沖縄返還時の機密文書漏洩裁判の西山大吉氏が亡くなりました。「外交や軍事などの機密保持」と「ジャーナリズムや国民の知る権利」のせめぎ合いについて、どう考えるのが良いでしょう?

実は西山記者は何も悪くありません。私の西山記者に対する印象は非常に悪いですが、何が悪いのかということを考えても、「これが悪い」というのが思い浮かびません。

新聞記者・ジャーナリストには取材の自由が大幅に認められています。それこそ盗撮・盗聴ですら赦される仕事です。問題は西山記者が情報を新聞記事にすることよりも野党の政争の道具に提供することを優先したことと、情報入手の方法が外務省事務官の女性との不倫行為によるものであったということでした。

まず情報を政争の道具にしたことについてですが、これにより、ジャーナリズムの仕事のために情報を手に入れたとする大義名分が崩れてしまいました。ですがそれは業界の論理であって、国民の知ったことではありません。国民の知る権利という観点から言えば、ジャーナリストが知らしめようと政治家が知らしめようと違いはありません。政治家の言論活動はジャーナリストと同様に、幅広く認められ、しかも国会内での言動は国会外で責任を追及されないという部分的な免責特権も持っていますから、当然、当時の社会党の横路議員が西山記者からもらった情報をどんな風に国会内で利用しようと問題はありません。西山記者が個人的な思想信条から横路議員に情報を託したことも全く悪くありません。

次にですが、女性事務官と「密かに情を通じ」て情報を手に入れた、その方法はどうでしょうか。これは感情的な問題として嫌な話ですし、他人の貞操権を侵害したわけですから民事上の問題があります。ですが、戦後は姦通罪がありませんから、刑事責任はありません。単に気持ち悪い、嫌悪感を抱かせるという類のことでしかありません。

また、彼が手に入れた情報は、なにしろ女性事務官から本物の書類を持って来させて得たものですから、偽情報であろうはずもないわけですね。

ということはつまり、国民的な批判が巻き起こり、毎日新聞が倒産するきっかけを作るところまで行った西山記者事件は、どこにも悪いところがないにも関わらず、国民が気持ち悪いと思ったから記憶に残る事案であったと言える、誠に不思議なケースであると思えます。

国民には実害がなかったどころか、日米の密約について知ることができ、それだけ利益があったはずなのに、みんなが拒否感情を抱いたというわけですから、本当に不思議な事案です。

ちなみに現場の記者同士、或いは記者と取材対象がそんな風になるなんて話は何度も聞いたことがありますし、記者が女性警察官と交際して公安が尾行したみたいな話もありますけど、倫理上良くないですが、そんなのいちいち問題にしていたら全ての報道機関が倒産してしまいます。

ついでに言うと私は西山記者の顔が嫌いです。



モンゴル帝国の最大版図を見て気が付いたのですが、現在の先進国の地域はモンゴル帝国の支配から逃れています。何か関係がありますか?

あると思います。皇帝が多民族を支配する地域では国民国家の形成が困難になりやすいですから、モンゴル人に長く支配された地域が近代国民国家の建設に乗り遅れるのは理解できることです。

近代国家は国民皆兵をやりたがりましたが、見ず知らずの人のために死に行く兵士を量産するには、国民国家の方が都合がいいのです。

そういうのを英仏日独伊は一定地域を同一言語で統一できていましたから、うまくやれていたということではないかなと思います。

アメリカとカナダは少し事情が異なるものの、憲法で押し切ったと言えます。

東欧はスラブ、匈奴、ムスリムがモザイクのように隣り合って暮らしていると思います。多民族共生は大切なことですが、国民国家の建設には不利で、そなような社会になつた理由の一つはモンゴル人の支配にあつたかも知れません。

中央アジアでも、トルコ人、ロシア人、コサック、ツングース、満州人、モンゴル人がひしめきあい、国民国家の建設に出遅れたという面はあると思いますが、これもモンゴル帝国の長い支配と関係あるかも知れません。



昭和天皇の関わった人物、側近は誰でしょうか?

昭和天皇が最も信頼した、側近中の側近は鈴木貫太郎であっただろうと思います。鈴木貫太郎は奥さんが昭和天皇の元お世話係をしていた女性であったということもありますが、鈴木貫太郎自身も昭和天皇の侍従長を務めたことがあったほか、226事件では殺されかけていますので、軍の暴走に対する警戒感は昭和天皇と共有していたに違いありません。昭和20年に入り、軍が本土決戦を主張する中、「こいつらヤバいから早く戦争を終わらせなければならない」と昭和天皇は考えたわけですが、終戦を実現するための首相に鈴木貫太郎が指名されます。憲政の理念では天皇に指名権はありませんが、鈴木が高齢を理由に首相を辞退しようとした際、天皇直々に頼んでいますから、鈴木内閣だけは天皇自身の意思が反映されて組織されと見て良いと思います。で、天皇の周辺を取り巻く、虚々実々の情報を持ち寄って天皇を操ろうとする魑魅魍魎みたいなやつらとは違い、鈴木は天皇の希望通りに戦争を終わらせ、終戦と同時に総辞職という綺麗な身の処し方もしていますから、天皇からの信頼・感謝は厚いものがあったに違いありません。

それとは別に、天皇本人の本音や愚痴のようなものをいろいろ聞いていたのは木戸幸一だと思います。内大臣として天皇と内閣のつなぎやくをしていたのが木戸幸一ですが、戦後、A級戦犯として終身刑を言い渡され、日本が主権を回復するまで服役します。戦争中、天皇は皇居内に建設した防空壕での生活を続けましたが、戦後も天皇は同じ場所での生活を続けました。周囲からもっと快適なところで生活するのはいかがかと提案された際、「木戸がまだ入っているから」と言って提案を退けたそうです。天皇自身が木戸のことを非常に近い人間関係であると認識していて、木戸に気を遣っているのが分かります。木戸の方も自分だけムショに入れられて天皇は全く何の被害もなかったことについて頭に来ていたらしい節もあるので、この2人に関してはやや友達のような、悪友とか同級生みたいな感覚があったのではないかなと思います。木戸は釈放されたのち湘南地方で暮らしましたが、昭和天皇が葉山御用邸に静養に来た際には、木戸はご近所の吉田茂と一緒にお呼ばれしていたそうです。



国債は借り換えで償還できるらしいですがそうなると税金による償還は必要なくないですか?

やろうと思えばできない話ではないのですが、政策通を自称する人たちができない理由をたくさん挙げて行くので、うまくいかないのです。できない理由にはそれぞれ尤もらしい根拠があるのですが、それを乗り越えてなんとかしようよ、というのが国債論議の本質なんじゃないかなと私は思いますので、かくも高い税金と不景気で国民が苦しみ、それがすでに何十年と続いているにもかかわらず、それでも税金で償還する方法にこだわるべきなのかどうか、もし他に方法があるのなら、その可能性を追求してみるということはやってもいいのではないかというようなことを私は思います。



権力構造の分析は困難であり、単純なものではないのにも関わらず、ロシアによるウクライナへの侵攻の発端となった原因はプーチンのみであると見做し、理解する人間がいるのは何故だ?国際政治学を学んでいないのか?

太平洋戦争が終わってから、GHQは戦争犯罪人の指名作業に入りましたけれども、彼らは日本の複雑な権力構造の理解に注力していきます。たとえば木戸幸一に対する尋問調書が出版されていますけれども、そういうものを読むと、アメリカ側が御前会議にどのような機能があったのか、統帥部にはどの程度の権限があったのか、誰が、どこで、どんな風に権力を使用したのか、或いはしなかったのかというようなことについて、非常に事細かに繰り返し、念押しするようにして木戸幸一に質問していることが分かるわけですけれども、読んでいる側も段々混乱してくるくらいに複雑ですし、人物も入れ替わりますし、慣例・暗黙の了解など、木戸幸一も厳密にどういうものかを説明できないものがいろいろ出て来て、それが日本の意思決定に最終的に大きな影響力を持ち、天皇ですら抗うことができないことがあったということがいろいろと述べられています。取調官が尋問しながら、どうして天皇も政治家も戦争したくないと思っていたのにあれだけの大戦争になったのか訳が分からないと思いながら質問している、その息遣いのようなものも感じられて、非常に興味深いのですけれども、結果、取調官が理解していったことは、真珠湾攻撃・対米開戦はどうも天皇の意思ではないらしいということのようだったのです。木戸は自分が書いていた日記を提出し、その日記の英訳を元に尋問が続けられましたが、木戸日記は東京裁判の起訴状の作成や共同謀議の成立の可否などについて大きな影響を与えたということが、尋問調書を読むととてもよく分かります。

そういうわけですので、おっしゃる通り、プーチンがどういう権力構造の中で意思決定したのか、彼に影響を与えていたのはどんなグループの誰なのか、ウクライナ侵攻を決意させるロシアの内部的要因にはどんなものがあったのか、などのことを分析していく必要はあると思いますけれども、戦後にならないと出てこないんじゃないですかね。



森喜朗氏はなんであんなに失言を繰り返すのに(神の国発言やウクライナに対してのもの)これだけ、長く権力を持ち続けられているのでしょうか?彼の権力基盤とは?

森さんが首相になったのは運が大きいと思いますが、その後も政界のドンみたいな立ち位置でいられるのは部下や後輩を見捨てないという点で卓越しているのではないかなと私は考えています。

森さんが首相になった時のことを振り返ってみたいと思います。小渕恵三首相が小沢一郎の要求する無理難題にどうやって応えればいいのか悩み抜いて倒れ、帰らぬ人となってしまうことがありました。で、自民党長老会議で次の首相を決めることになったのですが、この時に森さんを次に推すということで決まったと言われています。文字通り密室で首相を決めたことになりますから、それに対する批判も大きいですが、やはり当時日本の政治を仕切っていた経世会が小渕さんの次をどうするかをまだ結論を出すことができていなかったので、ワンポイントリリーフ的に森さんにやらせようということになったのだと思います。この時、加藤紘一さんは推されなかったわけで、これで加藤さんは長老たちを恨みに思い、加藤の乱をしかけて自ら政治生命を失っていく選択をすることになります。思うに、森さんのような調整型の政治家なら、長老たちの要求に上手に応えて適度なところで政権を次に渡すであろうと予想できたため、長老たちにとっては都合が良かった一方で、加藤紘一さんが首相になれば、当然、我を貫くでしょうし、長期政権を狙ってくるに決まってますから警戒したということなんだろうと思います。諸事情が森さんにとって幸運だったわけですね。首相になったのは運が良かったのです。

しかし、その後のことは、森さんの生き方のようなものと関係してくると思います。他人を裏切らない、後輩を切り捨てないというのが徹底していて、人間関係が続くんだと思います。分かりやすい例としては、小泉純一郎さんがどうしても郵政民営化をやると息巻いていた時期、森さんがチーズと缶ビールを持って小泉さんを訪問します、で、二人でビールを飲みながら話し、郵政民営化を諦めるよう、森さんは小泉さんを説得したということになっているのですね。話し合いが終わった後で森さんはメディアの前で「小泉は全然言うことをきかない。俺はもう匙を投げるしかない」と発言しています。この発言は実は小泉さんへの援護射撃だったのです。もはや森元首相をしても小泉純一郎を止めることはできないというメッセージを発することで、政界全体に小泉阻止を諦めさせようとしたと考えられています。ですから、小泉さんは当然、その後も森さんを大事にし続けることになるに決まっています。安部さんと森さんのことについては特に私はエピソードは知りませんが、安部さんも森さんを立てていたように思いますから、おそらく、折に触れて安部さんを助けていたのではないでしょうか。



自由主義と新自由主義はどう違うのですか?

多分、あまり違わないのです。もともとアダムスミスが経済は人それぞれ自由に勝手にやるのが一番いい結果になると、神の見えざる手に導かれるとしたのが自由主義の嚆矢になると思いますけれども、フランス語でこれをレッセフェールと言いますが、ある時からレッセフェールではダメだという意見が生まれ、レッセフェールのままだと貴族や地主、資本家などのアッパークラスが永久に人々を搾取するという問題を持つ人が生まれてきてですね、トマスモア的ユートピアは自然に生まれて来ないので、意図的にヘーゲル的社会変動を起こさなければならないという共産主義革命思想が生まれたり、そこまでやらなくても政府の意図的な財政運用で人々は豊かになれるとするケインズ経済学的思想が生まれたり、いやいや中央銀行が金融を緩めたり引き締めたりするだけでどうとでもできるとするマネタリスト思想が生まれたりして、20世紀はアダムスミス的ではない形での経済金融政策が様々に議論されたのですが、21世紀に入るか入らないかくらいのころに、「ちょっとまて、アダムスミスで良くね?レッセフェール最高じゃね?」と言い出したのが新自由主義者なのだと私は理解しています。ですので、自由主義の中に古典的自由主義と新自由主義が存在し、古典的自由主義と新自由主義の違いは流行した時期の違いだけであるということではないかなと思います。



言語の覇権は帝国主義、植民地主義、二つの大戦を経て結局は英語が握り世界語になりましたが、フランス語やスペイン語が覇権を握る可能性はあったのでしょうか?

やはり英語が一番強いという事実は揺るがなかったと思います。福沢諭吉が長崎と大阪オランダ語を勉強し、江戸へ移ってから横浜で外国語をたくさん目にするんですけど、看板とかが全然読めなくて驚くんですね。看板はどこも英語であると知り、彼は急いで英語の勉強を始めます。これはつまり、19世紀半ばの段階で横浜で暮らす欧米人たちの間で既に英語優位が確立されていたことを意味します。

じゃ、フランス語はどうだったのでしょうか。フランスは長くヨーロッパの大国として認知されていましたが、それは主としてブルボン王朝からナポレオン時代にかけてのことであって、本格的に帝国主義が世界に広まる19世紀後半から20世紀前半に於いては、ちょっと弱い国に転落していました。ナポレオン3世はベトナムを植民地化しましたが、それはむしろ数少ない成功例と呼ぶべきであって、日本での英仏代理戦争と言える戊辰戦争イギリス側の勝利、インドでもイギリス勝利、アフリカでもイギリス勝利ですから、科学技術の発展により世界が狭くなった20世紀ではフランスに世界を主導するだけのパワーはありませんでした。パリ解放でシャルルドゴールが連合軍から戦車をかしてもらってパリ入城の先頭に立ちますけれども、このエピソード自体が、フランスは名目上の戦勝国でしかないことを示しています。

じゃ、スペインですけど、スペインが隆盛を極めたのは大航海時代ですから、ナポレオンどころの話じゃないんですよね。南米諸国は次々と独立するし、メキシコはナポレオン3世の計略でフランスが獲得しかけたこともあります。米西戦争でももちろんアメリカの勝ちです。

というわけで、スーパーパワーがスペイン→フランス→イギリス→アメリカへと変化していく中、我々はちょうど、英米という2つのスーパーパワーの時代の終わりごろを生きていることになると思いますから、そりゃ英語だよな。と言わざるを得ない感じではないかと思います。

さて、今後、中国がスーパーパワーになるかと言えば、私は難しいと思いますが、世界的な天下三分の計みたいな感じで米中が勢力圏を分け合うことはあり得ると思います。



どうして歴代の首相はサミットにこだわるのでしょうか?サミットを自国で自分の政権のときに行うのはそれほどまでに名誉なことなのでしょうか?

もともと権力・権威が好きな人が政治家になると思うのですが、サミットの議長国ということになれば、アメリカの大統領であろうと、フランスの大統領であろうと、議長国のトップと意思疎通を図ろうとするでしょうから、権力を握っているということを実感しやすいのではないかなと思います。日本の首相の場合、権力の座にいられる時期は短い場合が多いですから、引退後に使用される写真にサミットの時にアメリカ大統領と並んで歩いているものが入っているというのは、自分の権威を保つ効果があるということもあるんじゃないですかね。



日本の都道府県はすべて県に統一されていないのはなぜでしょうか?

県の語源は中国の郡県制という行政システムだと思いますが、県を置く場合には、中央の命令に従う行政組織が存在することが前提になったのではないかと思います。廃藩置県の際、藩があった地域であれば、藩主を県令・県知事に任命して体裁を整えることができたと思いますが、東京・大阪・京都のような首都級の主要都市には藩主がおらず、当面は中央直轄で行くしかなく、しかも、当時はまだ東京・大阪・京都が並立した状態であり優劣をつけることができなかったため、その3都市は府にしたのだと思います。北海道の場合も、松前藩主を県令・県知事に任命するのではなく、広大な土地を直轄にしたかったため、県という名称が相応しいと考えられず、府にするわけにもいきませんから、道にしてみようかということになったのではないかと思います。沖縄県の場合、明治天皇が琉球王を藩王に封じる手続きが採られていますから、中央に従う行政システムが存在するということで県になったのではないかと思います。ではいつ東京府が東京都になったのかというと、戦争中に東京府と東京市の二重行政を解消することで行政にかかる費用を削減しようという話になり実現したものです。この時に「都」という名称を採用したことについては、想像になりますけれども、廃藩置県のころは東京と京都のどちらが優位なのかということは薩長藩閥には判断のつかないところがあったものの、昭和初期の東大を卒業した官僚たちの意識として東京が日本の中心であることに疑問がなくなっており、「都」という分かりやすい名称を選ぶことにためらいがなかったのではないかと思います。思いますばかりですみません。