徳川綱吉「殺処分ゼロは可能である。しかもわりと簡単に」

徳川幕府五代将軍徳川綱吉といえば、生類憐みの令という、人間より動物の方が偉いみたいなおかしな法律を作った人で知られています。しかし、ちょっと見方を変えると、実は十分に現実的な動物愛護政策だったことがわかります。動物の殺処分ゼロは現代の私たちにとっても切実な問題と思いますから、今回はそのヒントを綱吉から得ようというわけです。

生類憐みの令が制定された背景には様々なことが語られてはいるのですが、以前は無駄に信仰心の厚い綱吉と彼の生母の桂昌院が、動物に対する殺生を辞めれば後継者を授かれるという、かなりとんでもな考えにとりつかれ、病的に突き進んだかのような説明がされることが多かったように思いますけど、最近は全然違っていて、信仰心が篤い故に、動物愛護の精神を人々にもってもらうための啓蒙活動に近いものだったというような説明が増えているように思えます。

犬を殴った人は島流しとか、犬を殺した人は死刑とか、というのが本当だったとしたらかなりとんでもな法律なんですけれど、でも、犬も人も傷つけないための解決策がきちんと設けられていたというのが、徳川幕府の人道的なところであるとも思います。その解決策というのは、犬を人とは隔離して飼育するというものなんですね。犬が天下の往来を闊歩していると人とトラブルを起こしかねませんけれど、隔離してしまえば人ともめることはありませんから、結果として人も犬も安全というわけです。野良犬は捉えられて隔離施設に入れられます。あと、犬を飼っている人でも、しつけのために犬をたたいたらどんな問題になるかわかったものではないですから、犬を隔離施設に預けに来たそうです。隔離施設ではちゃんと餌を与えて死ぬまで面倒を見たらしいんですね。結果、江戸の町から犬がいなくなったそうです。犬のオスとメスをちゃんと分けて飼育していれば増えることはないですし、死ぬまで飼育するわけですから、殺処分よりは遥かに穏やかな政策であると自信を持って言うことができると思います。

徳川幕府にできたのです。今の日本国政府にできないはずがありません。経済規模は遥かに大きく、世界有数の豊かな日本で、犬や猫を殺処分にしなくとも、飼えばいいのです。全国の殺処分施設を改良して飼育施設にすればいいのです。原子力廃棄物を大量に貯蔵する巨大な施設を巨額な資金で作ることができるのが、経済大国日本なのです。おそらく、六ケ所村の中間処理施設よりも遥かに遥かに低い予算で飼育施設は設置可能なはずです。そりゃ、飼うのは大変かも知れませんし、餌代は税金かよ!という突っ込みはあるでしょうけど、税金で殺処分するよりは、飼う方がよほど人間にとって後ろめたくない解決法だと言えるのではないでしょうか。殺処分の方が幾分か安くつくかは知れませんけれど、そんなことのために犬や猫を殺すことの方がよほど人間への精神的なダメージはあると思うんです。野良犬を捕まえて飼育施設で隔離して飼うということを続けていると、そのうち、野良犬はいなくなります。時間はかかるかも知れませんけれど、いいじゃないですか。時間がかかったって。殺すよりよっぽどいいです。金額的にも十分に実現可能と思いますから、どうでしょう。行政のみなさま、ぜひ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください