ジュリアン・アサンジ氏が逮捕された件

昨日、ジュリアン・アサンジ氏がロンドンの警察に逮捕されたというニュースを知り、私は椅子から落ちそうなくらいに驚いた。アサンジ氏は死亡説が流れるほどに一切の活動を停止しており、エクアドル大使館内でまるで軟禁されているかのような生活を送っていた。昨日、BBCのbreaking newsをチェックしたところ、エクアドル大使館がロンドン警察の警官たちを大使館内に招き入れ、アサンジ氏を逮捕という流れになったということだった。それから数時間してCNNをチェックしたところ「招き入れた」というのはあまり正しくないとの意見が出されていた。アサンジ氏は難民としてエクアドル大使館の保護を求めていたが、氏が大使館内で国際法違反に当たる行為を繰り返したために難民としての条件を満たさなくなったためだと説明していた。

真相は分からないままだが、エクアドルとイギリスの間で手打ちがなされ、アサンジ氏の身柄が引き渡されたということは間違いない。気になるのは、なぜアサンジ氏が引き渡されたかということよりも、ロシアゲートについてアサンジ氏が何をしゃべるかということではなかろうか。

ロシアゲートはアメリカのモラー特別検察官による最終報告書が提出され、バー司法長官が新たに起訴される人物はいないと発言し、終止符が打たれたかのように見えた。モラー特別検察官はロジャー・ストーン氏など、トランプ大統領の周辺の人物をパクりまくり、反トランプの人々からは喝采されていた。しかし、最終報告書が出された今でも、トランプ大統領はその座に座っており、再選の可能性を模索中である。反トランプの人々が期待した、トランプ弾劾・失脚のシナリオは実現しなかったというわけだ。

しかしながら、ジュリアン・アサンジ氏の身柄が英米の司法の手に渡ったことで今後、ロシアゲートに関する事情で新たな展開が見られる可能性は高まってきたと言える。アサンジ氏はロシアゲートのキーパーソンの一人であり、たとえば何らかの取引が行われ、今後の人生で自由を得られるのと引き換えに、なんでもしゃべるというシナリオはあり得るだろう。反トランプの人々は、ヒラリー氏が敗けたのはジュリアン・アサンジ氏のハッキングの結果だと考えている人が多い。そのため、アサンジ氏はヒラリー氏支持者からは極めて激しく嫌われているが、今はアサンジ氏の口述次第でトランプ氏を危機に陥れるカードになったのだから、そういう意味で沸き返っているに違いあるまい。

やや話はずれるが、イギリスは今、一方でBrexit話で世界注視の的になっており、もう一方でジュリアン・アサンジ氏逮捕でやはり世界注視の的になっている。19世紀の勢いは失われているとはいえ、さすがは七つの海を一度は征服した国だと、イギリスという国の厚みのようなものに感心してしまった。




モラー特別検察官のロシアゲート捜査が終了した件

モラー特別捜査官のロシアゲート関連の捜査が終了し、最終報告書が司法長官に提出された件で英語メディアはもちきりです。これまで、たとえばロジャー・ストーンさんのような人物がモラー氏の捜査で逮捕されたりしてきたわけなのですが、司法長官はこの度の最終報告書の内容について「新しい逮捕者が出る内容ではない」という、やや曖昧な表現をしています。トランプ氏が白だから、これ以上逮捕者は出ないと言っているとも受け取ることができますし、或いは大統領には不逮捕特権があるので、それを利用して言葉を濁していると捉えることもできないわけではありません。トランプ氏を追い落としたいグループとしては報告書の公開を飽くまでも迫り、内容を精査して弾劾に持ち込みたいところでしょう。下院は民主党が押さえていますから、意気軒高、報告書の内容公開を強く求めていくものと見られます。上げモードです。

一方で、トランプ氏を擁護する立場の人たちからすれば、ロシアゲート疑惑は大統領を弾劾する決定打に欠けているとして、これでロシアゲートは終了だという雰囲気ですね。主戦場は次期大統領選挙という下げモードといった様子が見られます。現職の司法長官は共和党の奥の院のメンバーの一人みたいな人らしいので、共和党の大統領を守り切る方向で走り切る、或いは逃げ切るつもりかも知れません。しかしながら、ロジャー・ストーンさんも共和党の奥の院のメンバーの一人みたいな人ですから、共和党の大統領を守るためにロジャー・ストーンさんをトカゲのしっぽきりしたと見ることができるのか、それとももうちょっと裏の裏みたいなのがあるのかは、報告書の中身が分からない以上、見えてこないかも知れません。今日は日曜日ですから、週明け以降、報告書の公開をする、しないを巡ってアメリカの政局は揺れ動くことになりそうです。