幻のオーストラリア決戦

 ミッドウェー海戦で敗北した後、日本軍はオーストラリア決戦を画策するようになります。オーストラリアに上陸し、陸上決戦で連合国軍を破り、日本優位の印象を強く与えて講和に持ち込むというのが狙いです。

 オーストラリア攻略のための前進基地がガダルカナル島であり、そこに飛行場を建設することでオーストラリアを爆撃することが可能になる、更に言えば、オーストラリア東海岸地帯の制空権と制海権を抑えれば、アメリカとの連絡が途絶えるため、日本軍にとっては好都合だというものです。

 しかしながら、よく知られているようにガダルカナルの戦いでは当初こそ日米の拮抗が見られたものの、半年に及ぶ戦いの末に日本軍が撤退するという展開に至ります。仮にガダルカナルの戦いで勝利し、オーストラリア決戦に持ち込むことができたとしても、結果としてはオーストラリア人に恨まれるだけになったでしょうから、ある意味ではこれで、現代の日本人にとっては傷が浅くて済んだという気がしなくもありません。

 もし本当にオーストラリア決戦が行われていたらどうなっていたでしょうか?オーストラリア軍は特段の脅威になるとも思えませんので、日本軍が勝った可能性は十分にあります。しかし、どのみち補給不足に陥ることは確実で、現地調達が行われ、それは地元の人たちの目から見れば明白な略奪行為ということになり、いい結果を生むことになるとはちょっと思えません。というかかなり思えません。

 ガダルカナル戦が行われたころはアメリカの反撃態勢が整いつつあったころとも言えますので、シンガポール陥落の時ならともかく、1942年後半の段階でオーストラリア攻略に成功して講和に持ち込むという発想自体が甘いのではないか…という気がします。

 戦争はその行為自体が否定されるべきものです。もし、仮にその価値観に関する議論を省略して、どうすれば勝てたかということを検証するとしても、太平洋戦争に関して言えば、やはり始めてしまったこと自体がまずかったと結論するのが妥当では….と思えてしまいます。

ガダルカナル島の戦いのこと

日本軍はガダルカナル島を攻略し、現地に飛行場を建設することにより、アメリカとオーストラリアとの連絡を絶ち、更に、オーストラリアを攻略して日本優位の講和を画策していたようです。

しかし、ガダルカナル島の戦いはそのように簡単なものではありませんでした。日本軍の飛行場建設を知ったアメリカ軍は事態の重大さに気づき、即座に攻撃を仕掛けて飛行場を奪取します。日本軍はその奪回のために最初は一木支隊約1000人を投入しますが、全滅してしまいます。その後、辻正信参謀が到着してジャングルの中を進軍し、昭和天皇の誕生日と同じ日に奪回するという英雄主義的な作戦を進めますが、結局は成功せず、日本軍は二万人の死者を出し、残りの兵隊さんたちは脱出するという完全な敗北を喫することになりました。

ガダルカナルの飛行場を奪取したアメリカ軍は、当初に於いて補給が追い付いておらず、日本軍に強襲されても反撃する弾がないという非常に心細い状態だったことが知られています。しかしその段階で、日本軍が本格的な攻勢に出ることはなく、少数の部隊を派遣して勝てるはずと考えていたというのは理解に苦しむところです。

内心ではアメリカ軍が強いということに恐怖心を抱いていたことは間違いのないことでしょうけれど、その恐怖心を正面から受け止めず、敵は弱いという幻想を作り上げ、それを現実だと思い込もうとしていたと考えるのが、安易すぎるかも知れませんが妥当ではないかという気がします。

当初の段階で少数の部隊しか送り込まなかったというのも、大部隊を送って船が撃沈されたらどうしよう…などの恐怖心があって、小出しにしてしまったというのが本当のところではないかも思います。

太平洋戦争に関するものは、読めば読むほど、「ああ、これは勝てない…」という感想に至ってしまいます。

関連項目
サイパン島の戦い