誰でもよかったという殺人犯は、なぜ政治家や暴走族や犯罪者を殺さないのでしょうか?小学生や障がい者の方が亡くなられるのを知るたびになぜ自分より弱いものを標的とするのか腹が立ちます。

「誰でもよかったという殺人犯は、なぜ政治家や暴走族や犯罪者を殺さないのでしょうか?小学生や障がい者の方が亡くなられるのを知るたびになぜ自分より弱いものを標的とするのか腹が立ちます。」とのquoraでの質問に対する私の回答です。

「誰でもよかった」という表現は、警察の捜査資料の作り方と関係しています。公判維持のためには被疑者の犯行動機を明確に記載しなければならないのですが、通常であれば「恋愛で裏切られて殺意を持った」とか「ビジネスで裏切られて殺意を持った」などの理由があれば、そのように資料に書き込むことができるわけなのですが、通り魔的な犯人にはそのようなものがありません。しかし、なぜその人を狙ったのかということを説明しなければならないので、非常に困るわけです。警察としては書類上「誰でも良かった」と書き込まざるを得ないのですね。まず間違いなく、被疑者に対して「じゃ、誰でも良かったんだね」と念押しして書類に書いているはずです。で、ここからは私個人の感じる問題なのですが、警察の捜査について知識のない人は、そのような警察の事情など、知る由もありません。にもかかわらず警察が自分たちの保身のためにマスメディアに向かって「誰でも良かった」とする警察的表現を使用し、記者たちも「これは警察発表です」との体裁を維持するために、そのまま記事にし、一般の読者はそれを見て、文字通り「誰でも良かった」と受け取るため、被疑者の心理へより深く分け入っていくことができなくなってしまうことが非常に難しい問題をはらむと思います。被疑者は本当は誰でも良かったわけではないのです。なんらかの理由で小学生を狙ったり、路上を歩く、たまたま通りかかった〇〇な感じの女性を狙ったりしているに違いありません。そのような細かい機微についての報道がないため、多くの読者は「このように酷い事件を起こす人間の考えていることは分からない」との感想を持ち、自分とは関係のないことのように考えてしまいます。そしてニュースが消費されていきます。この手のニュースは人が殺されるなどの重大問題であるにもかかわらず、ラーメン屋さんのカウンターでラーメンを待つ間の時間つぶしとか、朝の出勤準備の時の聞き流しとかで消費され、忘れられていきます。被害者の遺族はなぜ自分の大切な家族が狙われたのか本質的なところでは理解できず、被疑者についてもそこまで精神を病んでしまった理由について誰も関心を持たないまま刑が執行されていくということになりかねず、社会は全く教訓を得ることができません。仮に事件報道の使命が社会に教訓を得てもらうことで事件の再発を防ぐということにあるのだとすれば、今のような警察の都合だけに配慮した報道では不十分なのではないかと私は常々思うのです。私はその手の報道を見ると無力感に苛まれるため、次第に見なくなってしまいました。



過去に起きた冤罪で一番酷いと思われるものにどんなものがありますか?

「過去に起きた冤罪で一番酷いと思われるものにどんなものがありますか?」とのquoraでの質問に対する私の回答です。

袴田事件ですかね。捜査関係者も途中から袴田さんは犯人ではないと気づいていたように私は思うんですね。にもかかわらず、メンツにかかわるから、或いは人事に影響するからという理由でこのまま押し切ろうとしたわけですから非常に醜悪です。たかが組織内の出世のために無実の袴田さんが死刑になってもいいと思いそのように謀議したということになるわけですから、繰り返しますけど醜悪で悪質です。袴田さんの事件を担当した裁判官の方は、袴田さんに有罪判決を出すことに納得できなくて裁判官やめて大学の先生になったと『BOX』という映画でやってましたけど、その裁判官の方はえらいとは思うけれど、自分が引退する年齢になって、当時の裁判長も年老いて亡くなってからカミングアウトするって遅すぎると思うのです。その方は「実はあの時…私は無罪だと思ってたんです。裁判所一体の原則があるから、裁判長及び二人の裁判官が合意して決めたってことになってますけど、実は多数決で、私は無罪に投票したんですけど、他の二人は有罪に投票したものですから、死刑判決が出たんです」という趣旨の発言をされて、裁判所一体の原則が崩れた、合議・合意前提の裁判官たちが実は多数決で決めていたということが分かったことが袴田さんの刑の執行を停止するという判断につながったわけですから、その裁判官の方はよく言ったと、日本の慣習と戦ってよく話してくれたとは思いますけど、やっぱり遅すぎますよね。無実なのに40年間も死刑囚をさせられたのです。容認できません。



死後の世界や幽霊の存在が証明されたら殺人罪の重さや裁判に影響を与えますか?

「死後の世界や幽霊の存在が証明されたら殺人罪の重さや裁判に影響を与えますか?」とのquoraでの質問に対する私の回答です。

死者の霊魂が存在することが証明されたとします。そして仮にその霊魂は人間と自在に話すことができるようになったとします。しかし、霊魂の証言が証拠と採用されるかどうかについては、少し難関が待ち受けていそうな気がします。たとえばDNA捜査は時に誤った判断がくだされることもあるわけですから、重大事件では慎重に取り扱われます。それだけで決定的な証拠になることはありません。では霊魂の証言はどうでしょうか?黒澤明監督の『羅生門』に登場した死者の霊がそうであったように、霊魂も自らの名誉のために嘘をつく可能性は否定できません。しかも霊魂は偽証罪に問われませんから嘘はつき放題です。従いまして、霊魂の証言を検証する技術的なハードルを越えることができれば、裁判にも影響することになると思います。後は先例の積み重ねによる微調整の問題になっていくかも知れません。



ゴーン氏は日本に引き戻せるか?

いろいろな人から何度もこの質問を受けましたので、ここで答えておきたいと思います。

個人的にはゴーンさんを引き戻さなくても別にいいんじゃない?と思わなくもないですし、日本の自白偏重・人質司法は批判の対象にもなっていますから、ゴーンさんの主張にも一理なくもないように思います。そんな内容です。過去のアメリカ軍の犯罪者や三浦和義さんのことも例に挙げて言及しています。




ゴーン氏逃走と記者会見について‐ゴーンの正義、検察の正義、日本の正義、国際社会の正義‐正義とはっっっ

2019年末、保釈中のカルロス・ゴーン氏がレバノンに脱出したとするニュースは、多くの日本人に、これまた数多くの???を生み出させた。不可解なことが多すぎるし、突然過ぎもした。まず、ゴーン氏が保釈されているかどうかについてすら、我々は知らなかった。よほど注意してウオッチしない限り、一度逮捕された人物のその後のことなど、分からないままだ。ゴーン氏の保釈はメインストリームメディアによってそれなりに報道され、話題になってしかるべきだが、そのようなことはなかった。我々は知らなかった。従って、私の最初の感想は、あれ、あの人、保釈されてたんだ…というものだった。

次に、当然ながらどうやって国外に出たのかよく分からないということだ。関西空港でプライベートジェットに乗って出て行ったということは分かった。だが、そのプライベートジェットが誰のものかも分からないし、プライベートジェットだからといって、人やモノの出入りが甘くなるというのも、初耳だった。関空の仕事が甘いのか、入管の仕事が甘いのか、日本全体がそうなのか、或いは「関空のプライベートジェットに楽器の箱に入って乗り込んで脱出」という情報が不正確なのか、さっぱり分からない。

ゴーン氏がレバノンで開いた記者会見を途中まで見た。いつまで続く分からないものを延々と見ることはできないし、一応、引っかかるところはあったので、そこでブログの記事にしようと思い立ち、今、こうして書いている。ゴーン氏の発言で私がちょっと驚いたのは、「レバノン政府を攻撃する内容の発言は絶対にしない」と言い切ったことだ。レバノン政府とゴーン氏との間で、日本の司法へゴーン氏を引き渡さないとの合意がなされたことは確実だ。一方で、このような発言をするということは、ゴーン氏がレバノン政府を相当に頼りにしなければならない状況でもあるということを表している。金さえあればなんとかなるというものではなくて、やはり保護の約束が必要だとゴーン氏は考えている。そもそも日本が犯罪人引渡条約を結んでいるのは韓国とアメリカだけなので、ブラジルなりフランスなりに逃げても良さそうなものではあるが、彼は国際指名手配を恐れているのかも知れない。そうなった場合、ゴーン氏を守ることが国策になっているレバノン以外では、逮捕される可能性は否定しきれない。日本の司法に引き渡されずとも、代理処罰が適応される可能性は充分にある。フランスに入国して国際指名手配で逮捕され、フランスで代理処罰の裁判を受けるという可能性もあり得るとみて、ゴーン氏は慎重を期しているのだろう。もしかすると、残り人生をレバノンで過ごす決心もしているのかも知れない。レバノンにいる限り自由だというわけだ。

ゴーン氏の逃走の是非については意見が割れるだろう。ゴーン氏にはいろいろな言い分があるには違いないが、日本の司法が逮捕した以上、司法の手続きに従わないなんてひどい奴だ。という意見もあり得る。一方で、日本の司法は人質司法と呼ばれる面で悪名が高く、罪を認めなければ保釈が認められることは原則としてないという、他国ではみられない現象が存在することも否定できない。今、現在、たとえばロジャー・ストーンは保釈されているが、彼は無罪を勝ち取ろうと努力しているので、日本の司法の慣例から言えば保釈されない。このようなことは重大な人権侵害の可能性があるので、議論されなければならないところだ。ゴーン氏は東京拘置所での生活がいかに酷いものかも訴えていた。シャワーが週に2日しか利用できないと述べていた。私は知らないが、東京拘置所では入浴はどうやら週2日のようだ。これが事実の場合、やはり重大な人権侵害の可能性が高い。普通の懲役刑受刑者でも、或いは毎日入浴する権利がある可能性すらあるのに、未決囚で、まだ犯罪者と決まったわけでもない人が毎日入浴できないというのは、非常に深刻な問題だと私には思える。また、検察の逮捕事実についても、曖昧と言えばいいのか、複雑すぎると言えばいいのか、重箱の隅をつつきすぎていると言えばいいのか、一般的な社会通念では罪かどうかもちょっとはっきりしないような要素、訴因が多いように思える。

ゴーン氏の立場なら、司法によって人権侵害され、言いがかりで何十年も刑務所に入れられようとしていることへの強い抵抗があって当然だし、逃げるチャンスがあれば、逃げるだろうと、つい頷いてしまう。

東京地検特捜部の恣意的な捜査は以前から指摘されている。堀江貴文氏が実刑判決を受けたことに首をかしげる人は多いと思うし、私もその一人なのだが、なんというか、日本の中心に部外者が足を突っ込むと、そういうよく分からない形で失脚することが時々あるように思えてならない。繰り返しにはなるが、それがたとえばゴーン氏であり、堀江氏であり、江副氏であり、村田厚子さんのようなケース(大阪地検の事案ではあるが)も含まれてくるのではないだろうか。

おそらく、ゴーン氏を批判している人の方が多数派なので、こんなことをブログに書き残すと私も批判の対象になるかも知れないのだが、まあ、一応、自分にだけは正直に生きていたいと思い、ここに備忘の意味も含んで書き残しておきます。



関連動画 チャンネル登録してねっ‼