武田信玄と村上義清



武田信玄が生涯で最も手こずった敵と言えば、村上義清かも知れません。武田信玄は諏訪氏の領地を奪い、続いて信濃の村上義清を攻めますが、村上義清は二度にわたり武田信玄の軍を撃退しています。

一度目の戦いは1548年の上田原の戦いで、武田軍は1000人近い損害を受けており、詳しいことは分かっていないものの、主として村上義清が攻め時をよく心得ていて、言うなれば戦場に於ける技量によって村上義清が勝利しており、個人的な村上義清の戦闘能力が非常に高かったものと推量できます。

二度目は1550年の砥石城の戦いで、村上義清が守る砥石城を武田軍が攻めるものの、惨敗し、撤退する武田軍に対する村上義清の追撃は激しく、武田軍に相当な被害が出たとされています。武田信玄の家臣の真田幸綱が策略を用いて城を乗っ取り、村上義清は上杉謙信を頼って信濃から越後へと移動します。

その後、上杉謙信と武田信玄の川中島の戦いが繰り返されることになるわけですが、上杉謙信のようなやっかいな相手を信玄の敵として引っ張り出してきたのも村上義清によってなされたものと言えますので(武田信玄が領地を拡大すればいずれはぶつかっていたと見ることもできますが)、武田信玄から見れば、ただの地侍みたいな村上義清が最も手ごわい、多大な犠牲を要する相手だったということができそうです。

武田信玄は諏訪氏攻略では、婚姻関係によって諏訪氏の取り込みを図り、今川氏攻略では徳川家康と示し合わせ、織田信長を討つ目的で上洛を目指した時も浅井朝倉、足利義昭との同盟をした上で軍を動かしていますので、直接戦闘の力押しというよりは密某、策略をよく使って目的を果たしています。三方が原の戦いも半分は心理戦です。そういう意味では、村上義清のような真正面からぶつかってくる相手に対しては実はそんなに強くなかったのかも知れません。日本最強の武田騎馬隊というのも実際にはそこまで戦闘力が高くなかったという指摘もあります。私は乗馬をしないので、馬のことはよくは分かりませんが、武田信玄の騎馬隊が使っていたであろう木曽馬はサラブレッドほど大きくもなければ速く走ることもできないらしいです。ということは、武田信玄=戦国最強騎馬軍団というより、武田信玄=智謀の人の方がより実像に近いかも知れません。

村上義清にとって最も憎い相手は武田信玄で、武田信玄にとってもっとも気になる人物は村上義清だったのではないかと私は思います。度重なる川中島の戦いでも、向こう側には村上義清がいるのだなあと感じていたのではないかとも思えるのです。

関連記事
武田信玄の父子関係の陰
織田信長と足利義昭と武田信玄
桶狭間の戦いに見る織田信長の選択と集中

武田信玄の父子関係の陰



武田信玄は政治家としては有能で、戦争にも強かったことで知られていますが、彼が暗い父子関係を経験していたこともよく知られています。

有名なのは武田信虎の追放ですが、これはどうも今川義元との密約があったらしく、武田信虎が駿府の今川を訪問した後、甲斐へ帰国しようとする際に国境を閉ざして父の帰宅を拒絶しています。

信虎に人間的な問題があったという指摘もあるようですが、家臣団の支持がなければ却って武田信玄が家臣団に殺されることもあり得ますので、武田信玄本人、家臣団、更に今川氏と関係者が事前に同意した上での追放劇だったようです。武田信玄は今川氏に信虎の生活費を送っていたとされており、一番確実なのは殺してしまうことかも知れませんが、さすがにそれは躊躇われたということなのだろうと思います。信虎追放についてはどうしても信虎が人間的に問題があったという取り繕うのような記述だけが残り、実際のところは分からないわけですが、信虎によって潰された家が復活していることから、やはり武田信玄と家臣団との間に充分な了解があったのだろうと考えることができます。

もし以上のことだけで済むのであれば、武田信玄の戦略家としての一面を語るだけで終わるかも知れないのですが、武田信玄の息子の武田信義も不審な死を遂げており、そこに暗い影をどうしても見てしまわないわけにはいきません。『甲陽軍鑑』では、武田信義が謀反を計画し、その事件の発覚後に東光寺というお寺に幽閉され、二年後に亡くなったされています。死因については不明なままですが、殺されたか、自決したか、自決させられたかのいずれかと考えるしかありません。

その背景には武田信義の今川氏の娘と政略結婚しており、結果、信義が今川派となってしまい、武田信玄の今川侵攻の方針と対立したからだともされていますが、やはり死ぬところまで追い込むところに非情さを感じざるを得ません。

フロイト的にエディプスコンプレックスである程度は説明できることかとは思いますが、武田信玄が父の信虎は追放するだけに止め、息子の信義は死ぬところまで追い詰めたのは何故なのだろうという疑問も残ります。もしか息子から見て父はどうしても偉大な存在に見えやすく、信虎の命を獲るのは怖かったのかも知れません。一方で、息子に対しては自分の所有物だという意識が当時の人物であれば当然持っていたでしょうから、自分の所有物を煮ても焼いても構わないと考える非対称的な人間関係が作られていたのかも知れません。家族を愛することが極端に苦手な人だったのではないかとも思えます。

武田信玄の父との関係、また息子との関係を見ると、そこに「歪み」を感じます。しかし、人は誰しもが何らかの歪みを持つもので、武田信玄にも歪みがあるのは普通のこととも言えます。ただ、彼の場合は自分の歪みに対する自覚があったのではないか、それ故に戦いになったら相手の心の歪みを見出してそこを衝いていくこともできたのではないかとも思います。三方が原の戦いは半分は徳川家康との心理戦で、徳川家康は武田信玄の狙い通りに出撃して、待ち伏せされるという展開を見せます。そのように相手の心を見透し、見えない糸で相手を動かしてしまう力があったのも、自分の心理的な歪みに対する自覚ゆえのことかも知れないと思います。最近の流行の言い方で言えば、自分を受け入れることで弱点を克服する、というような感じで言えるかも知れません。

信長が本能寺の変で死んでしまうのは、京都は既に完全にコントロール下にあって安全だと思い込みたいという信長の心理が働いていたと見ることもでき、そういう意味では信長には焦りがあって、現実を受け入れなかったために招いた結果と言うこともできます。朝倉義景も今自分が引いても問題ないと思いたいという願望が現実に対する認識を誤ったとも言えます。

その辺り、武田信玄は自分の願望や恐怖と現実を混同することを避けることで戦国最強と呼ばれるほどの成果を挙げたと捉えることもでき、現代を生きる我々にとっても参考にできる部分があるのではないかとも思います。

関連記事
織田信長と足利義昭と武田信玄
乃至政彦『戦国の陣形』に学ぶ
勅使河原宏監督『豪姫』の時間を隔てた愛

織田信長と足利義昭と武田信玄



織田信長は1568年に足利義昭を擁立して上洛します。上洛途中、六角氏を蹴散らす程度のことはありましたが、わりと楽勝で入った感があり、入洛後の近畿平定も松永久秀が降伏したことで、一旦はいろいろ丸く収まったように見えなくもありません。

足利義昭は信長に対して「私はあなたのことを兄のように思っています」と伝え、信長も礼儀のある返信をしており、両者はwinwinの関係ですから、互いに利用しあおうというか、感情面でも仲良くしようと努力し合っていた様です。

足利義昭の心中、どの時点で信長打倒を決心したかは分かりませんが、義昭の心中としては1、自分が将軍なのに信長に頭が上がらないことの居心地が何とも悪い 2、信長のおかげで将軍になれたことは分かっている 3、一時期世話になった朝倉義景に対しては「一生見棄てない」と言って別れたのに、信長と朝倉氏の敵対は決定的で、自分が信長の世話になって京都の安全圏にいるのは罪悪感があるなどの背反する諸事情が去来したに違いありません。

ただ、信長が一向宗を弾圧し、比叡山をも攻撃したことは、信長を非難するには絶好の材料になったとも言え、そのような宗教的な事由が足利義昭の背中を押したのではないかという気がします。武田信玄が足利義昭の要請を受ける形で信長征伐に乗り出したのも、比叡山事件という当時の倫理観から見れば共通して批判の対象になる事由があったからとも言えます。

織田信長は浅井朝倉との戦争に忙しかったため、背後から武田信玄が攻め上ってくるのはいかにも都合が悪く、大変に厳しい状態に置かれつつあったと言えます。とはいえ、朝倉が早々に撤退して逆に信長に追い打ちをかけられて滅亡していますので、天祐のようなものはこの時点ではまだ信長にあったのかも知れません。

しかしながら、武田信玄は三方が原の戦いで徳川家康を惨敗させ、いよいよ織田信長と対決するという直前に病死し、武田軍は静かに甲斐へと帰って行きます。武田信玄vs織田信長の戦いが実現していればかなりのドリームマッチ、クライマックスシリーズで、実際にどっちが勝つか見てみたいという気持ちにはもちろんなりますが、あと一歩のところで実現はしませんでした。

絶妙のタイミングで武田信玄が病死したことは、織田信長の運勢の強さとしか言いようがありませんが、運が悪いのは足利義昭の方で、武田信玄が死んだことも知らずに京都で信長に反旗を翻します。信長は和平を模索し、飽くまでも足利将軍を立てようとしますが、足利義昭の方がなかなか観念せず、追放され毛利元就の世話になるという展開になります。

織田信長は旧秩序の破壊者として理解されていますが、一方では足利義昭や正親町天皇と敵対することは極力避けており、様々見方が可能ですが、天皇家を廃して自分が日本の頂点に立つということはあまり考えていなかったかも知れません。安土城には天皇の御座所も用意されていたという話で、朝廷の安土移転は考えていたかも知れないですが、天皇家存続を前提としていことの証左だと言うことも可能です。
その後、信長にとって脅威となった上杉謙信も病死し、ますますその強運ぶりに感嘆するしかありませんが、足元が掬われるようにして本能寺の変で亡くなってしまいます。命運尽きればどんなに凄い存在であってもあっけないものだなあと感想に行きついてしまいます。

関連記事
桶狭間の戦いに見る織田信長の選択と集中
乃至政彦『戦国の陣形』に学ぶ
勅使河原宏監督『豪姫』の時間を隔てた愛