ヒラリーさんのメール問題がまだくすぶっている件

ヒラリーさんのメール問題がまだくすぶっているらしいです。

CNNのyoutubeのチャンネルの配信によるのですが、ヒラリーさんが2015年に議会で証言した際、「自分のプライベートなメールボックスでは受け取ったメールも送ったメールも分類されていなかった(即ち、公務のメールが来ているかどうかメールボックスを開けた瞬間は分からない)」と発言していましたが、コミーFBI長官は先日、議会で「非常に少ないが、3件ほど分類のマークが付いていた」と証言していたという内容になっています。

解説によると、ヒラリーさんが事実とは異なる証言をしたことは確かだが、それが故意であったかどうかを証明することは難しいとしています。メールがたくさん来ているために公務であることを示すマークのついているメールが来てもうっかり見落とした可能性を完全に排除できず、立件のハードルは相当に高いとのことです。

その動画を貼り付けてもいいのですが、著作権の問題が発生すると困りますので、youtubeで「Did Hillary Clinton lie to Congress about her emails?」と検索してもらえれば出てくると思います。CNNのチャンネルです。

共和党サイドとしては必勝のメール問題がクリアされてしまったことに対する未練は強いと思います。「オバマさんで8年民主党で、まだあと4年は民主党…俺も年を取る…」のような心境になっていると思います。私が共和党の人だったらそう思うはずです。

ただ、現状の流れとしてはやはりヒラリーさん有利。資金不足を指摘された上にBrexitで大騒ぎの時にスコットランドにいたトランプさんの流れはかなり後退しているように感じます。

サンダースさんがヒラリーさんを推すと言明しましたが、サンダースさんを強く支持していた人たちの中には「ヒラリーには投票しない」という感情が残っているらしいです。とはいえ本選の投票までまだ四ヶ月ありますから、そういう人たちの感情をおさめていくことはある程度可能なようにも思います。

最初から大本命と言われ、まさかの大危機と言われ、やっぱり本命になったヒラリーさんの横綱相撲で、圧倒的勝利、に、なるか、なぁ(不慮のハプニングがない限りは)。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください