帝国ホテルマーガリン

帝国ホテルマーガリンを買ってみた

近くのスーパーマーケットで「帝国ホテルマーガリン」という、やたらと派手な、目を引く名前の商品が売られていたので、ちょっと買ってみたいと言う衝動が生まれてきた。言うまでもないが帝国ホテルに宿泊したことはない。日本橋に行けば帝国ホテルと同じ食事が楽しめる食堂があるが、まず、行かない。割安なのが売りだがそれでも高いのだ。さて、帝国ホテルマーガリンだが、300円代だった。買いでしょう。300円で、帝国ホテルのサービスの一端に触れられるのである。

最近、パンがマイブームみたいになっていて、バゲットとかフランスパンとか毎日のように食べているのだが、それらのパンと帝国ホテルマーガリンを合わせると果たしてどれくらいおいしいかという件について、私はどうしても知りたいと思うようになった。重要案件になったのである。

畢竟、ついに時は到来し、私は帝国ホテルマーガリンの包装を開け、マーガリンをパンに塗りつけて、食べてみた。おいしい。とても、おいしい。野菊のようなおいしだ(特に意味はない)。

マーガリンらしいあっさりとした薄味なのだが、よく噛むと味わい深い。さすが高級品である。噛んでも噛んでも味わいがある。繰り返すが、さすが(以下略)。マーガリンと言えば一部でプラスチックと同じ材料などと囁かれ、私にはよく分からないのだが、確かに普通のマーガリンの味はプラスチックみたいだと言われたらそうかなと思いそうな味わいである。しかし、帝国ホテルマーガリンに限ってそれはない。オーガニックな味わい深さ、食べた人が元気になるオーガニックさである。さすが(以下略)なのだ。まだ半分くらい残っているが、数日のうちに使いつくしてしまうことになるのは分かっています。だっておいしいんだもの。やはり、洋食は素晴らしい。もちろん和食も中華もすばらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください