ほぼ全ての日本人には少しでも皇室の血が流れていますか (女系or…) ?皇室は男系の万世一系であるということは既に存じております。

可能性は高いと思います。以下に理由を述べます。

一般論として権力者がより多くの子孫を残しやすいと言えると思います。日本の場合、権力者は強力になればなるほど京都の公卿や皇族のお姫様をお嫁さんとしてもらいたがりました。それによって男の子が生まれてくれば高貴な血を受け継いだ人物だとして箔が付くからですね。それが子々孫々へつながっていくと。で、権力者の息子が皇族のお姫様と結婚したとして、大勢の息子が生まれて来て、そういった子があちこちへ養子へ行く。養子へ行った先で家督をついで何人も子どもを産み、その子たちがまた養子へ行ったりする。これが日本社会の頂点から下の身分の人たちまでずっと連鎖していくわけですよね。やがて武士階級の一番下のあたりの三男みたいな人が武士階級として残れなくなって商人や豪農のところに養子に行く。そして次に…という感じで。ですから、私が少しくらい皇室の血を受け継いでいても全く不思議なことではないです。

ここでは男の子のことを中心に述べましたけど、女の子の場合でも、当然、いろいろなところへお嫁に行く。権力者の父と公卿の母の間に生まれた女の子ですから、お嫁さんにほしいという人は大勢いて、更にその娘がいろいろなところへお嫁に行き…がずっと続いていくわけですよね。ですから、繰り返しになりますけど、多くの人が皇室の血を受け継いでいると私は思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください