渋谷の北海道スープカレー

北海道は何を食べてもおいしい奇跡の土地である。日本各地においしいところはある。だが、しかし、北海道のように新天地でおいしいものがどんどん生まれてきたという力強いロマンのあるところは、他にない。北海道こそ日本の近代史の本質を物語る運命を背負ってきた土地であるとすら言えるだろう。

北海道の歴史と言えば、アイヌの人々だ。一万石扱いで北海道全体の管理・開墾・交易を扱ってきた松前藩は、アイヌの人々を奴隷的労働状態に追い込み、縄張りを奪うなどして利権を拡大したとされる。正式な「アイヌ史」のようなものは勉強したことがないので、私の知識ではこの程度のことしか言えないのだが、日本が植民地を拡大していた時代、台湾の原住民に対して、或いは満州地方の漢民族に対して似たようなことはなされてきたと言ってしまってもさほど間違ってはいないだろう。なし崩し的に領有していったという手法に着目すれば、沖縄で行わたこととも通底すると言えるだろう。

台湾では霧社事件のような身の毛もよだつ反乱暴動が起き、その鎮圧も苛烈であったとされているが、北海道でそのようなできごとは聞いたことがない。アイヌと和人の抗争ということになれば、平安時代のアテルイあたりまでさかのぼらなければならないのではないだろうか。そのようなわけで、アイヌの人々の平和を愛する様子は尋常ならざるほど徹底しているのかも知れない。ああ、アイヌの人とお話がしてみたい。アイヌ資料館が八重洲と札幌にあるはずで、いずれは八重洲のアイヌ資料館にも足を運ぶ所存だが、最終的には札幌のアイヌ資料館に日参してようやく見えてくるものがあるのではないかとも思える。二週間くらい時間をとり、最初の一週間は図書室でひたすら資料を読み込み、二週目はできればアイヌ語の基本くらいは勉強してみたい。教えてくれる先生がいるかどうかは分からないので、飽くまでもそういう空想を持っているというだけなのだが。

いずれにせよ、その北海道はとにかく食事がおいしいのである。海の幸も陸の幸も本州のそれとは段違いに味が濃い。かつて北海道のホッケは食用には向かないと言われたが、今では日本人の主たる食材の一つだ。ホッケは実に美味なのだが、そのホッケですら食材の人気ランク外になるほど、北海道の味は充実しているのである。しかもサッポロビール園があって、対抗するようにアサヒビール園がある。私はもうそのようなビール飲み放題的なところへはいかないが、北海道の食のアミューズメントがいかに充実しているかを議論するための材料として言及してみた。

さて、スープカレーだ。北海道はサッポロビールがおいしく、函館・札幌・旭川のラーメンは伝説的なおいしさで、当然魚もうまいのだが、そこに被せるようにスープカレーもうまいのだ。私は函館に一週間ほど旅行したことがあるのでよく知っている。どうして普通の地方都市にこんなにおいしいものが次々と普通に売り出されているのかと、北海道の底力に驚愕したのである。その北海道のスープカレーが渋谷で食べられると知り、私は小躍りした。ヒカリエのすぐ近くにそのスープカレー屋さんはあった。イカスミ風味もあったのだが、まずはプレーンで頼んでみた。十二分に辛い、たっぷりのスパイスが食欲を刺激するし、スープなので、ごくごくいけてしまう。奇跡の味である。北海道へのリスペクトとともに、ここに書き残しておきたい。尚、この時は人におごってもらったので、おごってくれた人に感謝である。

精神科医の樺沢紫苑氏が、北海道のスープカレーを流行させたのは自分であると豪語する音声ファイルを聞いたことがあるが、本当なのだろうか…今も確信を持てずにいる。



立って食べるお寿司をあなどってはいけない話

私の知る限り、都内には立ってお寿司を食べるお店二軒ある。このお店に共通しているのは、人通りの多い、競争の激しい、維持費のかかる場所で営業されているということだ。

前にもこのブログで書いたことがあるけれど、お寿司は難しい。客の立場としても難しいし、お店を出す側としても難しいだろう。ちょっと寂れたところのカウンターのお寿司より、断然人通りの多い回転ずしの方がおいしい。やはりいかなるサービスも何かに安住してしまって進化を止めてしまうと魅力をなくしてしまうものなのかも知れない。地方の寂れたお寿司屋さんだと、常連のお客さんが飲みに来ることで稼いでいるので、肝心のお寿司は明後日の方向になってしまっていて、一見の客がうっかり入ってみようものなら、トラウマ的にがっかりすることになる。地方とは限らない。都内や横浜でも、安住してしまっているところはがっかりな場合が結構ある。お店の看板とか店構えとか、そういうのを見るとそのあたりもだいたい分かる。

それはそうとして、立って食べるお寿司の場合、個々の客が場所を取らない。無駄に長居しないので客の回転がいい。結果、より安い値段でよりよいお寿司が提供できるというモデルになるらしく、私の知る二軒の立って食べるお寿司屋さんはどちらもとてもおいしい。

一軒は品川駅構内の立って食べるお寿司屋さんで、ここは通勤とか仕事中とかで立ち寄る人を当て込んでいるため、結構みんな味にはうるさい。居酒屋だったらごまかせるところが、昼間に来るのでそうもいかない。ネタはみずみずしく、シャリも硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどよいのである。要するにおいしい。ちなみにここではしめは葉ワサビだ。

もう一軒は渋谷にあって、やはり商業の激戦区なのだから、当然のごとくレベルを維持している。近くには有名チェーンのお寿司屋さんもひしめき合うのだが、こちらの立って食べるお寿司屋さんは客一人あたりのスペースが少なくていいことと、みんな長居しないので回転が良くなるため、小さな店舗で充分に営業できているらしいように見受けられる。ただ、働いている人がころころ変わるので、内実はちょっと厳しいのかも知れないが、お寿司を食べてがっかりしたことは一度もない。しめに赤エビを食べて頭をあぶってもらってお味噌汁にしてもらえるのは人生で何度も味わえるわけではない至福の時間になるのである。

渋谷の立って食べるお寿司屋さんで出していただいた、赤エビの頭の炙ったのを入れたお味噌汁。香ばしくてすばらしい。

お寿司屋さんに行って卵焼きを注文すれば、お店のレベルが分かるというある種の都市伝説がある。お寿司屋さんの板前さんは、この都市伝説に従って、まずは卵焼きを注文する客をひどく嫌うらしい。卵焼きはテリー伊藤の実家みたいな仕出し屋さんに頼めばいいわけだからお店で焼いているとは限らず、というか明らかに自分のところで焼いていない感じのお店も多いため、卵焼きでお店の味のレベルを測るというのはそもそも無理があるように思える。卵焼きが好きなら別にいいが、そうでなければ敢えて注文する必要なく、好きなものを頼んで食べればいいのではないかという気がする。好きなものを頼んでおいしくなかったら正々堂々と出て行けばよいのだ。個人的にはお寿司はネタももちろん大切だが、相当程度にシャリによって決まってくるのではないかと思う。硬すぎず柔らかすぎず、お酢の加減やシャリの切り加減など。これを細かに言い出すときりがないようにも思えるし、毎日大量にお寿司を握る板前さんの立場からすれば、そこまで考え抜いていられるかともお考えになられるかも知れない。当然オーバーワークにならない範囲で。ということにはなるが、いずれにせよシャリを食べれば一口で全部分かってしまうのである。

新鮮なネタを客にも見えるように透明なガラスの冷蔵庫に入れて保存し、必要に応じて取り出して握るというスタイルは、冷蔵技術なくしては考えられない。従ってお寿司は近代的な食品であり、伝統的食文化などという人をみると全然わかっていないのだなという気にもなる。とはいえ、お米もネタも思いっきりお酢につけて長持ちさせるという手法は江戸でも大阪でも行われていたし、どうもこれに関しては大阪が発祥とも言われているようだ。そういうのは伝統的食文化と言えるはずなので、大阪のバッテラとか、奈良の柿の葉寿司みたいなのがその範疇に入るのかも知れない。





関連動画‐北大路魯山人の美食エッセイ朗読

渋谷のタコベルはアメリカの味がする件

タコベルと言えばアメリカでとても有名なメキシコ風ファーストフードです。私はとても好きで、アメリカに留学した時はタコベルに行くのが数少ない楽しみの一つでした。アメリカはメキシコと国境を接していて、ヒスパニックの人もたくさんいます。メキシコ料理はアメリカの文化の一部だということが、タコベルがアメリカで流行している様子を見るとよく分かります。

渋谷にタコベルができましたが、開店当初はそれなりに人気があったものの、最近はちょっとどうかなという感じみたいです。私は日本でタコベルが食べられるということが実にありがたいことのように思いますから、なんとかタコベルに盛り上がってほしいです。

タコベルと言えばブリトーもありますが、個人的にはやっぱりパリパリのタコスが一番です。肉は絶対にビーフがイチオシです。個人的な見解です。

渋谷で食べたタコベルはアメリカの味と同じ、味が濃くてホットを頼めばしっかり辛くておいしいです。ドリンクもおかわりが自由にできますから嬉しいことこの上ありません。お店の人の感じもいいです。もっと流行ってもらって、マクドナルドみたいにあちこちでタコベルがあるみたいになってほしいです。ただ、タコベルで食事をするとどうしても手がベトベトになってしまいます。手が洗える場所があった方がいいかも知れません。お手洗いというわけではなくて、例えばトレイを返すところに水道の蛇口があって手が洗えてちゃんと拭けるようになっていると、手がベトベトになっても心配無用です。

個人的にはタコベルが好きですから、応援しています。盛り上がってくれタコベル。俺はまた行くぜ!と思っています。




関連記事
渋谷の立ち食い蕎麦屋さんの信州屋が素晴らしい件
スープストックで東京ボルシチを食べた話
つばめグリルでつばめハンバーグを食べた話

渋谷の立ち食い蕎麦屋さんの信州屋が素晴らしい件

渋谷のマークシティの麓のエリアにある信州屋さんという立ち食い蕎麦屋さんは、私が密かに、そしてこよなく愛する蕎麦屋さんです。おいしいです。風味がいいです。蕎麦粉の分量が多いのかも知れません。蕎麦に弾力と歯ごたえがあります。なぜ、ここの蕎麦はおいしいのか、以前、詳しいことを書いたポスターが貼ってありましたが、今は貼ってないので詳しいことは分かりません。いずれにせよ、おいしいので、渋谷に行くことがあれば必ずと言っていいほど立ち寄ります。

人と会う前に心を鎮めるためにそばを一杯。今日は何を話すべきか、話さないべきか、大切なポイントはなにか、事前に心がけるべきことは何か、などを考えながらいただきます。かけそばで十分においしいです。上の写真はきつねそばですが、これは今回、そばを撮影するために、見栄えがよくなるかなあと思っていつもとは違うちょっと豪華なきつねそばにしました。かけそばでも十分においしいです。人と会った後、心を鎮めるためにもおそば一杯いただくために立ち寄ることもあります。その人と会った後の余韻について考え、本当にあの時の私の発言は正しかったか、相手の反応を思い出して、相手を心境を想像したりしながら、おそばを食べます。温かいおそばを食べると心と体が落ち着いて「まあ、がんばろう」みたいな気持ちになることができます。

ミニ丼のセットもありです。親子丼とか本気でおいしいです。椅子に座れる席がお店の手前の方にあり、奥の方では立って食べるようになっています。食べ終わったらついついトレイを返却口まで持っていきたくなりますが、返却口はありません。そこに置いたまま立ち去れば、お店の人が片づけてくれます。信州屋さんは新宿にもあるみたいですが、行ったことがないのでそちらのことはよく分かりません。



関連記事
明大前駅構内の高幡そばのコロッケそばが素晴らしい件
三軒茶屋のそば屋さん「かしわや」さんを個人的に愛している件
渋谷のタコベルはアメリカの味がする件