孝謙天皇-天武系の滅亡と天智系の復活-

前回までに飛鳥時代から奈良時代前半にかけての天皇家の内紛について少し述べてきましたが、そのような内紛は主として天皇家が天智天皇の子孫と天武天皇の子孫に分かれたことに要因があったわけです。

天智系は壬申の乱の負け組になりますから、こちらの系統の皇族は、生きていても皇位継承の見込みが立たないため、わりとだらっとした感じで過ごしていたはずですが、天武系の方は勝ち組であるため、皇位継承の可能性があり、それが逆に兄弟たちの足の引っ張り合いに発展してしまい、さほど時を経ずしてほとんど適切な継承権のある人物がいなくなっていくという事態へと立ち至ってしまいました。

さて、天武系皇族がまだ、辛うじてどうにかなっていた時期、最も安定していたのは前回の聖武天皇の時代だったと思いますが、その次の天皇は、聖武天皇と光明皇后の間に生まれた女性の孝謙天皇が即位しました。

孝謙天皇は、多分、天武系の血塗られた歴史が、ほとほと嫌になっていたんだと思います。想像ですが、結構、潔癖症な人で、それゆえに、自分の内側にも古い天武系の血が流れているとか思って嫌悪していたんじゃないかと思います。カリオストロの城でクラリスが伯爵から、古いゴートの血が流れていると言われて耳をふさぐのと同じ感じなんじゃないでしょうか。なので、天皇家なんか潰れてしまえばいい、と思っていたんじゃないかと思います。というのも、孝謙天皇の時代に、残った天武系男子がほぼ全滅事態になったからです。彼女が彼らを潰した、故意に、場合によっては成り行きに任せて、潰したように思えてなりません。シャアがザビ家打倒を誓っていたものの、半分は自分の手でなんとかしたとはいえ、残り半分は自分意外の力でザビ家潰れて行ったのと似た感じに思えばいいかも知れません。たとえば彼女の父親である聖武天皇は道祖王という人を、孝謙天皇の次に指名していますけれど、立太子されたんですが、廃されてしまい、最期は拷問されて死んでいます。

孝謙天皇は大炊王(おおいおう)という人に皇位を譲って、大炊王は淳仁天皇になり、自分は上皇になったんですが、この時代、悪名高き道鏡と親しくなり、藤原仲麻呂などの朝臣たちと対立します。これが後に藤原仲麻呂の乱になるんですね。藤原仲麻呂は藤原南家になるんですけど、この戦いで藤原仲麻呂が戦死し、南家の他のメンバーが討ち死にしてまってダメになるんですが、代わりに藤原北家が台頭するようになり、平安時代には摂関家になっていきます。藤原仲麻呂は淳仁天皇とも協力関係であったと考えられていますし、天武系の皇子たちもこぞって仲麻呂の側についたんですが、敗戦してしまいましたから、皇子たちはことごとく流刑にされています。これで天武系がほぼ全滅になってしまうんですね。淳仁天皇も淡路島に流罪にされてしまい、非常に大きな無念を抱えてなくなったと伝えられています。

藤原南家の人物たちが討ち死にしていったのに対し、孝謙上皇と対立した皇族男子たちは命はとられることはありませんでしたから、皇族の命は奪わないと言う不文律がこの時代には既に確立されていたのが見えてきます。天智天皇が有間皇子を死刑にしたのとはだいぶ様子が違いますね。

いずにせよ、この戦乱で孝謙上皇に敵対する人物たちが同時にターミネートされたわけですから、ゴッドファーザー的問題解決がなされたと言っても良さそうですね。

そして孝謙上皇は、自ら再び天皇に即位します。称徳天皇と呼ばれます。彼女はこの時期に次の天皇は道鏡がいいとの神託を得たと言い張るんですが、もちろんそんな神の声が聞こえるなんて誰も信じないので、また悶着が起こりそうになるものの、和気清麻呂が神託を出した宇佐八幡宮まで確かめに行って、「その神託は嘘です」との証言を採って帰ってきます。和気清麻呂は流罪されてしまうんですが、それでも道鏡の天皇即位はありませんでした。称徳天皇は和気清麻呂を流罪にしてから半年ほどで病死していて、道教もそれに伴って追放されたんですが、あんまりにも問題ばかり起こしすぎたので、謀殺されていたとしてもおかしくないと思います。和気清麻呂は称徳天皇の死後に政治の世界に復活しています。

称徳天皇が亡くなった後、天武系皇族はまだ少しは残っていたんですが、藤原百川という人物が、天武系ひどすぎるので、天智系にしようと工作して押し切り、天智系の白壁王という初老の男性が光仁天皇として即位します。天智系の復活であり、現代までその系統が続いていることになります。

光仁天皇の皇后の井上内親王という人は天武天皇の子孫になるんですが、彼女と、彼女が生んだ男子はしばらくして呪詛した罪を被せられて命を落としています。当時、天武系の血統を根絶やしにするが、いかに熱心に行われたかを示すできごとのように思えてなりません。

本当に奈良時代の天皇家はすさまじいですね。次は光仁天皇の息子の桓武天皇の平安遷都の話になります。桓武天皇の時代にも早良親王が酷い目に遭っているんですが、それはまだ次回です。




孝謙天皇の愛への渇望

聖武天皇の娘で、女性として唯一、立太子され(つまり、中継ぎではなく)、天皇に即位したのが孝謙天皇です。一度退位し、重祚しているというだけでも波乱の人生ですが、在位中に橘奈良麻呂の乱、退位後に藤原仲麻呂の乱を経験し、重祚後には道鏡事件も起きていおり、更に天武系の系統も絶えたという風に思うと、本当に波乱万丈、悩ましい人生を送った人のように思います。

一度目の即位の時は、母親の光明皇后が後ろ盾になってくれていて、実際の政治は藤原仲麻呂がやってくれるという、人形かお神輿のような存在でしたが、光明皇后が亡くなった後は、後継者の淳仁天皇と藤原仲麻呂ラインと激しくぶつかるようになります。道鏡と親密な関係になり(どの程度、親密だったかは想像するしかありません)、孝謙上皇と道鏡によって政治をすると宣言します。

淳仁天皇と藤原仲麻呂及び周辺の天武系の皇子たちが共謀して反乱を起こしますが、孝謙上皇サイドの方が動きが速く、孝謙上皇が勝利します。淳仁天皇は廃されて流罪になり、逃走を図った翌日に亡くなっていますが、暗殺説が根強いように思いますし、私もそうではないかなあという気がします。この結果、天武系の適切な皇位継承者がいなくなった一方、天智系の皇族が生きていましたが、天智系に皇位を渡すわけにもいかないという心境もおそらくはあって、孝謙上皇は重祚して称徳天皇になります。

称徳天皇の時代が来て道鏡はいよいよ出世し、法王というお手盛りの位にも就いて順風満帆、人生の全盛期を迎えます。道鏡が天皇を目指したという説は根強く、「宇佐八幡宮神託事件」で、宇佐八幡宮から「道鏡を天皇に即位させるよう」神託が下ったという、普通ならちょっと考えられない工作も行われました。このような、常識を逸したとも思える工作が可能かも知れないと当時者に少しでも思わせることになったのは、もしかすると、孝謙天皇が唯一、中継ぎではなく立太子を経た天皇であったため道鏡には「その天皇と夫婦になって夫が次の天皇になろうと思うのですが、何か?」という意識があったのかも知れません。「持統天皇と何か違いますか?男と女の違いだけですよね」くらいに思ったのかも知れません(持統天皇は天智天皇の娘ですので、道鏡とは実は全然違います。念のため)。

和気清麻呂が宇佐八幡宮まで出かけて行って「あんな御託出しやがって、分かってるのか」と追及すると「ひっこめます」ということで片が付き、称徳天皇が病床について亡くなると道鏡は事実上の流刑になり、ことは収拾されました。

称徳天皇が「どうしても次は道鏡で行く」と強気に出た場合、どうだったでしょうか。道鏡が天皇に即位していたでしょうか。おそらく、道鏡は信西と同じく、全然関係のない人物が偶然の重なり合いで中央に入って来ただけの人物だという目で見られていたでしょうから、もし称徳天皇が強行な態度を示せば適当な理由をつけて殺されたかも知れないという気がします。

最終的に道鏡天皇を実現させなかった称徳天皇は度量と常識をはたらかせたとも言え、道鏡との親密な関係もどこかの段階で終了したように思えます。あるいは道鏡が宇佐八幡宮のご託宣を出してきた時点で「いくらなんでも…」と思って醒めてしまったのかも知れません。想像です。

一般に、称徳天皇の粛清に次ぐ粛清で天武系の皇族がいなくなり、天智系の皇族が復活して今に続く皇統になったと説明されることは多いと思いますが、天武系の皇族が全くいなくなったというわけでもありません。かき集めて、臣籍降下した者も入れれば、血統としては受け継いでいる人もいましたし、吉備真備はその線を狙ったようです。ですが、天智系の白壁王が後継者として即位した背景には、藤原百川が仕組んだかどうかはともかく、やはり天智天皇とタッグを組んで世に出て来た藤原氏の意思というものがあったような気がします。

後継の白壁王が光仁天皇に即位した後、皇后の井上内親王と息子の他戸親王は暗殺されたとする見方が強いですが、井上内親王と他戸親王は聖武天皇の血を引いており、即ち、天武系になりますので、天智系でやっていきたい藤原氏に謀られてしまったらしいです。光仁天皇の立場からすれば、自分の即位後にわけのわからん理由で妻と息子が殺されていますので、名実ともに藤原氏の人形にされてしまっている…と無力さを感じたかも知れません。高野新笠という、百済王朝の系統の女性との間にもうけた子が桓武天皇に即位しますが、このような系統の皇子を次の天皇に後継させるというあたりに、藤原氏の「天武系復活は絶対にない」という強い意思を感じると同時に、藤原鎌足の時代に百済王朝の人たちの亡命を受け継いでいますから、自分たちの物語をそこに見出し、百済王朝の血統を日本の天皇家の中に残したいと言う意図も感じなくもありません。

以上のようなことを考えると、天武系vs天智系と言うよりは天武系vs天智系を推す藤原氏の対決の構図になっており、天智系の人々は何もしていないのに復活したとも言えますが、言いがかりをつけて殺すのが当たり前のようにされていた時代に、孝謙天皇は相当にストレスも強く、周りは藤原ばっかで疲れるという心境の時に道鏡にすがったのかも知れません。

ついでになりますが、仏僧の道鏡が八幡宮のご託宣を利用するって、それで本人的にはいいのか?という疑問もあるのですが、道鏡は弓削氏の系統の人物らしく、弓削氏は物部氏の系統になりますので、もしかすると道鏡の心中の根幹には物部氏の後継者だという自負があったのではないかという想像がはたらきます。想像です。

スポンサーリンク