サイパン島の戦いのこと

私の母方の祖父がサイパン島で戦死していますので、母が訪問したがり、一緒に何度か訪れたことがあります。もし、遊びに出かけるのなら、サイパン島よりグアム島の方が楽しいのではないかという印象が私の中にはあるのですが、そもそも父祖の世代が飢えや火炎放射器で苦しみ抜いたということを考えると、あまり楽しみたいという気持ちにもなりにくいです。

 祖父がどのようにして戦死したかということについては、今に至るまでさっぱり分かっていません。サイパン島は玉砕していますので、生きて帰った人が本当に少なく、証言してくれる人もいませんので、これは永遠に分からないままになると思います。

 サイパン島の戦いはガダルカナル島の戦いとはその持っていた意味が大きく違います。ガダルカナル島の戦いは積極的な攻勢に出ることを企図していたものですが、サイパン島には日本人の市民が生活していたため、その人たちを守らなければいけなかったということとアメリカの爆撃機が日本本土まで到達できる距離にあるため、サイパン島が陥落すれば、その後は空襲が頻繁に行われることを覚悟しなくてはいけませんでした。

 生き残った人々は島の南端の方へと逃れ、日本艦隊が救援に来てくれることを期待しますが、言うまでもなくそのようなことは起きませんでした。逃げる先を失った人々が島の南端で海に飛び降り、バンザイクリフと呼ばれたことは知られていることです。私と母もバンザイクリフは訪問しましたが、景色が大変美しい場所ではあるものの、やはり気持ちが何とも言えない追い詰められたような心境になってしまいました。あの海の景色は当時の日本人はまさしく行き場のない「絶海」に見えたのだろうと思います。

 サイパン島が陥落したことで、その後は日本市民の被害が増えることがはっきりしていたわけですから、その段階で日本不利を認め、戦争を終わらせるという選択肢がどこまで現実的だったかは分かりません。しかしながら、東条内閣は責任を取って総辞職するものの、戦争は継続されていきます。辛い歴史ですが、忘れることもいけません。

関連項目
ガダルカナル島の戦い