大阪は東洋一の工業都市だった

 谷崎潤一郎は『春琴抄』で、大阪の街を「東洋一の工業都市」と表現しています。『春琴抄』は昭和初期に書かれた作品で、確かに当時の大阪は工業力に於いては東京に勝っており、他の東洋のどの都市よりも工業化が進んでいたことを疑う必要はなさそうに思います。

 東京が経済力で大阪を追い抜いたのは1970年代のことであり、そのため20世紀は東の東京、西の大阪がそれぞれ中心地だという人々は認識していたに違いありません。

 ただ、どうもバブル経済崩壊後は東京が一進一退で、文化芸術面ではある種の昇華を見せたとも言える一方で大阪はそのまま音を立てて崩れてしまったように見えなくもありません。

 私は東京と大阪が混じっていますのでどちらのこともよく知っている反面、どちらのことも中途半端にしか知らないのですが、大阪が勢いを失ったことは大阪を訪問する度にじわっじわっと感じないわけにはいきません。

 大阪は世界的な都市として勝負できるだけの潜在力を十分に持っているはずですので東京人がどうとか大阪人がどうとか言う前に日本人としてそういう力を十全に発揮できないことに対して「ああ、もったいない」という気持ちをどうしても持ってしまいます。

 大阪復活策として掲げられた都構想ですが、なんだかんだとこねくり回したからか回されたからなのか話が単なる行政の統廃合の話になってしまい、迫力をなくしてまった感じがしなくもありません。

 リニア新幹線が大阪に開通するのが2047年(最近少し早まったようですが)で、しかもぶっちゃけ京都に通すか奈良に通すかも決まらないらしいので、これからは名古屋という意見が強いのも頷けます。実際、名古屋駅前の発展ぶりは目覚ましいものがあります。

 大阪は歴史もあり、京都奈良にも近く、その存在意義は計り知れない都市です。何か良い方法はないもんかいな?とちょくちょく一人考えるのですが、なかなかうまい方法というのは思いつきません….

スポンサーリンク

小沢一郎を分析する

 90年代から2010年ごろまでの20年近く、政治に関する報道で小沢一郎氏は欠かせない存在でした。自民党の剛腕幹事長として知られ、選挙の当選請負人とまで言われ、政党を作っては壊す壊し屋としてもよく知られた人物です。

 私が気になるのは、彼はどうしても事が最終的にダメになってしまうという現象を自分から生み出しているのではないかと思える点です。特に人間関係が破綻し何もかもダメになり、一からやり直すを繰り返しているように見えます。

 自民党幹事長時代、今から思えばあの時こそ小沢氏の黄金期だったような気もしますが、彼が重用された背景には金丸信氏の強い後ろ盾があり、竹下登氏もそれを容認していたからだと言えます。しかし小沢氏は竹下氏に強く反発し、金丸信を見捨てて自民党から離脱します。小沢氏が自民党復帰を望んでいたことは、自自公連立政権期に自民党との合併を模索していたところからも分かりますが、心中、自民党が懐かしかったのではないかと私は思っています。

 小沢氏はその政治人生で多くの政治家と協力関係を結びますが、彼の協力者になった人物はたいてい、ろくな目に合っていません。小沢氏だけが悪いのではなく、相手の人物との相互作用でいろいろなことがダメになっていくのですが、悉く人生が狂っていきます。今の段階は、そして誰もいなくなったといった感が漂います。

 小沢氏は少年時代、父親と過ごしたことがほとんどなかったそうです。私も同じなので分かるのですが、父親との関係が希薄だった場合、全てではないにしても同性との関係がうまくいかなくなることが多く、寂寥感を紛らわせるために女性に依存するというパターンが生まれやすいように思います。そのような依存はあまりいい結果を生みませんので、最終的には同性からも異性からも孤立するということに立ち至ることもあるでしょう。女性であれば母親と仲良くしてそれでOKなところもありますが、男の子は母親からは飛び立たなくてはいけません。

 小沢氏が自民党から離脱して新政権を作ったとき、テレビニュースを見ながら高揚感を得たことを今も覚えています。今思えば私も青かったですが、それだけの夢を見せてくれたという意味で、同情する心も込めて、小沢氏の心理的面での分析をしてみました。

関連記事
田中角栄・竹下登・小沢一郎を比較する

高橋是清のこと

 高橋是清は財政家として大変有名な人物です。少年時代にアメリカに留学したら現地で奴隷として売られてしまったものの、買い取った人が良い人で、そこのお宅に養ってもらって学校へも行かせてもらったという不思議な運を持つ人としても知られています。

 日露戦争の時はアメリカとイギリスを行脚して日本の公債を売り歩き、戦費を確保したということもよく知られています。高橋是清の地道な行脚がなければ、日露戦争では日本が勝つことはなかったのではないかと思えてなりません。

 日銀総裁を経て大蔵大臣、首相を経験し、更にもう一度大蔵大臣に任命され、最期は226事件で命を落としてしまいます。

 金融恐慌では円を発行しまくって危機を逃れた他、世界恐慌のあおりを受けた後、軍拡することで政府支出を増やし日本をデフレから脱却させ、インフレ基調になると軍縮するという経済政策をする人としてはこれ以上合理的かつ臨機応変に仕事ができた人はそうはいないという感じの人で、今も高い評価を受けている人だと理解しています。

 高橋是清は226事件で亡くなってしまいましたが、もし生きていたらどうだっただろうか?ということをふと思わなくもありません。近衛文麿が対米交渉で行き詰まり総辞職した後、重臣会議で後継首相が東条英機になりますが、もし高橋是清が生きていれば、間違いなくその重臣会議に参加していたでしょうから、持ち前の合理精神で局面打開のための全く新しい視点を持つ球を仕込んでくれたのではないか、という気がしなくもありません。

 もっとも、軍がアメリカとの戦争に積極的だったことを考えれば、早晩、どこかで命を奪われてしまい、結果は違わなかったかも知れません。

 高橋是清を神格化したり、崇拝したりすることは望ましいことではありませんが、バブル崩壊後にこんな感じの人が現れてくれていたらなあと嘆息したくなることもありますねぇ…

カリフォルニア予備選近し。ヒラリーかサンダースか?

ヒラリー氏とサンダース氏がデッドヒートを続けていますが、
今度の火曜日でようやくはっきりしそうです。

その日はカリフォルニア予備選挙があり、世論調査では
ヒラリー氏の支持率にサンダース氏が追い付きつつあり、
まだ3-4日ありますから、場合によっては逆転という
ことすらあり得る展開を見せています。

西海岸の人のざっとした傾向としては、
新しいものに対して肯定的であり、かつリベラルを好む
というものがあると個人的には思います。

ヒラリー氏とサンダース氏はどちらもリベラルと言えば
リベラルなのですが、よりリベラルなのはどちらか?
と問われれば、サンダース氏のほうが間違いなく、
「よりリベラル」と判断されるでしょうし、
遅れてきた新人的なサンダース氏は好まれるのではないか
という気がしなくもありません。

私は社会主義は肯定しませんが、サンダース氏の地味な服装、
安そうな着古した感じのスーツが主張と生き方の一致を見せて
いるように見えて、私のサンダース氏に対する印象も悪くありません。

サンダース氏のHPも作りが素人っぽく、その手作り感がここまで
来ると好印象です。

とは言うものの、カリフォルニア予備選が行われる日は
ニュージャージーの予備選もあり、時差の関係で
ニュージャージーの方が先に結果が出ますので、
ここでヒラリー氏が指名獲得を確実にするのではないか
との見方が強いようです。

一方、サンダース氏はそのような予想はどこ吹く風と
カリフォルニアに全力を集中する方針なのだとのこと。

指名獲得争いではヒラリー氏が勝つでしょうけれど、
カリフォルニアは西海岸の代表的な地方でサンダース氏が
勝てば、象徴的な意味を持つに違いありません。

私はもちろん日本人ですから、アメリカの大統領選挙については
遠くから眺めているしかありませんし、どちらに勝ってほしいと
いうこともありません。

ただ、当事者の心境や事情というものを推し量るとすれば、
もし、私が民主党支持者であれば、一日でも早く
ヒラリーvsサンダースを終わらせたいと願うはずです。

両者の戦いがもつれればもつれるほど、民主党の票がばらけ、
それだけトランプ氏が有利になります。

熱烈なサンダース支持の人々が心の整理をつけて、
共和党の候補に投票するよりは、ヒラリー氏でも
民主党の大統領がいいと思うようになるにはしばらく
時間がかかるでしょう。
そういう意味では、民主党としては今度の火曜日で
きれいに形をつけてしまいたいはずです。

さて、トランプ氏とヒラリー氏の対決で、どっちが
勝つか?ですけれど、民主党陣営ではある意味では
遺恨が残りそうな展開になっていますし、
ヒラリー氏本人にもメール問題など炎上のネタが
あります。

当初、大本命と見られていたヒラリー氏が不利に
なりつつあるとも見えますので、本当に選挙は
分からないものです。

一方、トランプ氏も法外な金儲けの手法が取り沙汰されたり、
今後は税金をちゃんと払っているのか?あたりで炎上含みです。

これまでトランプ氏は大金持ちだから資金はクリーンという、
斬新な存在感を見せていましたが、税金を正しく払っていなかった
ということになれば、話は全く変わってきます。

本選挙では脛に傷のあるもの同士が、どちらがよりお金に対して
ダーティーかの中傷合戦になる可能性を残しており、そういうのは
やはり、あまりいいことのようには思えません。

トランプ氏は多分、きっと、おもしろいおじさんなのだろうと
思います。そういうおもしろいおじさんが大統領になるのも
おもしろそうだと思わなくもありません。

ただ、おもしろいだけの人が大統領になっていいのか?
という疑問もありますが、そこは私は有権者じゃありませんので…。

憲政の常道

 大正時代、「憲政の常道」という言葉が誕生します。
 日本では当時、元老が首相を指名し、天皇が任命するという習慣が確立されていましたので、衆議院には首相指名権がありませんでした。
 しかし、この時代は民主主義の理念が多くの人に共有されるようになり、元老が首相を指名するという原則は崩れないものの、元老は直近の選挙で第一党になった党の党首を首相に指名し、仮にその人物が失政によって首相を辞任すると、第二党の党首を首相に指名するという習慣が原則化します。

 即ち国民が首相を指名できるようになったわけです。

 しかし、この原則は10年を待たずに崩れていきます。政治家同士の勢力争いがあまりにも激しく、陰謀による首相下しを年中やるようになったため、西園寺公望が自分の意思で憲政の常道を放棄してしまいます。その後は軍人や貴族院の人物が首相に指名されるようになり、大正デモクラシーというおもしろい現象は縮小してしまいます。

 戦後、かなりの時間が経って、小沢一郎氏が細川護熙氏を首相に擁立した時、「憲政の常道に反する」という批判がありました。当時、自民党は230程度の議席を確保しており、過半数には届きませんでしたが、第一党には違いありませんでしたから、憲政の常道に従えば、自民党の首相が選ばれるのが自然です。しかし、小沢氏は日本新党、社会党なととの連合で(いわば、オリーブの樹方式)、細川氏の首相指名を勝ち取ったわけです。

 そういうことが正しいのかどうか、衆議院議員はただの頭数集めなのか?ということを考え出すときりがありませんが、考える材料として憲政の常道というものもあると頭の隅に入れておくことも悪くないかも知れません。

写真素材 ぱくたそ

プラザ合意のこと

1985年、ニューヨークのプラザホテルで行われたG5会合でドルの全面安の容認の合意がされたことをプラザ合意と呼ぶことは大変有名な話です。

ベトナム戦争以降、国力の疲弊から立ち直ることに苦慮していたアメリカが自国製品の輸出を振興するための手段としてのドル安をG5諸国に持ちかけたということなのですが、当時の空気としては、世界の資金がドルから円へと移動することが確実視されており、日本側から見れば事実上の円全面高への移行という理解になります。

交渉に臨んだ竹下大蔵大臣は、プラザ合意は実質的に日本とアメリカの二国間の協議で決まったとして、「とうとう日本はアメリカと肩を並べた」と周囲の人に話したと言います。

プラザ合意後、日本円は一機に値上がりし、言い換えるなら市場の判断する適切な価値がつけられるようになりました。一方で、生産拠点が海外へと流出するようになり、産業空洞化という言葉が使われるようになっていきます。

日本銀行の金融緩和により、国内でキャッシュがだぶつく事態となり、バブル経済が発生しますが、投機の過熱を懸念した日銀が金融引き締めに政策を転じたため、バブルの崩壊といつ終わるとも知れぬ不況へと日本は迷い込んで行くことになってしまいます。

プラザ合意はアジア諸国への産業移転、バブルの発生と崩壊という日本のその後を決定する極めて重大な出来事であったと言うことができますし、アジア諸国が世界の工場と呼びうるほどに生産力を高めることに弾みをつけ、日本から部品を輸出して海外で組み立て、再び日本に輸入する(或いは更に他の国へと輸出する)という経営モデルを定着させる契機となった、今の世界を形作った第一歩になったとも言えそうです。

当時、人々はいずれ日本はアメリカを凌駕する経済大国になるとすら囁き合ったものですが、ちょっと調子に乗り過ぎていたところもあったかも知れません。

経済の調子が上向き続ける時、人は浮かれます。下降が続くと人は内省的になり、思索を深める面もあるようにも思えます。そのような意味では、日本人は経済的には厳しい時代を迎えてしまいましたが、世の中に揉まれることで人格的には向上したというプラスの面もあったのではないかという気もしないでもありません。

衆議院の解散はなかったぁぁぁっ

私は特段に自民党を支持しているわけではありませんが、
もし、私が自民党の議員であれば、今が一番の解散のしどきだと
考えるに相違ありません。

伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問と外交方面での
成果が目に見える形で現れているだけでなく、消費増増税も
延期、支持率も上々です。

更に言えば残り衆議院の任期は残り2年半とはいえ、
しばらくすれば任期満了が意識されるようになり、
追い込まれ解散の可能性がそれだけあがります。

中曽根さんの死んだふり解散がどうしてもちらついて、
やるか、やるかと思いましたが、やりませんでしたね。

もちろん、臨時国会を開いて唐突にという可能性はゼロでは
ありませんが、ここまで順風が吹いている時に敢えてそんな
非常識なことはやらないでしょう….。
読売新聞が正しかったです。

ということは即ち、衆議院はとりあえず3分の2を確実なものに
したままで、参議院で3分の2を取りに行くということですから、
今後は憲法改正を具体的な政治日程に挙げてくるということが
見えてきます。

憲法改正が良いか悪いかの議論を今ここでするつもりはないですが、
選挙特番を見るのが楽しみだった私にとってはちょっとがっかりです。

いずれにせよ、消費増税が延期されて日本経済大崩壊も延期になって
まあ、一応、めでたしでしょうか。

年内解散説はまだ生きてますので、まだ、そこはウオッチしたいところです。

写真素材ぱくたそ

トランプ氏が大統領になったら世界はどうなるのか?

トランプ氏がアメリカの大統領になる可能性がじわじわと高まりつつあるように見える昨今、

もし本当に彼が大統領になったら世界はどうなってしまうのかと不安に感じる人が多いような

気がします。

果たしてトランプ氏が本当に大統領に就任したら、暴言をかましまくり交渉相手に

無理難題を押し付けて悦に入るようなことになるのでしょうか?

私はトランプ氏は目の前にいる人が喜ぶことを言う天才なのではないかという

気がしています。大衆の前でスピーチする時は猛々しいことを言いますが、

単独インタビューに答える時はわりとまともなことを言ったりしています。

そのため、実際に大統領になったら、わりとまともなリアリズムに基づいたことを

やりそうな気もしなくはありません。

もっとも、ネオコン的世界進出にはアメリカ人の間で嫌気が広がっているように

見受けられますので、そういうことはもうやらない。アメリカ人の生活が第一だ。

だけれど強いアメリカの復活も彼が繰り返し放言していることの一つですので、

例えば日本や韓国とのアライアンスを棄てることは、強いアメリカとは逆行する

ため、金をもっと出せと言うことはあり得ても、本気で安全保障条約をやめる

というのはなかなか考えにくいような気がします。

合理的に考える人でしょうから、日米地位協定については理を尽くして

こちらから訴えかければ聞く耳を持つのではないかという気もします。

うーむ…私の考えは甘いでしょうか…。

トランプは大統領になることだけが目的で仕事はやりたがらないだろうから、

実質的には副大統領が大統領の仕事をするという見方もあるようです。

そうすると誰が副大統領になるのかで今後の世界を占っていくことになりますが、

今のところやりたそうな人の名前は出ていません。

マルコルビオの名前も挙がったそうですが、本人は拒否しているとのことです。

トランプ氏が大統領になるのなら、副大統領に指名されれば確かにやりたいかも

知れませんが、もし大統領になれなかったら、本選で負けてしまったら、

暴言おじさんの片棒を担いだ男として残りの人生への打撃は量り知れません。

 

そういうこともあって、トランプ氏がヒラリー氏に対して勝ちそうだという

確信が得られない限り、副大統領候補のなり手は見つからないかも

知れませんねぇ…

明日が国会会期末。会期延長もなし。

明日、国会が会期末を迎えます。

解散するかしないか、注目が集まっています。

 

一部では消費増税は延期するが、参議院だけで戦うことで確認している

とする報道もあるようですが、首相の解散権はいつ行使してもいいことに

なっているので、実際に明日になってみなければ分かりません。

 

伊勢志摩サミットを無事に乗り切り(諸説あるでしょうけれど、一応、乗り切ったと

して話を進めます)、オバマ大統領の広島訪問も実現し、消費増税も実質3年延期

ということで、安倍首相が選挙に勝てる環境は十分に揃っているとも言えますから、

私はやはり解散するのではないかと考えています。

 

解散があるとしても、会期末は平穏に終えて、臨時国会でいきなり解散するというが

ないわけではありません。ただ、中曽根さんの時は、ほぼ自己都合解散ですので、

派手にぱーっと解散するのは気が引けるというのがあったのではないかという気が

します。今回はそういうことでもないですから、どうせやるなら、会期末にぱーっと

やってもらいたいという気はします。

 

どうも私は選挙を見るのが好きなので、ぱーっと派手に選挙してほしいという願望が

先に立ってしまいます。その分、客観性が失われる可能性を自ら認めたうえで、

それでも状況的にはイエス。解散するための条件は十分に整っていると言えます。

どのみち年内に解散しなければ、来年以降は追い込まれ解散気味になっていくと

いうことも併せて、選挙好きの願望も込めて、明日、解散すると予想します。

 

(写真素材ぱくたそ)

 

 

アベノミクスを振り返る

アベノミクスが終わったわけではないですが、これまでのことを簡単に振り返ってみたいと思います。

アベノミクス三本の矢は1、金融政策 2、財政出動 3、新産業の育成でした。

 

賛否あるとは思いますが、なかなか正しい、ポイントを押さえていると言っていいと思います。

1と2はそもそも短期的な痛み止めとしての効果しか期待できません。

しかし、取り合えずのたうちまわる日本経済の痛みを緩和し、少し心にゆとりを持って競争力のある

産業を育てて長い目でその成果を期待するというのは難しい理屈をこねくり回さなくとも理にかなっている

と言えるでしょう。

 

雇用は有意に改善していることは疑いがなく、正規、非正規の議論はもちろんありますが、取り合えず、

全く職がない、収入の道が絶たれているという人の数が減ったということは評価されるべきです。

 

しかし消費税の税率が5パーセントから8パーセントに増加されたことで、消費は一機に冷え込み、

ゼロ成長、マイナスになりそうでならないような、でもトータルでみたらマイナスかも?あたりをうろうろ

しているのが現状と言えます。また、財政出動は必ずしも充分ではなく、緊縮傾向にあり、

いわば、アベノミクスは金融緩和だけでなんとか成果を得ようとしているように見えなくもありません。

 

金融緩和や財政出動はいわばテクニックの問題であり、本質的な解決はもたらしません。

しかも、痛み止め効果も消費税増税によって吹き飛んだと行って良く、アベノミクスが成功している

とはやはり言い難いかも知れません。

 

三本目の矢の産業育成ですが、TPPに乗っかって農産品を主たる産業として押し出す狙いが

あるようなのですが、アメリカではトランプ氏がTPPに反対で、ヒラリー氏もやり直すと言っています

ので、さっぱり先が見えなくなってしまいました。

 

要するに三本の矢の全ては、吹っ飛んでしまった。

期待したほどの効果は出せなかったと結論せざるを得ません。

その要因は消費税の増税なわけです。

 

消費税増税延期がほぼほぼ決まりのようですが、経済の循環を良くすると言う意味では

永久凍結か思い切って減税するのが理想的なように思います。その場合、財政出動も

しなくていいのではないか、金融緩和もそろそろ息切れですから、それにも頼らなくて

よくなるのではないかと思うのです。

 

(写真素材ぱくたそ)