1858年にアメリカに領事裁判権と関税自主権のない不平等条約(つまりアメリカ側が不利)を江戸幕府が締結することに成功していたら明治維新は起こらなかったでしょうか?

「1858年にアメリカに領事裁判権と関税自主権のない不平等条約(つまりアメリカ側が不利)を江戸幕府が締結することに成功していたら明治維新は起こらなかったでしょうか?」とのquoraでの質問に対する私の回答です。

明治維新が起きた最大の要因は、徳川慶喜にこけにされた島津久光がきれまくって大久保一蔵と西郷吉之助に倒幕を命じたことにありますから、不平等条約はあんまり関係ないと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください