平成がどんな時代だったかと振り返ってみると、小沢一郎さんの時代だったような気がする

平成という時代が始まった時、日本は史上最もいい時代を迎えていて、平成元禄という言葉が使われたりしました。この時、首相は竹下登さんで官房長官が小渕恵三さん、小沢一郎さんは官房副長官でした。辣腕と言われ、頭が良くて度胸が良くて顔が怖くて能力がある、要するに尋常ではない人物と評されていたわけで、田中角栄さんが「平時の羽田、乱世の小沢、大乱世の梶山」と評したそうです。今思うと、羽田孜さんが凡人で、小沢一郎さんが陰謀家、梶山さんは何をやるかわからないやたけたな人物だ、みたいな意味だったようにも思えます。

竹下登さんがリクルート事件で失脚した後は、竹下・金丸・小沢ラインと呼ばれる権力構造の中で、竹下さんの傀儡の政治家を小沢さんが操り人形にして首相するみたいなことが起きます。かつぐ神輿は軽いのがいいみたいなことを小沢さんが発言したのも、このころだったと思います。そう表現された海部さんは屈辱的だったのではないかと想像します。

小沢さんは首相指名権を事実上握るぐらいのところまでの実力者になり、なんとか指名を勝ち取りたい宮澤喜一さんから「大幹事長」と持ち上げられます。スーパーエリートの宮沢さんが平伏した時が、今から思えばあの人の一番の花だったのかも知れません。竹下さんと金丸さんは小沢一郎さんを首相に選ぼうと説得したこともあったのですが、小沢さんは絶対にやらないと固辞しました。自分が首相を傀儡にしているので、そんな風な首相に自分はなりたくない、自分は本格政権を作るんだと強い意志を持っていたのではないかなと想像します。

宮澤喜一さんはお気の毒だったと思うのですが、宮沢政権期に政治改革が議論され、政治改革が選挙制度に矮小化され、宮沢さんはテレビで「やる」と言って現場に裏切られて「嘘つき」と言われ、それを口実に小沢さんとその仲間が造反勢力になって、内閣不信任案の賛成に回り、宮沢内閣不信任が決議されてしまいます。今振り返ってみれば、小沢さんと竹下さんの感情的なもつれが要因だったようです。政治的な抗争という意味では竹下さんの方が小沢さんより上手で、衆議院竹下派は小沢系と非小沢系で二分されたものの、双方の紳士協定で参議院には手を突っ込まないと合意していたにもかかわらず、竹下さんが参議院を取り込んで、竹下派内の抗争は竹下さんの勝ちでゲームが進みました。

しかし一方で政権は自民党を飛び出した小沢さんが非自民を糾合して細川護熙内閣を作り上げます。羽田首班内閣でいくのかと思っていたら細川首班だったため、当時は大きな驚きが広がりました。宮沢政権不信任決議を受けて行われた解散総選挙で自民党は実は議席を増やしていましたが、小沢さんが引き抜いた人たちの分を補うことができず、自民党結党以来初めての非自民政権が生まれたわけです。野合とも言われましたが、時代が変わったと思って私は大きく影響を受けてしまい、しばらくは小沢さんの熱心なファンでした。政治のニュースも「小沢出せ、小沢」と思って観ていました。

ただ、細川さんが途中で嫌になって辞めてしまい、羽田首班で乗り切ろうとしたものの社会党外しが裏目に出て羽田内閣総辞職、改めての首班指名ではあろうことか自民社会連立政権が誕生し、小沢さんは野党へ。新進党を作ってみたり、壊してみたり、自由党を作って自自公連立みたいなこともやりましたが、やっぱり途中でダメになるを繰り返します。

よく見てみると小沢一郎さんと協力した政治家はみんな途中でダメになっていってしまいます。細川さんは政治の世界からドロップアウトして趣味人になってしまいましたし、羽田さんも半端に首相を辞めてしまうことになり、小沢さんと組んで政権を作った小渕さんも倒れてしまいました。他にも小沢さんと協力関係を結んでダメになっていった人を数えるときりがないですし、数えるだけ辛くなるので、ここではこれ以上は踏み込みません。

自民党には小沢アレルギーと呼ばれる現象が起き、絶対に非小沢の政党になったわけですが、野党でも非小沢の動きが生まれ、非自民小沢抜きの民主党が作られます。小沢さんの自由党は選挙の度に順調に議席を伸ばしますが、自民の力は堅調で、民主党が自由党に追い詰められると言う現象が起き、民主党の方が折れる形で小沢自由党と合流、小沢党首で新民主党が活動します。小沢さんという人の人生の浮き沈みの激しさ、周囲を振り回すやたらとでかい引力、関わった人間が次々とダメになっていくという不思議な力に私は驚愕もしますし、魅力も感じますし、でも、やっぱり限界も見えてしまいます。関わった人が次々とダメになるということは、小沢さんが周囲に無理をかけまくり圧迫しまくる人物だということを示しているのではないかと思います。みんな疲れて倒れていってしまうのです。そして途中で気づいた人たちは離れて行ってしまいます。

小沢さんの政策に関する考えには一貫性がなく矛盾だらけで、突き詰めるとやたらと派手な政局屋さんでした。今年の参議院選挙が小沢さんの最後の正念場みたいに言われています。もう一勝負するらしいです。私は一時、かなり小沢さんに注目していましたが、一、小沢ウオッチャーとしても疲れてしまいました。それでも過去三十年、小沢一郎さんを中心に政局が回っていた時期が相当あったというのは確かです。平成の始まりのころに注目を集め出し、平成の終わりとともに活躍を終えようとする小沢一郎さんが平成の主役の一人だったと言っていいと思いますし、やや誇大な表現かも知れませんが、平成は小沢一郎の時代だったと言っても言い過ぎではないように思います。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください