頼朝が義経を排除した理由を考える



平家を滅ぼした後、義経は鎌倉に凱旋する予定でしたが、周知のように鎌倉の手前の腰越で足止めされ、追放され、最終的には自害に追い込まれてしまいます。

司馬遼太郎さんは『義経』で「義経は軍事の天才だが政治的な白痴で、頼朝の武士政権を作るという意図を理解できずに後白河上皇から検非違使の位をもらったのが原因だ」という主旨のことを述べています。

ただ、私にはちょっと首肯し得ないように感じられます。軍事は政治の延長線上にあるものですし、義経は背後から敵に襲い掛かるという計略で勝利していますし、捕虜には嘘をついて味方に引き入れています。義経が大変に政治的な人物であったことを推量できます。

また、頼朝と義経では政見に違いがあったからだという意見もあります。これは頼朝が武家政権を目指していたのに対して京都で育った義経は平家と同様に朝廷内での出世を目指したという方向性の違いから義経は追放されたというもので、それは確かにおもしろい考え方だと思いますが、私は仮に義経が頼朝の政見に同意して従っていたとしても、やっぱり殺されていたのではないかという気がしてしまいます。

というのも、飛鳥時代奈良時代の天皇家の歴史を見ると、兄弟類縁の殺し合いが絶えません。やはり、家系を自分の息子に継がせるというのがかつては「一大事」であり、頼朝は義経が最初に鎌倉に現れた段階から「いずれ殺すしかない」と考えていたのではないかと思えます。オスマントルコでは兄弟の誰かが皇帝になると、他の兄弟たちはその日に殺されるというのと同じ発想法があったのではないかというように思えるのです。

頼朝が義経に馬を引かせたという話が残っていますが、義経が平家を滅ぼす前の段階でこうなのですから、「源氏の棟梁は誰か」についてははっきりさせておかなくてはいけない、義経が手柄を立てたのなら、義経待望論が起きる前に殺しておかなくてはいけないと頼朝は考えていたのではないかなあと私は思います。

義経ニセモノ説もありますが、私はこちらには否定的です。鞍馬山を脱走した義経は奥州藤原氏に養ってもらい、その後、鎌倉で頼朝と対面し、平家追討→追放→放浪→奥州藤原氏に再び頼るという経路を見ると、奥州藤原氏では義経を本物認定していたと受け取ることができますので、それは違うのではないかなあと思います。

もっとも、最初に奥州藤原氏を訪ねて来たのがそもそもニセモノだったという可能性は残りますが、その段階では平家全盛の時代で、源氏の庶子だと偽って登場するのはあまりうまみがありそうにも思えません。ガンダムオリジンではシャアアズナブルとキャスバルダイクンが入れ替わりますが、それと同じくらい普通ではないことのように思えます。義経がジンギスカンになったというのと同じくらい荒唐無稽に思えます。まあ、こういうことは21世紀の今となってはどうでもいいと言えばどうでもいいことで、ああでもないこうでもないと考えるのが楽しいわけですが。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください