叩かれるとわかっているのに記者会見をする理由はなんでしょうか?そういう法律があるのでしょうか?

記者会見するまでねちねちとストーカーのようにつきまとわれるというケースがあり、記者会見すると納得して解放してくれるというパターンが多く、当事者は記者会見せざるを得ないところまで追い込まれていくんですね。で、ねちねちとつきまとわれてしまった場合、あることないことを報道される。自宅の前で待ち伏せされる。故意に印象が悪くなるような表現が使われ、嘲笑の対象にもなったりすると。で、とうとう、当事者は「どうか、これ以上はご勘弁ください…」ということになって記者会見したりするんですけど、それまでに受けた傷の深さは計り知れないものになるわけです。だったら早々に記者会見を開いてしまえば、傷は浅い、リスクをコントロールできる、というようなことになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください