新藤兼人監督『北斎漫画』の情熱の人生

緒方拳さんが主人公の葛飾北斎をやっています。まだ若くて力強くて男臭い緒方拳です。元々は名のある富裕な職人の養子でしたが絵をやりたいという一心で家を飛び出し、貧乏暮らしです。娘のお栄(田中裕子)と二人で暮らしていて、とんがらし売りなどをやって歩いたりするものの、生活はよくなりません。葛飾北斎みたいなタイプは絵を描く以外に何もできないので、それを貫くしかないのです。

そのうち評判があがり、極端に大きな絵を描いたり、逆に米粒に絵を描いてみせたりして派手なこともやりますが、気の強い性格が災いし、友人の十返舎一九も鶴屋南北も北斎から離れて行きます。

前半は若いころの情熱的で引っ込みのつかない、走り出したら止まらない様子が描かれますが、後半では老境に入った北斎の姿が描かれます。緒方拳もとんでもなく老けた役をしています。地方から口利き屋を通してアシスタントを雇ったりしますが、もう、そのアシスタントの女性を口説くエネルギーもありません。ただ、女性の裸体画をたくさん書いた北斎はこの女性をモデルに絵を描くことを思いつき、女性も描かれることによって内面の何かが芽生えるという、人間の深淵に迫ろうとする場面もあります。

個人的には老境に達した北斎もお栄も一緒に童謡を歌う場面が好きで、人間愛に満ちていて、みんな幸せそうで、あの場面のことだけは何度となく思い出します。忘れることができません。人の幸せはそういう一瞬に現れ出てくるものかも知れません。

時代は既に幕末直前、ほぼ幕末で、江戸後期は江戸文化が爛熟を迎える時期ですから、もしあの当時、江戸に生まれていたら結構、おもしろかったかも知れません。金持ちに生まれるか貧乏に生まれるかで違いが出そうですが、とても興味深い時代のように思います。

お栄の作とされる絵が原宿の太田記念美術館に保存されていて、明暗を意識した洋画みたいなおもしろい絵なのですが、ゴッホとの関連性を指摘する人もいます。日本は日本で西洋の影響を受けるようになり、ヨーロッパはヨーロッパでジャポニズムの波が始まろうとしている時代だと思うと、更に好奇心が刺激され、ああ、あの時代にちょっと行ってみたいと思ってみることもあります。

葛飾北斎の絵は世界で高く評価され、ハワイの美術館にも神奈川沖波裏が展示されているのを見たことがあります。当時の日本人にとって浮世絵は珍しくもなんともない、今で言えばカレンダーかチラシくらいの扱いだったみたいな感じで、輸出する漆器の包み紙に使われていたところ、西洋人は漆器よりも包み紙に興味を持ち、今となっては海外の美術館で展示されるのですから、時代が変わればいろいろなことが変わるものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください