さようなら、ラーメン

最近、あちこちの、いろいろなラーメン屋さんを訪れてみて、自分なりのとある結論にたどり着いてしまった。それは、おいしいラーメン店はあんまり多くないということだ。これは世界一のラーメン大国である日本のラーメン店がおいしくないはずがないと信じていた私にとって、かなり驚愕すべき結論なのだが、やむを得ない。実感に基づく結論なのだから。少々、海外生活が長かったことがあって、日本のラーメン店はやや疲れる。店員さんが早口なので、何を言っているのかよく分からないときがあるし、そもそも最初の訪問では麺の硬さとか普通でお試しするに決まっているのに、硬めにしないなんて素人…という目で見られた日には、私としてもやや受け入れがたい心境になる。

それよりも、何よりも、日本に帰ったらいろいろなラーメンを食べ歩きたいと念願していたのだが、私の味覚が変わってしまったのか、それとも期待が過大過ぎたのか、おいしいラーメン店は想像していたほど多いわけではなく、ラーメンの食べ歩きはお金と時間の無駄であり、健康を害する可能性が上がってしまうという悲しい結論に達してしまったのだ。

たとえば、藤沢駅近くの横浜家系ラーメンは味が濃いだけで、麺も良くなく、おいしくなかった。

藤沢駅近くの横浜家系ラーメン。味が濃くて麺がぐったりしており、おいしくなかった。

鎌倉の某歴史ありそうなラーメン店も、申し訳ないがおいしくなかった。

鎌倉の某歴史ありそうなラーメン店のラーメン。麺が伸びていて悲しかった。

このほか、二子玉川の高島屋の裏の某九州ラーメンも伸びていておいしくなかった。果たして10年前、訪れた際、こんなにおいしくなかっただろうか…と過去の思い出を再点検しなければならないような心境になった。足を運ぶラーメン店が多ければ多いほど、がっかりすることが多くなってくる。要するにリピートすべき真実に嬉しいラーメン店は限界があるということだ。悲しいが、だったら、今後は、もう新しいラーメン店を開拓するのはやめておこうと私は思うようになった。

おいしいラーメン店は存在する。下高井戸の大であったり、湘南海岸の一風堂などは素晴らしいラーメン店だ。今まで一度もブログで書いてはいないが、長後駅近くのラーメン店も素晴らしい。だが、そういうお店は少ない。全体の二割程度ではなかろうか。過去、タバコをやめ、お酒をやめた私は、ここで宣言する。ラーメンも卒業であると。ありがとうラーメン。そしてさようなら。

ラーメンの名誉のために述べるとすれば、私がビーガンとか菜食主義に関心が向き始めているので、肉と合う食事に関心が向かなくなりつつあることもあるかも知れない。だとすれば、ラーメンが悪いのではなく、私が悪い。今後は菜食や発行食など、健康生活に関する話題を多く扱っていきたい。そのうち肉を食べなくなると思うが、魚をやめるまでは少し時間がかかるかも知れない。繰り返す。ありがとう、そしてさようなら、ラーメン。


ランドマークプラザの新感覚ラーメン店AFURI

先日、エコールドパリの展覧会を見るために横浜美術館へ行った際、ランドマークプラザで昼食をとろうと思い立ち寄った。横浜でも最もおしゃれで楽しい集客力のあるエリアであるため、いろいろなお店が入っているのだが、以前から気になっていたラーメン店であるAFURIに入ってみることにした。そして、このお店が新感覚のラーメン店であるということに気づいた。

どのように新感覚なのかというと、まずはフレンチカフェバーかと目を疑いたくなるような白を基調とした明るい店内が挙げられる。ラーメン店といえば普通はやや薄暗く、いい意味でぎとぎと感があり、その雰囲気が客を誘うというようなものだが、このAFURIはそれを拒否しているということが私にはよく分かった。新感覚の何かを消費者に提供しようとしているし、お店としては、それが理解できる人にだけ来てほしいという思いもあるのだろうし、今後はそうお客が増えるという確信も持っているに違いないとすら私には思えた。メニューには、ビーガン向けのラーメンもあり、私は食べなかったので、上手に想像することができないのだが、ビーガン向けのラーメンが現実問題として可能なのだろうかという大きな疑問が生まれてくるとともに、自信を持ってメニューに載せている以上、それは実現したのだろうし、そのことについて私は驚嘆した。私もいずれはビーガンになりたいと最近思い始めているので、これは重要な要素なのだ。何年かかけてビーガンになると思う。とてもすぐには無理ではあるが。

厨房には女性のスタッフが目立った。ラーメン店は通常、男の世界だ。体育会系のちょっとこわもてなお兄さんが元気よく声を出してラーメンを作ってくれるのがラーメン店の醍醐味みたいなところがあって、客はお兄さんの指示に全面的に従うという、ややマゾ的要素が強いのがラーメン店である。個人的な信念としては、成功する人間にはある程度マゾ的要素が必要だと思っているので、ここで述べていることは誉め言葉なのだが、AFURIはそこからも脱却しようとしている。カフェレストランみたいな感覚で、ビーガンも安心して入れる新感覚のラーメン店を彼らは目指しているのだ。

さて、おいしいかどうかは重要な問題なのだが、ちょっとぬるかった…そして、やや麺が伸びていた…。ラーメンを食べに入って、ラーメンがぬるくて麺が伸びている時の心理的ショックはかなりのものだ。厨房であたふたしている様子が見て取れたので、もしかするとたまたま私のラーメンだけそうだったのであって、他のお客さんのラーメンはそうではないのかも知れない。ならば偶然なので、仕方がないが、もしいつもそうなのだとすれば、改善できるポイントなのではないかと思う。いずれにせよ、これからの新感覚ラーメン店なのだから、見守りたい。



代々木の学金ラーメン

学金ラーメン店は気づいたときには既に存在していたので、相当な歴史のあるラーメンのお店なのだと勝手に解釈している。ただ、以前はなんか名前が違ったような気もするが、或いは考え過ぎで、最初から学金ラーメンだったのかも知れない。私の頭の中では、当初「九州ラーメン大学」みたいな名前だったのが、いつの間にか、学金ラーメンになったように思えるのだが、人間の記憶なので頼りにならない。無意識のうちに記憶は編集されてしまう。

いずれにせよ、私がこのラーメン店に入るのは実に数年ぶりのことなのだが、とても混んでいて人気のほどがよく分かった。なぜかくも人気があるのかと問えば、それは兎にも角にも美味しいからで、九州ラーメンの豚骨味は東京ラーメンを圧倒し、日本全国を席捲しているようにすら見える。

九州ラーメンなのだから、言うまでもなく麺は細麺であり、細麺である以上、麺の硬さは普通よりも硬めが理想であると言える。もちろんバリカタ、ハリガネを注文する猛者もいるが、短時間でささっと食べ終えるのが原則だとすれば、スープを吸って柔らかくなるのを待つ時間が長すぎるのもまたあまりよろしくないのではないかという気がする。従って、麺の硬さはやや硬い状態で注文する、「硬め」がやはり理想なのだと個人的には考えている。

さて、今回は「らーめん」を注文したのだが、お店の券売機には一番売りたい商品として「学金ラーメン」が大きく前面に押し出されていた。やや高いが、具の豊富さに私は圧倒されそうになった。とはいえ、麺とスープを楽しむのがメインであるのだから、具の多さに誘惑される理由はないと私は思い定め、決心し、お値段的にお得な「らーめん」にしたのであり、決してお金がないとか、貧しいとか、けちったとか、そのようなことではないのである。繰り返すが、決してそのようなことではない。

いずれにせよ、長年代々木の一番いい場所で営業している学金ラーメンは称賛と尊敬に値するのだから、今回、訪問した記念にこのブログでも称賛と敬意を表したい。



湘南海岸の一風堂で白丸ラーメンを食べた話

小田急江ノ島線の終点である片瀬江ノ島駅で降りてからてくてく歩いて海側の国道まで歩き、左へ向かって(東へ向かって、鎌倉方面へ向かって)、さらにてくてく歩くと、左手に一風堂があるのが見えます。一風堂の大きな看板が見えますから、見逃すことはまずないと思います。で、その一風堂なんですが、一度も入ったことがなかったんですね。そしてついに意を決して、というか、まあ、なんとなくでもあるんですが、入ってみたわけですよ。

実に素敵な店舗です。テーブル席から海と江の島がすかっと見えるんですね。もう、お見事と言いたくなるような素晴らしい眺めです。今回はカウンター席に座ったので、そのような景色は見えず…orz、背中に江の島状態で、ラーメンをいただいたわけです。一風堂のラーメンがおいしいという件についてはわざわざ私が強調する必要のないくらいよく知られていることと思います。ですから敢えて述べる必要はないですが、それはもちろん、とってもおいしいです。麺を固めにしてもらってですね、食べながら高菜とかいろいろアッドオンしていくんですね。

ラーメンだけのつもりが、100円上乗せすればライスと餃子がつくと知り、ついついふらっと引き寄せられるようにそれもお店の人に頼んで上のような写真になったというわけです。たいへん素晴らしい湘南散歩でした。





関連動画 稲村ケ崎から江ノ島を臨む