日銀政策金融決定会合の内容が微妙な件

2016年9月21日の日銀政策金融決定会合の決定は、ちょっと聞いただけでは一体何を決めたのかがよく分からない感じのものになっています。

イールドカーブ、オーバーシュート型コミットメントのような言葉が躍っいますが、非常にざっくり簡単に言うと、「その気になったらもっと金融緩和はできるんだ」ということしか言っていません。「これからはやるぞ」と言ってはいますが、この現時点では何もしないということです。

日銀の狙いはそのような姿勢を示すことによって市場が「おー、そうなのか。これからはもっと金融緩和するのか。そうか。だったら、円安で株高でインフレだな」と思ってそういう方向に動くことを期待しています。市場のマインドを誘導することで、期待している結果を得ようという、ある種の手品みたいなことを目指しているようにも思えます。

このような手法に出た要因の一つとしては、安倍黒田ライン成立後、まだ何もしていないのに今後の流れの予測から市場が自発的に動いて円安株高への流れができた経験が成功体験となっており、何とかそれを再現しているという面があるのではないかなあという気がしますが、もう一つ言えば、他に打つ手がなくなってきているという印象を拭うことができません。

私は中の人のことは何も知りませんから公開情報を基に推量していくしかありませんが、理論的には金融緩和は無限にできるものの、実際的、或いは政治的にこれ以上の手が打てなくなってきているという印象を抱いてしまいます。

今年に入ってしょっぱなに発表されたマイナス金利の導入は確かに度肝を抜くというか、「そこまでやるのか」と市場を大きく驚かせた面がありますが、その後、「やるやる」と言っているわりにはやらない夏休みの宿題みたいなことになっていました。今回もちょっと変化球で同様のことが起きたというところかなあと個人的には理解しています。

日銀の金融政策は黒田さんの一存では決められないのは当然のことながら、かりにも総裁がここまで「やるやる」と言ってこれ以上やれないのは何故なのだろうと首を傾げてしまいます。完全な想像ですが、黒田さん的にはもっとやりたいところではあるけれど、内部ではそこで協調するこができず、とりあえず言葉でボールを投げ続けて、いつか本当にやろうと思っていたのが、いつまで経っても協調の目途が立たないので、黒田さんご本人も言葉で切り抜けられるだけ切り抜ける決心したのではないかというような邪推をしてしまいます。しかしながら市場は「やるやる」に慣れっこになっている部分があって、今回の件は短期的な材料にはなり得てもそれ以上にはどうこうという感じではないように思います(実際に日銀がアクションを起こしたということになれば話は変わってくると思います)。

いずれ、いつか、凄いジャーナリストの人が10年後とかにその内側を取材してくれるかも知れないのですが、経済は生き物ですの10年後に本当のことが分かってもあんまり意味はないかも知れません。まだFOMCの方が残っていますので、次はそっちの方に注目です。FOMCは今回も金利は上げないのではないかという観測が強いわけですが、日銀が具体的には何もやらないと分かった以上、ドル高懸念がそれだけ下がりますので、少しは何かできる環境が生まれたとも言えます。ですが、蓋を開けてみなければ実際のところは分かりません。

今日は株高円安に多少は振れましたが、数日のうちに利益確定の取引が入り、その後は特に今回のことは影響しないという流れになるのではないかなあという気がします。個人的にそう感じるだけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください