昨今の解散風

自民党は先日の新潟県知事選挙では落していますが、補選二つで勝利し、「今なら解散しても勝てる」というムードも漂いつつ、様々な憶測が漂っています。

たとえば、蓮舫さんの二重国籍問題が熱い話題になっているうちに解散するのではないかという11月解散説。プーチン来日で北方領土問題に進展があればそれを追い風とした年明け解散説、いやいやまだ早い、来年秋解散説など、いろいろと飛び交っているようです。

しかし、考えようによると、それらは全て政局話で、いわ競馬の予想のようなものに近いですから、政治論議とも言い難いかも知れません。要するに、解散した以上は政策の論点が存在しなくてはやりにくく、政策論争が全くなければ解散する大義名分に欠けてしまいます。

勢いで解散しても、調度いい政策の論点がなければかえってつつかれたくない部分をいろいろとつつかれるという展開もあり得ますので、たとえば大阪都構想の時のような、または消費税を上げるか上げないかの時のような、何かそういうものがなくてはいけません。そうすると、もう一回消費増税先延ばしを大義名分とした来年秋解散説も十分に頷けるもののようにも思えなくはありません。

また、外交での得点稼ぎはどうしても相手のあることなので先が読みにくく、それを解散の指標みたいにするのは、安定した政権運営ということを望むのならば、あまり賢明ではないかも知れません。北方領土が還ってこない、または半端な解決方法だったりすると、かえって不人気を呼ぶ恐れもあり、他力本願にはいろいろと限界がありそうな気もします。

TPPで荒れまくって解散するというのもちょっと想像するとおもしろいかも知れませんが、これもいろいろヒラリーさんの顔色や発言を伺いつつ…ということになってしまいますので、政権担当者であれば、やはり外交を絡めるのはあまり好ましくないかも知れません。

今は二階さんがいろいろとアドバルーンを上げていて、第三次補正予算の話も出て来るは、任期延長の話も出てくるはで、二階さんが独自の判断でよいしょしまくっているのか、それとも官邸と連携してやっているのかは不明ですが、やはり二階さんは飽くまでもアドバルーン役であり、本命の本気の話は菅さんから出てくるのではなかろうかという気がします。

以前に菅さんが「GDPの『速報値』を見て判断する」が実は解散の前兆であったように、日々の記者会見の中でさりげなくポイントになることを話しているかも知れません。10月23日では「解散は首相の専権事項」以上の踏み込んだ発言はなかったようなので、これはまださりげなく何かを言う時期ではないとの判断があるのかも知れません。ということは直近の解散はないのかも知れません。

TPPに天皇陛下のご譲位、そこへきてプーチンが来日して年明けにはヒラリー大統領の就任と、デリケートで難しいことがいろいろひしめいていますので、解散どころではないかも知れないですが…。

スポンサーリンク

ヒラリーさんの副大統領候補がだいたい決まったらしい件

ヒラリーさんの副大統領候補がエリザベスウォーレン上院議員でだいたい決まったらしいです。心理的な局面と選挙戦略的な局面からこれについて考えてみたいと思います。個人的にはヒラリーさんに勝ってほしいとも負けてほしいとも思っていません。試みの思考としてやってみたいと思います。

エリザベスウォーレンさんは民主党のリベラルの本流をいく感じの人のようです。消費者保護に熱心です。言うまでもないですが人種差別をはじめとするあらゆる差別に反対の人です。カルチュラルスタディーとは何かをがっちり理解している人というか、実践している人です。そのことはご本人の信念を貫いていけば、それでいいと思います。

分析したいのは、この時期にヒラリーさんがエリザベスウォーレンさんを副大統領として選んだのは何故か?ということです。簡単なことですが、1、ヒラリーさんがやりやすいと思う人 2、トランプさんに勝てる人という2つの要素が必要になります。同世代で政治信条も合うということであれば、同性のエリザベスウォーレンさんとはやりやすいと思います。それはそれでいいと思います。大問題はそれでトランプさんに勝てるかどうかということです。私はどちらになってほしいというのはありません。飽くまでも選挙戦略のケーススタディとして考えたいと思います。

ヒラリーさんほど現実的な人が、「友達だから、気が合うから、親友だから」などの理由だけで自分の副大統領候補を選ぶはずがありません。トランプさんに勝つためには誰がいいかということをよく吟味したに相違ありません。結論としてヒラリーさんが選んだのは民主党リベラル本流のエリザベスウォーレンさんだということになります。このコンビであれば女性票とマイノリティ票が期待できます。もうちょっと言うと、女性票とマイノリティ票は確実なのでアプローチする必要がありません。スピーチや現実的な政治運動では白人低所得者層にアプローチできます。白人低所得者層はトランプさんの支持層と被りますので、ここを切り崩すことができれば大きく差をつけて勝利できる可能性が出てきます。ヒラリーさんもウォーレンさんも白人ですので表だって白人層からの反発を受ける可能性は低いです。実によく考えられた人選だということが分かります。

トランプさんの弱いところは共和党の候補でありながら、共和党らしくないことをスピーチしてきたところではないかと思います。共和党保守本流がトランプさんの応援に二の足を踏んでいるらしいです。最近はヒラリーさんの表情に余裕が出てきましたので、数回行われる直接対決討論会ではヒラリーさんは自信満々で臨むことでしょう。一方のトランプさんは「おもしろいおじさん」キャラだけで通せるかどうか。或いは現実をよく見て新しい球を投げることができるかどうかが注目点です。FBIがヒラリーさんのメール問題を調査しているという噂もあり、国務省がこんな時期にレポートを出した以上、本気でやれば黒になる可能性もありますが、オバマ大統領がそこをなんとかするかも知れません。この辺りは噂と想像力で論じるしかありません。

今のところやはりヒラリー一歩リード。或いは大差でリードかも知れません。トランプさんのイギリスEU離脱の日にスコットランド訪問はまず確実にすべっています。普通に考えればヒラリーさんが勝ちます。後はトランプさんの投げる球次第です。

とはいえ、イギリスがEU離脱をする昨今、いつ何が起きるか分かりません。逐一見ながら判断し、自分の判断が間違っているかも知れないと思ったときは迅速に修正していくしかありません。

スポンサーリンク

カリフォルニア予備選近し。ヒラリーかサンダースか?

ヒラリー氏とサンダース氏がデッドヒートを続けていますが、
今度の火曜日でようやくはっきりしそうです。

その日はカリフォルニア予備選挙があり、世論調査では
ヒラリー氏の支持率にサンダース氏が追い付きつつあり、
まだ3-4日ありますから、場合によっては逆転という
ことすらあり得る展開を見せています。

西海岸の人のざっとした傾向としては、
新しいものに対して肯定的であり、かつリベラルを好む
というものがあると個人的には思います。

ヒラリー氏とサンダース氏はどちらもリベラルと言えば
リベラルなのですが、よりリベラルなのはどちらか?
と問われれば、サンダース氏のほうが間違いなく、
「よりリベラル」と判断されるでしょうし、
遅れてきた新人的なサンダース氏は好まれるのではないか
という気がしなくもありません。

私は社会主義は肯定しませんが、サンダース氏の地味な服装、
安そうな着古した感じのスーツが主張と生き方の一致を見せて
いるように見えて、私のサンダース氏に対する印象も悪くありません。

サンダース氏のHPも作りが素人っぽく、その手作り感がここまで
来ると好印象です。

とは言うものの、カリフォルニア予備選が行われる日は
ニュージャージーの予備選もあり、時差の関係で
ニュージャージーの方が先に結果が出ますので、
ここでヒラリー氏が指名獲得を確実にするのではないか
との見方が強いようです。

一方、サンダース氏はそのような予想はどこ吹く風と
カリフォルニアに全力を集中する方針なのだとのこと。

指名獲得争いではヒラリー氏が勝つでしょうけれど、
カリフォルニアは西海岸の代表的な地方でサンダース氏が
勝てば、象徴的な意味を持つに違いありません。

私はもちろん日本人ですから、アメリカの大統領選挙については
遠くから眺めているしかありませんし、どちらに勝ってほしいと
いうこともありません。

ただ、当事者の心境や事情というものを推し量るとすれば、
もし、私が民主党支持者であれば、一日でも早く
ヒラリーvsサンダースを終わらせたいと願うはずです。

両者の戦いがもつれればもつれるほど、民主党の票がばらけ、
それだけトランプ氏が有利になります。

熱烈なサンダース支持の人々が心の整理をつけて、
共和党の候補に投票するよりは、ヒラリー氏でも
民主党の大統領がいいと思うようになるにはしばらく
時間がかかるでしょう。
そういう意味では、民主党としては今度の火曜日で
きれいに形をつけてしまいたいはずです。

さて、トランプ氏とヒラリー氏の対決で、どっちが
勝つか?ですけれど、民主党陣営ではある意味では
遺恨が残りそうな展開になっていますし、
ヒラリー氏本人にもメール問題など炎上のネタが
あります。

当初、大本命と見られていたヒラリー氏が不利に
なりつつあるとも見えますので、本当に選挙は
分からないものです。

一方、トランプ氏も法外な金儲けの手法が取り沙汰されたり、
今後は税金をちゃんと払っているのか?あたりで炎上含みです。

これまでトランプ氏は大金持ちだから資金はクリーンという、
斬新な存在感を見せていましたが、税金を正しく払っていなかった
ということになれば、話は全く変わってきます。

本選挙では脛に傷のあるもの同士が、どちらがよりお金に対して
ダーティーかの中傷合戦になる可能性を残しており、そういうのは
やはり、あまりいいことのようには思えません。

トランプ氏は多分、きっと、おもしろいおじさんなのだろうと
思います。そういうおもしろいおじさんが大統領になるのも
おもしろそうだと思わなくもありません。

ただ、おもしろいだけの人が大統領になっていいのか?
という疑問もありますが、そこは私は有権者じゃありませんので…。