私はうつ病です。昔の事も思い出せず、感動せず、感情もわからず、物を覚えられず、体を動かすのもつらく、毎日ただひたすら苦しく、生きているだけでお金がかかるのに生きてる意味ってありますか?

「私はうつ病です。昔の事も思い出せず、感動せず、感情もわからず、物を覚えられず、体を動かすのもつらく、毎日ただひたすら苦しく、生きているだけでお金がかかるのに生きてる意味ってありますか?」というquoraでの質問に対する私の回答です。

当然のことですが、あなたの人生にはとてつもない価値があります。どれくらい価値があるかと言うと、他の人と同じくらい価値があります。但し、あなたが自分の人生に価値を感じるには少し工夫が必要なように思えますので、私なりにその工夫について述べたいと思います。

1、休む。とことん休む。徹底的に休む。休んでいるのが普通になるくらい休む。のび太のことを考えて、あ、俺と同じじゃん。じゃ、俺、これでいいじゃん。と思えるようになるまで休みます。これ、絶対に必要ですから、徹底して休んでください。

2、1をやり終えると、当然ですが、めっちゃ楽です。その時に、何かをやりたくなります。外を歩いてみたいとか、温泉に行ってみたいとか、街を歩く女の子の姿を見たいとか、そういった小さな欲求が生まれます。これは、あなたが休んで少し元気を取り戻した時に最初に思い浮かぶものが正解です。それは、あなたの魂のレベルから求めているものです。これを、もっとも簡単に実現できる方法を選んでください。街を歩く女の子を見るのなら、交通費だけでいいですよね。本を読みたいのなら、図書館でOKですから、やっぱり交通費だけですね。

いっときますけど、うつがすぐに良くなると思わないでください。私は10年くらいかかりました。うつから回復して大学の教師になりました。ゆっくりと時間をかければ、多くのことが実現可能です。あなたも10年かけて回復してください。回復期に重要なことは、やりたいことだけやることです。経済的、環境的な壁はあるかも知れませんから、実現可能な範囲でやってください。回復期だと思って10年過ごせば、気づくと最低限、どうしても自分がやり遂げたいことはできています。そして、ああ、俺はこれができたんだなと気づくことで、回復の速度があがります。人生に対する満足度が上がり、ますます回復し、ますますやりたいことが実現していきます。ポイントはやりたいことだけを、実現可能な範囲内でやる。それができない時は寝る。です。試してみてください。あなたの想像以上の成果を得られるはずです。私がそうでしたから。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください