「別れ」や「終わり」を受け入れると少し幸せになれるかも知れない

人間関係には必ず「別れる」時が来ます。家族とはいずれ死に別れます。また、友人とも別れて行きます。進学先が違えば少しづつ疎遠になるかも知れません。就職先も違うと、ますます共通の話題がなくなっていきます。というよりも30代40代であれば同じ業界の人と話すことの方が大切になっていきます。そのため、古い友人とは少しづつ疎遠になっていきます。他にも出世したり、独立したり、あるいは出世も独立もしなかったりで価値観や関心の向く方向に違いが出てきますから、古い友人とは話せることがなくなっていきます。

友人と別れる、或いは疎遠になるということは寂しい、哀しいことです。しかし、疎遠になることを恐れ、いつまでもべたべたとつきあいを継続しようとすると、却って互いに煩わしくなってしまい、いい結果を生みにくいように思います。話すことがないのに、いろいろと誘っては飲みに行ったり、食事に行ったりしてもそれは時間の無駄に感じられてしまうこともあるかも知れません。働き盛りの人にとっては友人に会うよりも、仕事をしなくてはいけません。頻繁に会うということがなかったとしても、心の中でその人のことを友人だと思えば友人です。ですから、環境的に疎遠になる友人とは無理に関係を続けようとせず、なりゆきにまかせているのが一番いいのではないかとよく思います。年を取って何十年かぶりに会うことがあってもいいかも知れません。その時にしみじみと、或いはじわっと「あー、友達っていいなあ」と思えればそれで充分ではないかとも思います。スタンドバイミーみたいな感じです。

「終わり」もそうです。今、自分がやっている仕事、関わっているプロジェクト、趣味の会、勉強会、なんでもそうですが、やがて終わりにしなくてはいけない時が来ます。仕事はいずれ引退します。プロジェクトはいずれ終わります。というか、終わらせなくてはいけません。関係者を生涯にわたってプロジェクトに拘束することは有意義なこととは言えません。趣味の会や勉強会などでも、会そのものを終わらせるということもあるかも知れないですし、あるいは自分は引退して後続に後を託す、ということもあるかも知れません。そういうことを受け入れることができない場合、そこにしがみつくことになってしまいます。それは傍から見ていて美しいものではありませんし、本人の心中も不安で穏やかなものではないと思います。ですから、時が来れば、自然と譲っていく、離れていく、潮時というものを見て行くということがよりよい人生を生きるのに大切なのではないかと思います。

そのような潮時が来ているかどうかはきちんと取り組んでいれば気づきます。自分の関心が違うところに行ったり、周囲から関連する話題があんまり来なかったりすることで気づいていきます。周囲から関連する話題が来ないとなると、やっぱり寂しいですが、そういうのは短い期間です。むしろ無理に関わろうとせずに、流れに身を任せる感覚で生きていると、人生の次のボールがやってきます。誰かが新しい話を持って来たり、協力を依頼されたり、歩いていて「あ」と思うことに出会ったりします。大抵の場合、そういうボールは自分にとって理想的な感じでは飛んできません。なんとなく打ちにくい、ちょっと負担になりそうな、或いは見劣りしているように感じるボールが飛んできます。ですが、精彩に欠くボールを輝かせるのは自分なんだと思って打ち返す、ということがよりよい人生を生きるための大切なことの一つなのではないかなあと最近はよく思います。



関連記事
不遇の時期をどう過ごすか
同じ「チャンス」や同じ「夢」は二度とない。違う花が咲く準備をする

『幸せになる勇気』のアドラー心理学の愛の実践

とてもいい本です。アドラー心理学の実践編で、『嫌われる勇気』の続編です。以前『嫌われる勇気』を読んだとき、レトリックばかりのように思えて、上手に理解することができませんでした。アドラー心理学の入門みたいなものを読んだこともありましたが、反論したいことやもっと質問したいことが沢山あって、ちょっと違うかなあと思っていましたが、この本を読んでだいぶよく腑に落ちた感じがします。

私の理解ではアドラー心理学は

1、他者の評価を気にしない
2、自分のやりたいことをやる
3、他人に押し付けない
4、そのままの自分を受け入れる

という感じです。一つ一つの言葉は確かにその通り!と納得できますが、「でも、しかし…」がついてきます。そんな生き方してたら、どんどん孤独になるのでは?一人で生きろと?みたいな疑問が私の中にはありました。それなら、それでいいですが、そしたらアドラーさんみたいな偉い先生の話なんか聞かなくてもできるもんと思っていました。一人でできるもん。です。

ところがこの本では、更にその一歩、愛の実践の話に入ります。愛とは能動的に他人を信頼し、その反応は相手に任せて自分が実践するものだ、ということらしいです。途中でエーリッヒフロムの本が念頭に浮かびましたが、この本でもフロムに触れています。ただ、フロムの『愛するということ』は前置きが長く、結論があっさりしていて、拍子抜けで、正直ちょっとがっかりでした。

それに対して『幸せになる勇気』では、実践するとはどういうことか、どのように実践するのかが具体的に分かりやすくかかれてあり、自分にも実践できそうだと感じました。

また、他者評価を気にしない、そのままの自分を受け入れる(そのままの他人も受け入れる)、自分を愛する、他者を愛するということなどについて、普通にいろいろ疑問に思ったり反論したくなったりすることが対話形式で述べられていて、「そうそう、そこ、それ」と膝を打つ思いで読み進めるができました。相手がどういう反応をするかは完全に相手に任せて、自分は目の前にいる人物に対して自分ができることをする、という姿勢はある種の決然さを要求されますが、何故、そうすることに価値があるのかということを納得することができます。

相手に任せるということが相手を尊敬することであり、それが真実に人間関係を築いていくことができるというのは、確かにそのとおりですが、そのためには相手が期待通りの反応をしないことを受け入れるという勇気を持つしかありません。まさしく『嫌われる勇気』です。

そして更に一歩進めるならば、愛の実践もまた、男女愛であれば特定の異性と幸福を築いていくという決然たる意志によって行われることで、そういう意味では『幸せになる勇気』を持つのがいいと述べています。

私はどんなことでも好き嫌いが激しく、嫌いな人とは「さよなら…」しかないと思い込んでいる面がありますが、そこを更に、それが男女愛であっても、或いは友情であっても、その他いかなる人間関係でも、相手に強いることなく幸福な関係を築こうとする決意を持つ。というのは当然のようでいて忘れてしまいがちな人生の価値と言えるかも知れないなあと思います。

個人主義的に生きている人でも、共同体重視思考で生きている人でも、一読してみて自分の在り方を省みる手助けをしてくれる本になると思います。真摯な、とてもいい本です。