イギリスがやっぱりBrexitしなさそうな件【英語メディアウォッチ】

さっきBBCのyoutubeのチャンネルで見たんですが、イギリスの下院で一票差でno deal brexitは認めないとの意思決定がされたそうです。ブルームバーグの解説を見て、上院でBrexit延期に関する議論を少し見たのですが、これ以上イギリス人の考えていることに付き合う義理もないなあと思って、今、一応、ブログに書いています。

一連のプロセスを見て思うのは、イギリスってやっぱりすごいなあ、深謀遠慮みたいなのが働く国なんだなあということです。国民投票で僅差でBrexitが決まった時は、やっちまった感が半端なかったわけですが、時間をかけてよく練って、今のイギリスは国民投票の結果を盾にいつでもBrexitできるし、議会の意思決定を根拠にいつまでも議論して場合によってはBrexitの無期延期もできるという、かなりのフリーハンドを手にしていることになります。どっちに転んでも大丈夫なようにしてあるんですね。

日本が太平洋戦争を始める前は統帥権干犯問題とか、内閣一致の原則とか、御前会議の決定とか、そういった建前にがんじがらめになって、アメリカと戦争したら敗けると全員が思いながら、泣く泣く戦争に踏み切ったことを思うと、イギリスにはあの手この手でなんとか切り抜ける、徹底したリアリズムがあると言うか、さすが功利主義の国と言っていいのか、凄い人たちだと感心してしまいました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください