熊井啓監督『千利休 本覚坊遺文』の静かだが激しい男の意地

熊井啓監督の『千利休 本覚坊遺文』では、千利休の弟子の本覚坊と織田有楽斎が、利休の死の真相について語り合います。二人にとってそれは必ず解き明かさなければならない謎であるにもかかわらず、どうしても真相に辿り着くことができません。何故なら、千利休が死んだのは、秀吉との間で起きた意地の張り合いの結果みたいなもので、そういうことになると利休と秀吉の間のことを想像で埋めていくしかないからです。

本覚坊と織田有楽斎は、古田織部や山上宗二の思い出を語りながら、見聞きしたことを想いだし、そこから利休の心境に迫ろうとしていきます。利休が秀吉に切腹を命じられたことは今も様々な想像や推量があるものの、はっきりとしたことが分かっているわけではありません。諸事情から想像するしかありません。それは或いは利休が茶聖の立場を利用して暴利を得たということかも知れません。それとも、寺の門に自分の木造を置いたことかも知れません。しかし、それはわざわざ切腹するような騒ぎに発展するような話ではありません。

利休が秀吉に対し、朝鮮出兵に関して意見したのではないかと本覚坊は推理します。それもあるかも知れません。しかし、おそらくは意地の張り合いで利休が見事に死んでみせた、ということに見えます。文字通り、命をかけて意地を張りとおしたということかも知れません。

映像に無駄がありません。お茶のお作法について私はよく知りませんが、多分、完璧にお作法を研究し尽くしたうえで作品が作られています。建物がきれいです。山の中の小さな庵だってもきれいです。小さな庵には小さな庵の美学があります。画面の一つ一つを見逃すのがもったいなくて瞬きするのもちょっと躊躇するほどです。無駄な台詞がありません。座る姿で多くのことを語ります。静かです。しっかり論じなければならないところは有楽斎が論じます。静と動の区分が明確です。本覚坊は利休の思い出を抱きしめて一人わびさびの人生を送ります。わびさびは難しいです。誰にも説明できない、定義のないものなので論じることができません。お茶と座禅は似ています。違うとも言えます。どっちもありです。禅問答ほど面倒なものはありません。

本覚坊は死んだ利休と、いわば念力で通信しています。利休の心を探っています。人は心でつながりあっているとも言えますし、五感を脳で処理して理解する以上、完全に孤立しているとも言えます。にもかかわらず、孤立した完全なシステムなのに他人の心と通じ合うことができます。本覚坊は日々思う中で、思い出の中の利休と対話し、秀吉との確執について「ああ、こういうことだったのか」と気づいていきます。有楽斎もその都度聴かされてなるほど納得という風になっていきます。中村錦之助が有楽斎をやるのがとても合っています。趣味人風でありながら武人風の鋭さも持っています。知りたいと懸命に願っていることは、ある時、ふと情報が入ったり、天啓のように気づいたりして謎が解けるということは私にも経験があります。本覚坊と有楽斎はそのようにして利休の秀吉に対する意地のひだのようなものを見つけていきます。

利休役の三船敏郎の賢者な感じがハンパありません。凄まじく崇高な人に見えます。若いころは『羅生門』みたいにやんちゃ風が似合い、年齢を重ねたら賢者が似合うのですから、うらやましいことこの上ありません。最後は利休が言いたいことを最後まで言い切ります。論争のある、意見の違うことでここまで言うのは作者の勇気です。素直に尊敬します。

私の推量ですが、弟子の山上宗二が小田原で秀吉に殺された時から、利休と秀吉の間には不協和音が起きたのではないかなあと思います。信長の茶頭をして秀吉の茶頭をしたような人ですから、秀吉が信長の政権を簒奪したことはリアルタイムで知っている人ですし、それでも秀吉と手を携えて出世していくのですから、それなりの生臭さも持っている人だったと思います。だから互いに利用し合って本来はそれでよかったはずなのです。ですが、山上宗二が殺された後は、犯してはいけない領域に秀吉が入ってしまった。以後、利休は茶の席の度に殺意を持たれるくらいに秀吉を侮辱し続けた。のではなかろうかという気がします。遠藤周作が大友宗麟について書いた『王の挽歌』でも、野上弥生子の『秀吉と利休』でも、そこは外せないポイントなのではなかろうかなどと思います。

スポンサーリンク

関連記事
熊井啓監督『海と毒薬』の恥と罰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください