源平の戦いをざっくりがっつり語る

白河上皇が院政を始め、保元、平治の乱のころには既に天皇を退位した後で院政をするというのが一般コースとして認定されていきます。しかし、嘘か本当かは分かりませんが、白河上皇は異性関係が激しく、鳥羽上皇の息子である崇徳天皇は「実は白河上皇の息子なのではないか?」という噂が流れていたようです。源氏物語みたいな話です。

鳥羽上皇は自分の子どもではない崇徳天皇を厭い、白河天皇が亡くなると崇徳天皇を強引に退位させ、鳥羽上皇と美福門院の間に生まれた近衛天皇が皇位に就きます。順調であればその後は近衛天皇の子孫が皇統を継承していくはずでしたが、近衛天皇が17歳の若さで亡くなります。崇徳天皇の母親の待賢門院は崇徳天皇の息子の重仁親王皇位継承を望みますが、おそらく信西の暗躍もあって待賢門院が自分の息子の系統に皇位を継がせるべく、雅仁親王が次の天皇に指名され、後白河天皇として即位します。

院政は現役天皇の父、祖父でなければできないという不文律があり、後白河天皇は崇徳上皇から見て異母弟であったため、崇徳上皇の院政への希望は断ち切られます。

鳥羽上皇がなくなると、崇徳上皇は源為朝などの武士を集めて武力による実権の掌握を目指しますが、後白河天皇サイドに集合した平清盛、源義朝と知恵袋の信西が先制攻撃をかけ、数時間で勝敗は決し、崇徳上皇は流罪となり、その他、崇徳上皇に味方した源氏平氏の武将たちは首を斬られます。保元の乱です。

後白河天皇は退位し、二条天皇が即位します。後白河院政が始まります。

信西は後白河上皇の信頼を得て独裁的な政治を進めますが、院の近臣の一人である藤原信頼が全く出世させてもらえません。また、信は平清盛を厚く遇したのに対して、源義朝は冷遇します。新体制で冷や飯組になった藤原信頼と源義朝が結びつき、平清盛が熊野詣に行っている間にクーデターを断行。後白河上皇と二条天皇は幽閉されます。また、信西は逃走先で自決に追い込まれます。平治の乱です。

事態を知った平清盛が帰京し、一旦は藤原信頼に服従の姿勢を見せますが、機会を見計らって後白河上皇と二条天皇の奪還に成功。藤原信頼は斬られ、源義朝は関東へ向けて敗走中に家臣の長田忠致によって殺されてしまいます。この長田忠致という家臣は源平の戦いが始まると源氏の家臣として働きましたが、平氏追討が終わると、源義朝の息子である源頼朝によって処刑されています。やはり裏切るというのはよくありません。因果が巡ってきます。

こうして後白河上皇と平清盛という因縁の両雄が並び立つことになります。

平清盛は二条天皇を支持し、後白河上皇による院政を阻止しますが、後白河上皇は二条天皇を退位させて新しい天皇を即位させることによって院政復活を狙います。そうこうしているうちに二条天皇が亡くなり、その息子の幼い六条天皇が即位します。この時点では後白河上皇と平清盛は政敵ですが、どういうわけか再び手を結び、六条天皇を退位させて高倉天皇が即位します。ちなみに清盛は瞬間風速的に太政大臣になり、すぐに辞職して表向きは引退します。高倉天皇の中宮に清盛の娘の徳子が入り、男の子が生まれます。要するに代々藤原摂関家が手にしていたポジションを平清盛が手に入れたことになります。表向きの引退がこういう場合、あんまり意味がありません。清盛は福原遷都に精を出します。もともとアントレプレナー的な気質で、福原に遷都して日宋貿易を活発化した方が得に決まっているという合理精神が働いたものと私は思いますが、同時に貴族を根城の京都から引き離すことで、実質的に朝廷を私物化しようという挑戦もあったように思えます。

ところが、奢れるものは久しからず。ここからいろいろおかしくなっていきます。平家討滅と謀議する鹿が谷の陰謀事件が露見し、後白河上皇の関係も疑われ、清盛と後白河上皇の間に溝が入ります。更に後白河上皇は何かと理由をつけて平氏の荘園を奪い取ろうとし始めます。切れまくった清盛はクーデターを断行。福原から京都に入り、後白河上皇を幽閉します。後白河上皇は人生で何度となく幽閉される人です。ジェットコースターみたいな人生です。

高倉天皇と平徳子の間に生まれた安徳天皇が即位し、清盛は天皇の外祖父として人生の最高潮を迎えていたはずですが、思うように行かなくなります。後白河上皇とは互いに譲歩して和解が探られていたところへ以仁王が挙兵。自ら親王を称し(王では天皇になれないが、親王なら天皇になれる。血統的には違いはないが、呼称の違いによってその立場が分かるように設定されている)、全国の武士に平氏追討の令旨を出します。この令旨が正統性を持つかどうかは別にして、源義朝の息子で伊豆に流されていた源頼朝が、あろうことか頼朝監視役の北条氏に担がれて挙兵。頼朝は石橋山の戦いで惨敗して真鶴から房総半島へ脱出しますが、その後鎌倉に入り、そこから源氏の棟梁として源氏系の武士に命令する立場であることを宣言します。そこへ源義経がかけつけてようやく役者が揃います。以仁王は宇治川の戦いで討ち死にします。しかし平清盛が熱病で急死。平家の命運に暗雲が漂います。

木曽義仲が挙兵し、京都に迫ると、平氏一門は福原へ脱出。解放軍の役割を期待されていた筈ですが、義仲軍は暴行略奪を繰り返し、京都市民からの支持を失います。義仲の切り札は以仁王の息子を囲ってあることで、以仁王の息子を天皇に即位させることを画策しますが、後白河上皇はそれを一蹴。安徳天皇の異母弟の後鳥羽天皇が即位します(この後鳥羽天皇は後に承久の乱を起こします)。このことで西国に逃れた平家が戴く安徳天皇と、京都で後鳥羽天皇と、天皇が同時に二人存在している異常事態が発生します。歴史的な動乱期ですので、これくらいのことは起きても全く不思議ではありません。

木曽義仲は後白河上皇から朝敵扱いされ、鎌倉から軍を率いてやってきた源義経と激突。義仲軍は敗れ、義仲は戦死します。晴れて源義経入京。京都の鞍馬寺で何事もない人生を送るようにに教えられて育った若者が、一機に時の人になります。

平氏は態勢を立て直して福原エリアまで復活してきますが、義経は一の谷の戦いで平氏を背後から襲い、敗走させることに成功します。義経は京都では大人気で、後白河上皇から検非違使にまで任命されますが、鎌倉では不人気で、頼朝は義経を警戒して冷遇し、他の武士たちからも「戦いかたが小賢しくて武士らしくない」などの讒言が飛び交うようになります。京都で育ち、京都で大事にしてもらっている義経が、関東からは冷遇されれば、心理的には鎌倉よりも京都に近くなるに違いありません。気の毒というか、自分も義経の立場なら、いいもん、僕、京都で。と思うかも知れない気がします。

その後、屋島の戦いでは義経は再び平氏を背後から襲って敗走させることに成功し、次いで壇ノ浦の戦いで平氏を滅亡に追い込みます。幼い安徳天皇が三種の神器と一緒に入水し、水天宮として祀られることになります。三種の神器のうち、草薙の剣は回収できず、あれはレプリカで本物は熱田神宮にあるともされていますが、本当のところはよく分かりません。

平家追悼の仕事を終えて義経は鎌倉へ凱旋しますが、鎌倉の手前の腰越から先に入れてもらえず、涙ながらに切々と訴える腰越状も送りますがダメで、義経は京都へ向かいます。京都で頼朝の刺客に襲撃され、怒り心頭で反頼朝の兵を上げますが、兵隊が集まらず、吉野に落ち延び、次いで安宅の関を通って奥州藤原氏を頼ります。奥州藤原氏では義経を迎え入れ、当初は頼朝と対決する時の大将にと期待されていましたが、庇護者の藤原秀衡が亡くなると、後継者の藤原泰衡は自らの軍で義経の居所を襲撃し、義経は自決に追い込まれます。泰衡は義経の首を鎌倉に届けることで恭順の姿勢を示しますが、義経の首を届けたことそのものが謀反人の義経を匿っていた動かぬ証拠であるとして、頼朝は奥州藤原氏を攻め滅ぼし、かくして一連の大動乱が幕を閉じたというわけです。

その後頼朝は後白河上皇と対面し、融和が図られますが、頼朝は「あいつは信用できねぇ」と言っていたようです。その源氏も遠からず直系は途絶えてしまいます。


関連記事
奈良時代をがっつりざっくりと語る
飛鳥時代をがっつりざっくりと語る

後白河天皇の人生観

後白河天皇というよりも、後白河上皇としての方が映画やドラマにはよく登場することが多いと思います。たいていの場合、あまり「善玉」な感じで描かれることは少ないように思います。時の実力者におもねり、権謀術策を弄する老獪な印象の人という感じです。

もともと後白河天皇は雅仁親王と呼ばれ、将来天皇になることはないと考えられている人物でした。ところが近衛天皇が急逝したことで、崇徳上皇の血統の重仁親王へは皇位を譲りたくないという勢力のある種の談合というか、結託というか、そういうものの結果、雅仁親王はもういい加減いい年で(29歳)、天皇になるための教育も受けているわけではないから必ずしも天皇に相応しくはないけれど、その息子を天皇にすることで、その間の中継ぎという条件で即位します。

棚ぼたと言えば棚ぼたですが、今様でもやって遊んでいればいい人生が政治の世界に引っ張り込まれることになって恐怖を感じたのではないかという気がしなくもありません。

その後、崇徳上皇が保元の乱で失脚し島流しされる姿を見た後白河天皇は自分も一歩間違えばああなると感じたのではないかと思います。そして、そうならないためには、天皇または上皇単体では無力に等しく、確実な味方を常にそばに置き、且つ、そのライバルを外に設けておくことで競わせ、自分の安泰を計るというやんごとなきお方とはちょっと思いにくいような高等戦術を展開していくようになります。

その後当面の間、後白河天皇の養父の信西が政治の実権を握りますが、平治の乱であっさりを命を落とし、平清盛が自分に味方してくれなければ(平清盛が藤原信頼につく可能性充分にあったと思います)、自分は生涯幽閉の身になっていたかも知れず、そう思えば一時は無双に思えた信西の人生も儚いもので、やはり頼りになるのはパワー、武力、敵を物理的に破壊できる実力というものを信じるようになったのかも知れません。

平清盛との同盟関係の次は木曽義仲と手を結び、次いで源義経に官位を与えて、義経と頼朝の間の勝負がつけば頼朝とも面会を重ねるという、見事と言っていいほどの世渡りを続けます。相当な神経の持ち主であるに違いないと思える反面、強いものと同盟するということへの躊躇の無さからは、やはり力への信仰というものが伺えます。

頼朝が奥州藤原氏を攻めるのに宣旨を出してほしいと願ったときも、最初は出さず、藤原泰衡が打ち取られてからタイミングよく宣旨が届くというあたりもよくよく見計らってのことではないかと思います。

風見鶏と言えば風見鶏ですが、自分の力の源泉は紙の上に書く自分の名前だということをよく承知しており、かつ濫用せずに使いどころを見極めているというところは有能な「政治家」と呼ぶこともできるかも知れません。

しかしながら、同盟する相手がことごとく滅びていき、その都度、勝利者と同盟を結びなおしていく時の心中を思えば、殺伐とした、あるいは荒涼としたものを感じないわけにはいきません。もし後白河上皇が力以外のものを信じ、それを正義と呼び、その正義に殉じることを考えていたなら、歴史の舞台からもっと早く去っていたかも知れません。「信じられるのは力のみ」という信念の裏には自分の非力に対する自覚があり、それ故に怯えていたのかも知れません。そう思えば気の毒にも思えます。溥儀が日本であろうとスターリンであろうとどこぞの軍閥であろうと自分を助けてくれるのなら膝を屈するのも厭わないというのに近い心境だったのかも知れません。





信西という人生

保元の乱平治の乱について語る時、信西のことを外すことはできません。藤原氏に生まれたものの、高階氏の養子に入り、当代最高級の知識人と周囲に認められていたにも関わらず、出世の道が閉ざされてしまったことに抗議の意を示すために出家します。

ところが、妻の朝子が雅仁親王の乳母をしており、近衛天皇が亡くなったことを受けて雅仁親王が後白河天皇に即位することで、信西は突然出世します。雅仁親王は天皇になる見込みはないと誰もが考えていたため、信西の人生は想定外の展開を見せます。自分には出世の見込みはなく、育てている雅仁親王も天皇に即位する見込みもない、宮廷の中で冷や飯グループだと思っていたはずです。禍福は糾える縄の如しです。

これによって信西が中央政界に躍り出て、更に保元の乱で後白河天皇サイドが勝利し、いよいよ盤石。後白河天皇の即位にも彼は策動していたのではないかとの推測があり、保元の乱の戦略会議でも積極策を提案してそれが図星になるなど、狙った通りに物事が動いていくことに彼は自分でも驚いたのではないかと思います。

ただ、想像ですが賢しらさが目につく人ではなかったかと思えます。試行錯誤を経て訓練されて人間性が磨かれたり、知恵がついていくのなら良いかも知れないのですが、信西の場合はもともと自分の頭脳は優れているという自信があったことにプラスして急に出世したこと、更に実際に狙い通りに物事が動いたことで「自分の目に狂いはない」という過信が生まれたのかも知れません。また、策略家であるが故に、やはり策士策に溺れるという様を呈してしまいがちになったのではないかとも思えます。

近衛天皇が亡くなることで運を得て出世できたのですが、自分の才覚で出世できたとどこかで勘違いを始めた、どこまでが運でどこからが才覚によって結果を得られたのか分からなくなっていったのかも知れません。あるいは運勢とかそういったものは一切信用せず、全て自分の才覚で上へ行けたと考えたのかも知れません。だからこそより、自分の策だけを頼りにしたのではないかと思えます。もし、近衛天皇が17歳の元気のさかりで亡くなったことも信西のはかりごとによる結果だとすれば、自分の頭脳に湧いてくる策略だけが頼りだと思うのも、無理はないです。

朝廷全体に反信西派が形成され、後白河天皇派と二条天皇派に割れていた貴族たちが平治の乱では一致して信西排除に動いたと見られるあたり、そういう賢しらさが災いしたのではないかという気もします。また、あまりに策略だけで動き過ぎたことで友人がいなくなってしまったということもあるかも知れません。源義朝からの婚礼の申し出を断って、平清盛と婚礼を進めたのも、策をめぐらし過ぎて不信を買ったであろう彼の一側面をうかがわせています。

完全に想像ですが、若いころに不遇だったことで、心の底で出世していくことへの不安も湧いたことでしょうし、何かがおかしい、こんなに物事が簡単に進むはずがないという恐怖も覚えたかも知れません。不安だから更に策をめぐらせるを繰り返し、策はたいていの場合、誰かに見抜かれますから、不信を買うという悪いスパイラルに入って行ったようにも思えます。

平治の乱で郊外に落ちのび、土の中に隠れて敵をやり過ごそうとしますが、発見され最期を迎えます。このような土遁の術のような奇計を思いつくのも、信西らしいと言えば信西らしいやり方かも知れません。

実際に会えば嫌な人だったに違いないとも思いますが、不遇の人生の中で僅かな運と才覚を頼りに出世しようとした信西に同情してしまいます。かわいそうな人です。素直にそう思います。

スポンサーリンク

平治の乱の裏シナリオ

平治の乱は、保元の乱の勝者だったはずの人々が分裂し、最後は平清盛が大勢を制したことで、つとに知られている出来事です。個人的には、この政変には裏シナリオがあったのではないかという気がします。

藤原信頼が源義朝と手を組み、信西を殺し、後白河上皇と二条天皇を擁して京都政権を手に入れます。熊野詣に出かけていた平清盛が政変を知り急いで帰郷。二条天皇が平氏の拠点である六波羅に脱出し、それを知った後白河上皇も脱出します。天皇と上皇の両方が脱出したことを後で知った藤原信頼は逃走。後に捕まって斬首されます。源義朝も関東へ帰る途中で家臣に殺されてしまいます。結果、平清盛が全てを手に入れて全盛期を築くという流れになっています。

この流れを見て思うのですが、藤原信頼は、後白河上皇に弓を弾いて、新政権は世論の支持を得ることができると本当に思ったのでしょうか。藤原信頼はそもそもが後白河上皇の近臣ですので、後白河上皇の無力化は即、自分の無力化につながります。信頼がそのことに気づかなかったのが私には不思議なことのように思われます。

平安貴族は二条天皇派と後白河上皇派に割れており、政治の実際的な権限は保元の乱の後は後白河天皇と一緒に中央に出世した信西が握っています。取り合えず信西を排除することで二条天皇派と後白河上皇派が手を結んだともとれますが、信頼が前面に出て後白河上皇の居所を燃やさせるあたり、二条天皇派がシナリオを書いたような気がしなくもありません。

そのように考えると、藤原信頼は随分かわいそうな人で、二条天皇派に踊らされ、裏から糸を引かれて踊っていた哀れな人形のように見えてきます。彼本人に政局観のようなものは多分なく、真珠湾攻撃の後で、山本五十六が周囲に「これからどうする?」と言ったといわれていますが、同様に藤原信頼にも「これからどうするか」を考えていなかったように見えます。あるいは安心しきって二条天皇派の裏でシナリオを書いている人にまかせきってしまっていたのかも知れません。

平清盛は一旦は服従の姿勢を取り、その後、好機を見て天皇と上皇を自分サイドにつけていますが、これも「信西を排除した後は清盛に信頼を排除させて一件落着」の筋書きがあったものの、その後平氏政権が総取りするのは想定外で、慌てて今度は清盛排除を計画し、ところが源氏政権ができて更に想定外…というような流れだったのではないかという気がします。

当初、信西排除というわりとミクロなシナリオだったのが、あまりに大袈裟に仕掛けを作り込み過ぎて幕引きがうまくいかず、策士策に溺れる展開だったのかも知れません。

さて、最初に裏でシナリオを書いたのは美福門院か、それとも藤原経宗か…。美福門院が同じ年に亡くなり、後白河上皇がその分自由に動けるようになったことが不確定要因となって、世の中が変わって行き、全く想定していなかった平氏政権の誕生→源氏政権の誕生→武士の時代と流れて行ったようにも思えます。

スポンサーリンク

保元の乱に見る勝ち方

スポンサーリンク



保元の乱は、弟が後白河天皇として即位することで院政への道が閉ざされた崇徳上皇が切れまくり、兄との権力闘争で不利になっていた藤原頼長がそこに加わり、源氏と平氏が分裂して天皇方と上皇方に分かれて戦争になったことは、つとに知られています。人間関係が複雑で、名前も似たような人がいっぱい出てくるので、誰が誰だかよく分からなくなってしまいそうですが、

勝利者      敗者
後白河天皇 vs 崇徳上皇と、
藤原忠通  vs 藤原頼長

とだけ抑えておけば、だいたい理解していると言っていいのではないかと思います。『保元物語』では、上皇方の源為朝が、戦争に負ける側を美しく描くという価値観に則って美化されているため、彼の活躍が目立ちます。天皇方についた義朝もびびって一旦退却するという場面も描かれますが、実際は数時間でけりがついたようです。

この戦いで勝者と敗者を分けたものは何か、という点について『保元物語』では、崇徳上皇サイドがわりと悠長に事を構えていて、為朝が「先手必勝、夜襲をかける」と建言したのを「天皇と上皇の戦争なのにそんな品性のない戦いができるか」と退け、朝になったら出陣して日中堂々と雅に戦おうと計画していたところ、後白河天皇サイドでは義朝が信西と相談して「先手必勝、夜襲をかける」で合意し、早々と兵を出しています。

このように見ると「先に決断をした方が戦争に勝てる」という法則性を見出すことができるかも知れません。とはいえ、21世紀に生きる我々は真珠湾攻撃で先手必勝しようとしつつも無残に日本が敗けたことを知っていますので、先手必勝であればいいというものでもないように思います。

『保元物語』によれば、源為朝が豪傑で敵を寄せ付けず、一進一退を繰り返したとされており、義朝が信西に「崇徳院の居所に火をつけるのがいいと思うが、恐れ多くてできない」という使者を送り、信西の方から「今手をゆるめてどうする、いいから燃やせ」という返事を受け取ってそれを実行し、崇徳上皇たちは脱出。雌雄が決しました。

このように見ると、一旦決心した後は怯むことなく、臆することもなく、前進し、良くも悪くも後先考えず、勝てそうな見込みを得られるものは全部やる、という姿勢によって勝利を得たことが分かります。

太平洋戦争では、国民には強気のメッセージが送られていた反面、真珠湾攻撃後の戦略については指導者たちは弱気と強気が入り混じって煩悶しており、いざいよいよという時に判断の迷いによって追い詰められていく場面が幾度も見られます。

そう思うと、より早く、そしてより強く決心した方が勝つ。ということも言えるかも知れません。

ただし、前提条件として、保元の乱では後白河天皇サイドが兵力において勝っており、後白河天皇が「現政権」に当たりますので正統性という点からも優位で、周囲の協力を得やすいという環境があったということを忘れることはできません。勝てるという環境が整った上で決心するという正攻法的な決断の手順が踏まれているとも言えますので、やはり運頼み、出たとこ勝負では周到に準備している相手には勝てないということの証左になるような気もします。何事も周到さが肝心要なのかも知れません。私のようなしがないブロガーに言えたことではありませんが…。

スポンサーリンク

関連記事
平治の乱の裏シナリオ
信西という人生

後白河天皇即位に見る天皇家の母親の力

スポンサーリンク



近衛天皇が17歳の若さで亡くなった時、子どもがいなかったことから後継者の問題が浮上します。そのような若さで亡くなることが全くないとも言えませんが、やはり一番元気な時期ですので、当時でも想定外なことだったのではないかと思います。

崇徳上皇の皇子の重仁親王が次の継承者と目されていましたが、近衛天皇の母親の美福門院から横やりが入り、当時29歳だった雅仁親王が即位して後白河天皇になります(ちなみに後白河天皇の母親は待賢門院)。近衛天皇の母親の美福門院の立場からすれば、自分の息子の系統が今後の皇統を引き継いでいくという前提で暮らしていたでしょうから、崇徳上皇の系統にそれがスイッチしてしまうことに耐え難いと感じていろいろ工作したのであろうと、保元物語ではそれとなく、察してくださいという風に書いています。そしてこれは崇徳上皇にとってかなり痛い打撃にもなりました。

白河上皇以後、平安後期から天皇は若々しい男子が少年期に継承し、大人になると自分の子どもに継承させる。自分は上皇になって、実際の政治は上皇の意思によって行われ、天皇は儀礼的な存在というのがパターン化していきます。いわゆる院政です。ただし、院政ができる上皇には条件があり、時の天皇の父親か祖父の立場でなければ院政をする資格が認められません。そうでない場合は単なる称号になってしまいます。

鳥羽上皇が崇徳天皇を退位させ、崇徳天皇の弟の近衛天皇に即位させますが、この場合、崇徳上皇は天皇の兄の立場になりますので、院政をする資格が認められません。崇徳上皇からすれば、この皇位のシフトは受け入れがたいと感じたでしょうから、近衛天皇を暗殺したいという動機を持っていたことすら推測は可能と思います。

崇徳上皇のもう一人の弟の雅仁親王は、天皇になれるわけがないと目されていたため、次の天皇は崇徳上皇の皇子の重仁親王と目されたわけですが、美福門院派が崇徳上皇の院政だけは絶対に阻止するという意図のもと、雅仁親王の皇位継承が実現します。雅仁親王は崇徳上皇の弟ですので、院政の条件が満たされません。保元物語では美福門院が鳥羽上皇を説得したことになっており、鳥羽上皇が耳を傾けた背景には崇徳上皇が本当は鳥羽上皇の息子ではく、本当は白河上皇の息子ではないのかとする噂があったことをこれも保元物語では察してくださいという感じで書いています。

天皇家内部の人間関係が非常に複雑で、藤原氏の内紛が加わり、源氏と平氏も分裂して保元の乱に発展していくわけですが、その根源を求めれば、当時の天皇家内部の崇徳上皇はずしとも言える抗争があり、崇徳上皇はずしの決定打を放ったのが近衛天皇の母の美福門院ということになります。

かつて、天皇家では後継者を絶やさないために複数の女性を周囲に置くのが通常だったわけですが、複数の男の子が産まれて来た時に、誰が次の継承者になるのかを決める際、カギを握るのは「母親は誰か」です。母親は自分の実家、実父(だいたい、藤原氏の誰か)と連携して権力保持に動きます。

この複雑な人間関係について考える時、やはり最後に決定的なパワーを発揮するのは女性なのだなあとつくづく思うのです。

スポンサーリンク