ショーペンハウアー‐諦めが肝心だ

ショーペンハウアーはこの世界は生きる意志、積極的に生きようとする意志で成り立っていると考えました。現代人の我々の感覚から言えば、「お、積極的でいいね!」と思いそうになりますが、彼の本心は違うところにあったようです。即ち、積極的な生への希望があることこそが苦しみの源であると考え、そのような希望、生きたいという意思を消し去ってしまうことで、幸福や平安を得られると考えたのです。古代ギリシャのエピクロス的快楽主義にも通じるもののようにも思えますし、小乗仏教的な発の想法とも通じるものがあるようにも思えてきます。

ショーペンハウアーは生きようとする意志は盲目的なものであって、且つ往々にして利己的なものであるため、ついでに言うと人権は他者との人権との間で権利の衝突が起きうるという内在的制約があるとも言ってもよく、そういったことはいわゆる欲望であって、欲望に際限がないのはもはや論証するまでもないほど明らかなことであるから、諦めてしまうのが一番。諦めこそがよりよき人生と彼は考えるようになったわけでした。

ベルリン大学で講師になりますが、当時ヘーゲルも同じ大学で講義しており、学生の人気は圧倒的にヘーゲルの方が高かったそうです。ショーペンハウアーは半年で大学を辞めて静かな隠棲生活に入りますが、自分の講座には人気がないということをあっさりすっぱりと受け入れることで、苦痛の少ない生活を選んだあkたり、彼の人生観がよく現れていると言ってもよいのかも知れません。

私も大学で講義する身ですので、そこから想像するに、若い学生の人たちは「かっこいい」知性に憧れを抱いています。ヘーゲルのように、テーゼとアンチテーゼ、アウフヘーベンとジンテーゼという用語を使って世界が一方向の極相へ向かって動いているという考え方はいかにもかっこよく、新しくてかつかっこいい、世界の真実に触れることができると学生たちが感じたとしても、無理はありません。一方で、ショーペンハウアーの講義内容が「人間の欲望にはきりがないのだから、諦めなさい。あなたが自分で情熱と思っていることも、欲望の一種にすぎませんから諦めなさい」というような内容であったとすれば、夢や希望が膨らむことを望む学生たちはがっくりしてしまったのではないかと思えます。私個人はショーペンハウアーの言うことには一理も二理もあるように思えますが、実践するのは至難のこととも言えます。まだ学生さんの立場であれば受け入れがたい、面白いと思えないと感じるのも充分に頷けることのようにも思えます。

市井で静かに隠棲するのも、また、哲学者らしくていいのではないかと思わなくもありません。

スポンサーリンク


ヘーゲル‐かくして自由と理想は達成される

ヘーゲルは弁証法によってより高次の理想が達成されると考えました。即ちテーゼとアンチテーゼがぶつかり合ったとき、それを克服するための第三の道が見つけ出され、より高次のものへとつながっていくというわけです。このようにより高次のものへと上昇していくことをアウフヘーベンと呼び、テーゼとアンチテーゼがぶつかり合ったときにアウフヘーベンが起きると考えたわけです。

アウフヘーベンが起きた後、新しいテーゼ、ジンテーゼが生まれますが、やがてそのジンテーゼに対するアンチテーゼが登場し、ぶつかり合ってアウフヘーベンが起きます。それは人類の不断の営みと呼べるものですが、いずれはジンテーゼが限界に達します。それはアンチテーゼの生まれようのない理想的な世界であり、理想が達成された極相に到達したと考えることができます。

このようなテーゼとアンチテーゼのせめぎ合いで分かりやすいのは技術革新で、それこそAI開発の研究者や技術者たちはこの繰り返しをしているに違いないのですが、ヘーゲルの場合は、同じことが人類の歴史に於いても起きると考えました。

ヘーゲルは自由と善が達成された社会を理想としており、市民社会では自由はある程度達成されたと言えますが、各人が自己の欲求の追求に邁進するために必ずしも善が達成されるとは限りません。ヘーゲルはそのような状態で国家が善を達成すると考え、またそのように善を達成し得るものが国家として相応しいと考えました。

時代背景的にフランス革命からナポレオン戦争へと続くヨーロッパが壮大な転換点を迎えていたことと、ヘーゲルが以上のようなことを考えたことは当然に大きな相関関係があるように思えます。ヘーゲルはフランス革命が起きた時、友人と記念の植樹をして祝ったと言いますが、その後のナポレオンの姿を見て「世界精神が行く」と言ったとも言われています。即ち、ヘーゲルにとってフランス革命はテーゼとアンチテーゼのせめぎ合いの結果発生したアウフヘーベンであり、その後に登場したナポレオンはジンテーゼそのものであり、自由平等博愛を旨とするフランス革命がナポレオンに輸出されることは是であり、フランス革命的自由に彼は夢や理想を感じたに違いありません。アウフヘーベンが繰り返されればいずれは人間の歴史もその極相に達すると考えた背景には、稀に見る歴史的転換点に彼が触れることができたからなのかも知れません。

ヘーゲルの弁証法によって東西冷戦の終結を説明しようとしたのがフランシスフクヤマの『歴史の終わり』であるわけですが、ヘーゲル的な考え方によって全てが説明できるかどうか、何とも言い難いところは残ります。奢れる平家は久しからず、盛者必衰の理を表すとする東洋的な輪廻の世界観では、ヘーゲル的弁証法によってアウフヘーベンが極限まで達した結果、理想の世界が達成されるとする一直線且つ不可逆な世界観を受け入れることは容易なことではありません。実際、今の世界のいろいろな出来事には、東西冷戦時代の方がまだ整然としていてましだったのではないかと思えることも多いため、フランシスフクヤマの著作は少々勇み足であったのではないかとも思えます。

世界が不可逆の方向へ進むという思想はヘーゲルしかり、マルクスしかりですが、マルクスの対極にあるはずのキリスト教でもそうであり、やはりヨーロッパに伝統的に続いている、いずれ世界は終わるという思想と無関係には理解できないのかも知れません。

広告



広告