【うる星やつらオンリーユー】と【カリオストロの城】の相似関係

ふと気づいたので、備忘のためにここに書いて残しておきたいと思います。

『うる星やつら』の第一回劇場公開映画【オンリーユー】は、作品全体がルパン三世の【カリオストロの城】へのオマージュになっているのではないか、オンリーユーとカリオストロはアダプテーションの関係にあるのではないかということに最近気づいたのです。

『うる星やつらオンリーユー』の冒頭の方で、面堂終太郎の屋敷にあたるとエルなる女性の結婚式の招待状が届く場面がありますが、この際、招待状を持ってきた人物に対し、終太郎が「読め」と命じ、「しかし…」とたじろいだところで終太郎が「構わん」と続けます。

何回もみたことがある人ならすぐに気づくと思いますが、これはカリオストロの城でルパン襲撃に失敗した後のジョドーの背中に貼られていたメッセージカードを読む場面の台詞と全く同じです。伯爵が「読め」と言い、ジョドー「しかし…」とたじろいで、伯爵が「構わん」と続くわけで、作り手は完全に意識して、分かる人はばっちり分かるように、この作品はカリオストロのオマージュだと最初の方で宣言しているのだと言うことができます。

全体の構図としても、男と女の立場が入れ替わっただけで、一人の男性または女性を奪い合う女たちまたは男たちが存在する構造になっています。

以下に簡単に表みたいにしてみます。

あたる⇔クラリス
ラム⇔ルパン三世
エル⇔カリオストロ伯爵

オンリーユーでは誠実で情熱的なラムが、権力で欲望を達成しようとするエルという女性とあたるという一人の男を取り合います。一方で、カリオストロでは、誠実で優しいルパンが、権力で欲望を達成しようとするカリオストロ伯爵とクラリスという一人の女性を取り合うわけで、冒頭の「読め」「構わん」のやり取りも含めると、意識して作り手が相似関係に持ち込んでいるとしか考えられないわけです。シェイクスピアのリア王と黒澤明の乱の関係みたいなものです。

結婚式の場面でも、元ネタであるカリオストロではクラリスが薬物でしゃべれない状態になっており、沈黙をもって結婚に同意するというスタイルに伯爵が持ち込もうとしますが、オンリーユーでは聖職者があたるに対し「以下略」という台詞によってあたるを沈黙させ、結婚の成立に持ち込もうとしています。いよいよ婚姻関係が成立するという直前に、カリオストロではルパンが、オンリーユーではラムが登場するわけです。やや違うのは、オンリーユーではダスティンホフマンの『卒業』をパクっているというところだと言えるでしょう。

このように考えると、伯爵に仕えるジョドーに対してエルにつかえるおばば様がいるし、ルパンの親友の次元に対応しているのは弁天ということになります。峰不二子と対応する人物は存在しませんが、カリオストロでも峰不二子は物語の構造上、存在する必然性は低く、うる星やつらでは尚のこと、対応する人物みたいなものは不要です。敢えて言えば牛丼の大将ですが、牛丼の大将も存在の必然性は低いです。

以上、気づいたことをまとめておきました。



『わが青春のマリアンヌ』と『カリオストロの城』

『わが青春のマリアンヌ』という白黒映画はドイツ語版とフランス語版とあって、私はフランス語版の方を観ました。ドイツ語版とフランス語版はそれぞれ別に撮りなおして作ったとのことで、なぜそんな手間なことをするのか若干の疑問は残りますが、内容的には浪漫主義を突き詰めた感じの情熱的な愛をテーマにしたもので、同時に見果てぬ夢を追う悲しき男の物語にもなっています。

物語の舞台はドイツの山の中、バイエルン地方とかそんな感じのところです。時代は多分、19世紀の終わりか20世紀の初めかあたり。ボートがエンジンで動く場面がありますし、鉄道も通ってますから産業革命よりは後ですが、戦争の影とか感じないので、ワイマール時代まではとても行ってないないかなあと飛行機もまだ飛んでない時代かなあといったところです。

寄宿制の学校があって、夏休みになっても行く場所のない少年たちがそこで生活して、退屈な日々を過ごしています。『1999年の夏休み』みたいな感じです。アルゼンチン帰りの男の子が転校してきます。楽器ができて、運動神経がよくて、顔がよくて心が優しいリア充一直線な感じの少し年長の少年です。動物に愛されて、動物の方から寄ってきますのでお釈迦さまみたいです。また、教授の親戚の娘さんも身を寄せます。娘さんはアルゼンチンから来た転校生のビンセントに夢中になります。しかし、ビンセントは娘さんの誘惑にちっとも心が動きません。何故なら、湖の対岸の館に住むマリアンヌという女性にすっかり心を奪われてしまっているからです。

対岸の湖は幽霊屋敷と呼ばれていましたが、少年たちが恐いもの見たさで対岸へ渡ります。番犬に追われてびっくりして逃げ帰りますが、ビンセントは館の中に入り、マリアンヌという女性と出会います。マリアンヌは女性の造形美の極致とはこれであると言わんばかりの彫刻のように美しい女性です。二人は互いに一目で相思相愛になりますが、館には男爵がいて、マリアンヌはその男爵に幽閉されているので、ばれるとヤバいということで、ビンセントは一旦学校に帰ります。

再開する日を心待ちにするビンセントに「助けて」と書かれた一通の手紙が届きます。ビンセントが急いで駆けつけるとマリアンヌ曰く、怖くて年老いた男爵に無理やり結婚させられる。助け出してほしいとのことなのです。

貴族のおじさんの城に幽閉されて無理やり結婚させられるというのは『カリオストロの城』と同じです。館を警備しているこわいおじさんが、カリオストロのグスタフとだぶります。「おー、ここにオリジンがあったのか」と思わずうなってしまいます。『カリオストロの城』ではルパンがクラリスを助け出しますが、わが青春のマリアンヌでは、ビンセントは男爵から、マリアンヌが精神に問題を抱えるようになった事情を聴かされます。しかし、マリアンヌはそうではないと主張します。どっちが本当のことを言っているのか分かりません。羅生門みたいになってきます。

一旦帰ったビンセントは、翌日、親友と再びマリアンヌの館を訪れますが、誰もいません。もぬけの殻です。『雨月物語』みたいです。マリアンヌはやはり幽霊だったのか?との疑問が湧く中、ビンセントは母親の新しい家に呼ばれますが、彼はそれを無視してマリアンヌを探す旅に出ます。無理ゲーをやりたくなるのが男なのかも知れません。しょせん叶わぬと知りながら、見果てぬ夢を追う姿はなんだか『パイナップルパン王子』の父親みたいで、いろんな意味で残酷です。マリアンヌを探すのをやめた時、彼は大人になるのかも知れません。犬が泳いだり、鹿が走ったりする場面がなかなかいいです。



『レオン』と『カリオストロの城』の中年男の愛

映画『レオン』で涙した、感動したという人は多いと思います。私もそうです。ただ、初めて観た時と何回も観た後ではだんだん感じることも変わってきます。最初観たときは「ジャンレノかっけー。ナタリーポートマン可愛すぎ。ジャンレノうらやましすぎ」という感じです。ですが、繰り返しみるうちに、だんだん、レオンという男の心の中に入り込んでいくようになるというか、孤独を受け入れて一人で都会を生きる男の心境が想像できるようになってきますし、ナタリーポートマンみたいなかわいい女の子がある日突然、生活の中に現れて、しかも(精神的な)愛情関係を結ぶということが中年男にとっては唐突すぎて戸惑うけれど、かけがえがないと感じて命も捨てられるという部分が理解できるようになってきます。私が中年男になったこともそういったことに意識が向かう理由の一つかも知れません。

ナタリーポートマンの顔芸が素晴らしいです。特に、家族が殺されて自分も殺されるかも知れないという時にレオンのドアの呼び鈴を押した時ののぞき窓から見える「お願い、ドアを開けて」の時の表情は、よくもあんな顔ができるものだと、本当に凄いという以外の感想がありません。とてもセクシーな雰囲気でジャンレノを誘惑する魅せる場面も、観ているこっちが赤面します。今の時代ならもしかすると、ぎりアウトかも知れないですが、感情を揺さぶられるという点ではとても凄い映画です。

ジャンレノとナタリーポートマンが暮らすニューヨークのぼろぼろのフラットの雰囲気も好きです。『セブン』の犯人が住んでいるところもあんな感じでしたが、ああいう感じのところで都会の景色を窓から眺めながら少し孤独な生活を送ってみるということに憧れがあります。やってみたら多分すぐに飽きると思いますが、いつかお金に少し余裕ができたらそんなことをしてみたいです。

よくよく考えてみれば、質素な生活でお酒も飲まず、観葉植物を愛し、『雨に唄えば』という映画を繰り返しみることだけが楽しみの殺し屋という設定があざといですが、その他のいろいろなことがそういうのを吹っ飛ばしているので文句はありません。

ゲイリーオールドマンの持っている雰囲気もいいです。ちょっとマッドな感じですが、ショーンペンほど気味悪いわけではありません。ドラッグを使ったときにカーッと顔面が赤くなっていくのはCGが未発達な時代の演技ですから、大変な努力家なのだと思います。

『レオン』はシャイで素朴な中年男のところに目の醒めるような美少女が現れるからぐっときます。これがトムクルーズとかマイケルJフォックスとかみたいな人の前に現れ出てきても白けてしまいます。美男美女でお好きにどうぞ、となってしまいます。しかも、女の子の方が積極的なのに、おじさんの方が絶対に何もしないというところも観客からの支持を得られる、一歩間違うとみだらな感じになるのが、ぎりぎりのところで清潔感を保つことになっていると思います。

カリオストロの城』のルパンもクラリスには絶対に何もしません。クラリスが望んでも絶対にしません。それが中年男の矜持、宿命といわんばかりにストイックに去って行きます。この点で『レオン』と『カリオストロの城』は共通しており、観客の支持を得られる理由の一つになっていると思います。

こんなことを考えるのは、私に中年になった証なのだなあとしみじみ思うのです。

スポンサーリンク

関連記事
リュックベッソン監督『ジャンヌダルク』の思い込みのパワー

『カリオストロの城』の日本の戦後

『カリオストロの城』は何度観ても感動して涙が出てくるとてもいい作品だということは、わざわざここで述べる必要もないほどのことだと思います。

カリオストロ公国は景色がとてもきれいです。設定ではフランスとスペインの間にあって地中海に面した人口3500の世界で一番小さな独立国です。小さい国は魅力的です。『マシアスギリの失脚』みたいに、お話しを大袈裟にせずに独特の世界を作ることができます。雪が積もった峰々と湖が美しいです。お城もきれいです。ディズニーランドのお城みたいです。設定ではお城ができたのは16世紀の終わりころです。イギリスではエリザベス女王の時代が始まったか始まらないかくらい。中世が終わるか終わらないか、イタリアでは中世は終わっているけどフランスとスペインの中間ならまだ中世かな。といった感じのころです。日本では織田信長か豊臣秀吉の時代です。

中世のヨーロッパのお城があんなにかわいくてきれいで素敵というのはちょっと考えにくいです。中世ヨーロッパのお城と言えば、ずどーんと暗くて重苦しい感じのイメージが私にはあります。『薔薇の名前』や『忘れられた巨人』に出てくる修道院のようなイメージです。映画『エリザベス』のスコットランドのお城みたいなイメージです。カリオストロの城みたいなきれいでかわいいお城と言えばルードビッヒ2世のノンシュバンシュタイン城ですが、それは19世紀につくられたお城です。時代的に合いません。

しかし、カリオストロの城には日本人の夢と願いが全力で込められています。ヨーロッパのお城はきっとあんな風にきれいで豪奢でかわいい感じに違いない、そうであってほしい、そうでなくては困るくらいのエゴの欲求を受け止めています。イメージ通りのヨーロッパのお城にルパンと次元と五右衛門と銭形が行くからおもしろいのです。日本人が活躍するからおもしろいのです。日仏ハーフのルパンと銭形がどちらも勝者で、敗者がカリオストロ公爵だから日本人にカタルシスを与えます。戦いに勝利し、クラリス姫のような可憐な美少女の「心を盗んで」去って行くから称賛してしまうのです。何回観ても飽きないのです。

パリのインターポール本部で銭形はカリオストロ公爵の偽札づくりを告発します。しかし、欧米のえらい人たちは政治的な理由でそれを無視することに決めます。観ている側は銭形の誠の心に共感します。初めて見たのは小学生の時ですから「大量の偽ドルが発注された」とか「この偽ルーブル札こそCIAの発注じゃないのかね」とか言われてもよくわかりませんでした。いずれにせよ、国際政治の複雑な大人の事情に負けずに日本男児の銭形が正義を貫こうととする姿を観るのが気持ちよかったのです。

お城といい、欧米相手に正義を貫こうとする銭形の姿といい、最後にルパンと銭形が勝者になるところといい(両方勝者にならないと観客的には不満になる)、改めて観てみると日本人の敗戦トラウマの快復が大きなテーマだということに気づきます。欧米に憧れるという気持ちと欧米に勝ちたいという気持ちの両方を解決しているのがこの作品です。架空の国をやっつけることで、誰も傷つけずに物語の世界でトラウマが癒されます。最後にクラリスがルパンにキスをしてほしそうにするところがトラウマ快復の総仕上げです。ルパンは倫理の観点からキスしないので観ている側は更に気分がいいのです。私もクラリスみたいな人にそんな風にされたいです。実際にそんな風にされたら顔が近すぎてけっこううっとうしいかも知れません。それでもやっぱりされたいです。

作者は以上述べたことを十分に知っていて意図的にそうしています。クラリス姫が閉じ込められる北側の塔の部屋はアラビア趣味です。ヨーロッパのオリエンタリズムをサイードが指摘する前からよく心得ています。ゴート札がブルボン王朝を破滅させたという設定もフランス革命の原因がマリーアントワネットの贅沢とかではなく通貨政策の失敗だったとうこともちゃんと押さえています。宮崎駿さんですから私が気づくくらいのことは十分に意識的だと思います。

ルパンもカリオストロ伯爵もおっさんです。なぜクラリスはルパンのことは好きで、伯爵のことは嫌いなのでしょうか。よーく考えてみると、ルパンは手品でクラリスを喜ばせています。手品かよ…。と私は少しがっくりきます。私は手品ができないので、あんな風にはやれないというごく個人的な理由です。私は楽器も球技も習字も手品も手足を使うことはどんなに練習してもうまくなりません。今はもうあきらめています。

クラリスとナウシカはよく似ています。その理由は作者の好みに集約されるはずです。何回観ても涙が出てくるので作ってくれた人には感謝しています。



関連記事
『風の谷のナウシカ』と日本とAI
『耳をすませば』の映像美と日本の近代