して近代戦に活かそうとした。京都育ちというなんとなく雅なプロフィール、五条大橋での弁慶との対決という、子どもも喜ぶエピソード、静御前との別れという、男女のあや、強い兄に追われる弱気弟に対する判官びいき、歌舞伎の題材になり、能の題材になったのは、こういった義経の様々なアイテムが素晴らしすぎるからで、頼朝にはこのようなアイテムはない。頼朝にあったのは権力だけだった。その権力も、心もとない。頼朝は北条氏の傀儡だったのだから。京都のお寺で育てられた義経は、伊豆で女の子をナンパする以外にやることのなかった頼朝よりも遥かに都会人で教養人で、洗練されていたに違いない。もっとも、その素晴らしい頭脳から生み出される功利主義的戦法は、関東武士の美学に会わず、部下や同僚から思いっきり嫌われてしまったのだから、本当に気の毒だ。

確かに義経は頼朝によって犯罪者として処理されることになった。とはいえ、義経は上に述べたように日本史で一番人気がある人物なのだ。そのままというのはあまりに気の毒だ。で、小田急線藤沢本町駅を降りてすぐ近くにある白旗神社の御祭神が義経というのは、納得できることなのである。源氏の象徴である白旗に笹りんどうの紋章は、一時、大陸騎馬民族にも似たようなシンボルが残されていると言われ、義経ジンギスカン説の根拠とされることもあった。白旗神社で見た笹りんどうの白い提灯は、ここが本物の義経由来の土地だということを表している。歴史をマニアックに愛好するものにとってはなかなかぐっと来る場所である。



平治の乱の裏シナリオ

平治の乱は、保元の乱の勝者だったはずの人々が分裂し、最後は平清盛が大勢を制したことで、つとに知られている出来事です。個人的には、この政変には裏シナリオがあったのではないかという気がします。

藤原信頼が源義朝と手を組み、信西を殺し、後白河上皇と二条天皇を擁して京都政権を手に入れます。熊野詣に出かけていた平清盛が政変を知り急いで帰郷。二条天皇が平氏の拠点である六波羅に脱出し、それを知った後白河上皇も脱出します。天皇と上皇の両方が脱出したことを後で知った藤原信頼は逃走。後に捕まって斬首されます。源義朝も関東へ帰る途中で家臣に殺されてしまいます。結果、平清盛が全てを手に入れて全盛期を築くという流れになっています。

この流れを見て思うのですが、藤原信頼は、後白河上皇に弓を弾いて、新政権は世論の支持を得ることができると本当に思ったのでしょうか。藤原信頼はそもそもが後白河上皇の近臣ですので、後白河上皇の無力化は即、自分の無力化につながります。信頼がそのことに気づかなかったのが私には不思議なことのように思われます。

平安貴族は二条天皇派と後白河上皇派に割れており、政治の実際的な権限は保元の乱の後は後白河天皇と一緒に中央に出世した信西が握っています。取り合えず信西を排除することで二条天皇派と後白河上皇派が手を結んだともとれますが、信頼が前面に出て後白河上皇の居所を燃やさせるあたり、二条天皇派がシナリオを書いたような気がしなくもありません。

そのように考えると、藤原信頼は随分かわいそうな人で、二条天皇派に踊らされ、裏から糸を引かれて踊っていた哀れな人形のように見えてきます。彼本人に政局観のようなものは多分なく、真珠湾攻撃の後で、山本五十六が周囲に「これからどうする?」と言ったといわれていますが、同様に藤原信頼にも「これからどうするか」を考えていなかったように見えます。あるいは安心しきって二条天皇派の裏でシナリオを書いている人にまかせきってしまっていたのかも知れません。

平清盛は一旦は服従の姿勢を取り、その後、好機を見て天皇と上皇を自分サイドにつけていますが、これも「信西を排除した後は清盛に信頼を排除させて一件落着」の筋書きがあったものの、その後平氏政権が総取りするのは想定外で、慌てて今度は清盛排除を計画し、ところが源氏政権ができて更に想定外…というような流れだったのではないかという気がします。

当初、信西排除というわりとミクロなシナリオだったのが、あまりに大袈裟に仕掛けを作り込み過ぎて幕引きがうまくいかず、策士策に溺れる展開だったのかも知れません。

さて、最初に裏でシナリオを書いたのは美福門院か、それとも藤原経宗か…。美福門院が同じ年に亡くなり、後白河上皇がその分自由に動けるようになったことが不確定要因となって、世の中が変わって行き、全く想定していなかった平氏政権の誕生→源氏政権の誕生→武士の時代と流れて行ったようにも思えます。

スポンサーリンク

保元の乱に見る勝ち方

スポンサーリンク



保元の乱は、弟が後白河天皇として即位することで院政への道が閉ざされた崇徳上皇が切れまくり、兄との権力闘争で不利になっていた藤原頼長がそこに加わり、源氏と平氏が分裂して天皇方と上皇方に分かれて戦争になったことは、つとに知られています。人間関係が複雑で、名前も似たような人がいっぱい出てくるので、誰が誰だかよく分からなくなってしまいそうですが、

勝利者      敗者
後白河天皇 vs 崇徳上皇と、
藤原忠通  vs 藤原頼長

とだけ抑えておけば、だいたい理解していると言っていいのではないかと思います。『保元物語』では、上皇方の源為朝が、戦争に負ける側を美しく描くという価値観に則って美化されているため、彼の活躍が目立ちます。天皇方についた義朝もびびって一旦退却するという場面も描かれますが、実際は数時間でけりがついたようです。

この戦いで勝者と敗者を分けたものは何か、という点について『保元物語』では、崇徳上皇サイドがわりと悠長に事を構えていて、為朝が「先手必勝、夜襲をかける」と建言したのを「天皇と上皇の戦争なのにそんな品性のない戦いができるか」と退け、朝になったら出陣して日中堂々と雅に戦おうと計画していたところ、後白河天皇サイドでは義朝が信西と相談して「先手必勝、夜襲をかける」で合意し、早々と兵を出しています。

このように見ると「先に決断をした方が戦争に勝てる」という法則性を見出すことができるかも知れません。とはいえ、21世紀に生きる我々は真珠湾攻撃で先手必勝しようとしつつも無残に日本が敗けたことを知っていますので、先手必勝であればいいというものでもないように思います。

『保元物語』によれば、源為朝が豪傑で敵を寄せ付けず、一進一退を繰り返したとされており、義朝が信西に「崇徳院の居所に火をつけるのがいいと思うが、恐れ多くてできない」という使者を送り、信西の方から「今手をゆるめてどうする、いいから燃やせ」という返事を受け取ってそれを実行し、崇徳上皇たちは脱出。雌雄が決しました。

このように見ると、一旦決心した後は怯むことなく、臆することもなく、前進し、良くも悪くも後先考えず、勝てそうな見込みを得られるものは全部やる、という姿勢によって勝利を得たことが分かります。

太平洋戦争では、国民には強気のメッセージが送られていた反面、真珠湾攻撃後の戦略については指導者たちは弱気と強気が入り混じって煩悶しており、いざいよいよという時に判断の迷いによって追い詰められていく場面が幾度も見られます。

そう思うと、より早く、そしてより強く決心した方が勝つ。ということも言えるかも知れません。

ただし、前提条件として、保元の乱では後白河天皇サイドが兵力において勝っており、後白河天皇が「現政権」に当たりますので正統性という点からも優位で、周囲の協力を得やすいという環境があったということを忘れることはできません。勝てるという環境が整った上で決心するという正攻法的な決断の手順が踏まれているとも言えますので、やはり運頼み、出たとこ勝負では周到に準備している相手には勝てないということの証左になるような気もします。何事も周到さが肝心要なのかも知れません。私のようなしがないブロガーに言えたことではありませんが…。

スポンサーリンク

関連記事
平治の乱の裏シナリオ
信西という人生