台湾映画『台北カフェストーリー 第36個故事』の次々と実現する夢

人によって価値観は違います。ある人にとっては今ある生活リズムが大切です。ある人にとっては夢見る時間、想像を膨らませる時間が大切です。ある人にとっては愛、お金、モノ、地位や名誉、その他いろいろ。それぞれ大切なものが違います。

この映画の主人公は桂綸鎂です。会社を辞めて夢のカフェを開きます。センスの良い素敵なカフェです。台北には素敵なカフェが多いですが、多分、この映画に影響されてカフェを始めた人も多いのではと思います。

小さいカフェでも大きいカフェでも、自分の店を持てばそこは自分のお城、自分の王国です。独立開業にはそういう良さがあるのではと思います。しかし一方で、経営にはシビアな計算が必要です。カフェでコーヒーを出すためにはコーヒー豆を購入しなくてはいけません。それらにはすべてお金がかかります。それに見合った価格をつけなくてはいけません。更においしいものを客に提供するための技術的な問題も問われます。

だけれど、主人公はお金さえ貯金できればそれでいいという人生にはなんとなく納得できてはいません。主人公の妹がカフェで物々交換を始めます。モノには物語があり、とある物語を持つモノが、他の物語を担うモノと交換されます。お店の雰囲気はその時々にどんなモノがあるかによって変化せざるを得ませんが、誰がどんなモノを持ち込んで何を持ち帰るかはある意味では運任せ、考えようによっては夢があります。

ある旅行会社が「あなたのカフェに投資したい」と持ちかけてきます。主人公は35の都市へ向かう飛行機チケットとお店の何割かの権利の交換を提案し、成立します。物々交換を続けた結果、お店の一部分と飛行機チケットが交換されるというのはちょっとおもしろい展開とも思えます。

飛行機に乗って外国に行くのは楽しい経験です。知らない街へ出かけて土地の人と話をするのは得難い経験です。主人公は最初、会社で働き、次いでカフェを開くという夢を実現して、続いて世界を歩くという夢を実現したというわけです。次にどんな夢を持つようになり、どんな風にそれが実現されていくかは分かりませんが、この映画の面白さは、心の中で夢を育てていればそれは実現して行き、人生は次から次へ夢を叶えるものだという、そういう楽しいというか充実感とスリルのある人生観がベースにあることです。

侯孝賢がこの映画のプロデューサーです。彼の初期の監督作品『風櫃の少年』では、叶わぬ夢を抱きつつ現実に耐えて生きる若い男性の姿が描かれています。この映画は全く逆で、心の中に芽生えた夢が次々と叶っていく女性の姿が描かれます。おー、時代が変わったんだなと思います。もちろん芽生えた夢が次々と現実になる方が人生おもしろいに決まっています。男性よりも女性の方が夢を現実にしていくパワーがあるということなのかも知れません。女ってすげえ。と思いつつ、自分の人生もかくあれと思いますし、もしかしたらそんな風に生きられるかも知れないとこの映画を観るとふと思えてきます。いい気分になれる作品だなあと思います。

映像がきれいなので、そのおかげでも気分よく見れます。デジタルはさすがです。映像とカフェの雰囲気が良く合っています。



関連記事
台湾映画『遠い道のり 最遙遠的距離』の喪失の交錯
台湾映画『GF,BF(女朋友。男朋友)』の政治と青春
台湾中国合作映画『被偷走的那五年』の空白にしたい人生とその選択


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください