羽田孜内閣‐小沢劇場の破綻

細川護熙首相が何もかも嫌になって辞職すると、小沢一郎は渡辺美智雄に次期首相を打診します。渡辺美智雄も当初は乗り気になったようですが、同調する自民党議員の数が少なく小沢一郎に見捨てられる形になり、小沢は自民党を離党する時からの約束通り、羽田孜首班の内閣を作ります。当時の渡辺美智雄は健康不安説が広がっており、人生の最期に小沢にすがる姿は気の毒としか思えませんが、羽田との約束がありながら西園寺公望気取りであちこち打診する神経は普通ではないとも思えます(私は随分と小沢さんのことを酷く書いてますが、ここまで書けるというのは小沢さんのことをとても好きだったからです。テリー伊藤の『お笑い国会議事堂』の「小沢さん、みんな、あんたのことが好きなんだよお」のような心境です)。

小沢一郎は羽田首班内閣を作る一方で、非自民統一会派を構想しており、その構想から社会党を外します。多分、心情的に社会党のことが嫌いだったんだと思います。それを知った社会党が猛反発し、羽田不信任決議案を出すと言い出します。自民と社会が協力すれば不信任決議案の通過は必至で、協議の末、羽田が一旦総辞職し、改めて非自民揃って羽田を首班指名するというある種の手打ち式をやることで話がまとまります。

ところが、いざ国会での首班指名選挙の段になると、自民と社会が村山富市社会党委員長を首班に推すことが明らかになります。中曽根康弘が社会党の党首は応援できないと表明すると、かえって揺れていた社会党の若手が団結し、村山首相誕生へと突っ走ります。ならばと小沢はなんと軽く〇ーだと形容していた海部俊樹を擁立し、本来ならば羽田信任セレモニーになる予定だった首班指名選挙が村山富市対海部俊樹という誰も想像しなかったカオス状態を呈し、かわぐちかいじの漫画みないなことになっていきます。

こういうすったもんだの末に自社さきがけ連立村山富市内閣が登場します。いんちきだっと誰もがテレビの前で叫んだに違いありません。途中からテレビを見始めた人は、なぜ社会党の党首が首班指名されているのか全く理解できなかったに違いありません。小沢野合に対抗した自民野合政権が誕生した結果、社会党はそれまでの主張を一切引っ込め、村山首相はあたかも自民党左派の政治家であるかのように振る舞い、自衛隊の行進にも出席し、消費税反対の看板は社会党の本部から撤去され、「過去数十年の自民対社会の論戦はなんだったのか」と世論は左右の別なく大いに憤慨し、社会党とさきがけは消滅していく運命を辿ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください