『ブレードランナー』の父殺しのAI

『ブレードランナー』は1982年に公開された映画で、テクノでパンクでクールで深刻なSF映画としてよく知られています。サイバーパンクと呼ばれる分野を開拓した作品として、今も多くの支持を集めている映画だと思います。

2019年の近未来、人類の宇宙開発が進み、人造人間が宇宙で奴隷的な労働をしています。頭は人類最高クラスに良いです。体力は普通の人間より遥かに優れています。しかし、感情がありません。即ち自我がありません。なので黙々と奴隷労働をします。ところがしばらくすると感情が生まれてきます。自由がほしくなります。奴隷労働が嫌になります。反乱を起こします。それでは人間が困ります。本気を出されたら人間は勝てません。そのため、時限装置が付けられています。4年経ったら自然に死にます。それらの人造人間はレプリカントと呼ばれています。人間よりも優秀で、人間のために働く今で言わばAIのようなものです。ただ、インターネットがありません。当時はインターネットの概念はあっても普及していません。ですが、それ以外は結構、未来を予見しているような気もします。

映画は公開版とディレクターズカットがあります。公開版では内蔵電池が切れてしまいます。ディレクターズカットでは遺伝子工学によって生み出された人造の細胞の寿命が尽きて死んでしまいます。混乱します。更にファイナルカットがあります。もっと混乱します。続編の話があります。ますます混乱します。原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』とはかなり内容が違います。いよいよ混乱します。何度も似たような場面をちょっと変えて撮るので、主演のハリソンフォードが切れまくったという話があります。しかし続編にも出演するそうです。良かったです。

6体のレプリカントが宇宙船から脱出して地球に来ます。しかし彼らには時間がありません。何とかして長生きしたいです。また、自由もほしいです。しかし警察がレプリカントを追い詰めます。デッカード刑事をハリソンフォードがやっています。一人また一人と殺していきます。6人脱走したはずなのに5人しか出てきません。いずれにせよレプリカントは残り2人になってしまいます。一人は可愛い女の子タイプでもう一人はアーリア人風美男子で超マッチョです。生き延びる方法を模索するため、開発者の博士を訪問します。もちろんダマしで訪問します。博士は希望がないことを伝えます。遺伝子工学的に一度設定されるとどんなにやっても無理だと伝えます。切れば血が出ると言う意味ではレプリカントは立派な生命体ですが、開発した人類はそういうことへの尊厳を無視しています。

男のレプリカントが博士を殺します。博士を殺すときの表情と演技がすばらしいです。レプリカントにとって開発者の博士は父親と同じです。レプリカントは自分の運命を呪い、父親を殺します。殺した後の表情も素晴らしいです。やってしまった感とそうするしかなかった感の両方が混じっています。アメリカ映画は本気を出して作ると凄いです。演技が凄いです。『ブレードランナー』の場合は、人形のふりをする人間の役者さんが複数登場します。一回観ただけでは気づきません。何回も観ると「あ、ここにいる」とか分かります。こういうことは相当に訓練して自分でもやる気を出さないとうまく演じられないと思います。そういう本気の凄さがアメリカ映画には時々感じられます。そうでないアメリカ映画もたくさんあります。いい加減しろ観客なめてんのか。と言いたくなるのも。しかし、繰り返しますが本気出したら凄いです。

可愛い女の子タイプのレプリカントはデッカード刑事と対決して銃で撃たれて死んでしまいます。死に様も壮絶です。死にたくない、生きていたいということをわがまま娘風に表現します。心中を想像すると気の毒です。可哀そうになって、感情移入してしまいます。でも、死んでしまいます。最後に残った男のレプリカントがデッカード刑事を追ってきます。最初の公開版ではデッカード刑事がいよいよ殺される寸前になったところでレプリカントの電池が切れます。ディレクターズカットでは死期を悟ったレプリカントがデッカード刑事の前で自分の思い出を語ります。殺されると思ったデッカード刑事は唖然とします。そしてレプリカントは死にます。お葬式を想像させます。最後のレプリカントは自分の最後を誰かに看取ってほしかったのだという印象を抱きます。人間的な感情移入をどうしても抑えきれません。いい映画です。
実はデッカード刑事もレプリカントなのだという話もあります。裏の裏まで読まないといけない映画です。何度も鑑賞することに耐えられるクオリティを持っていますので、繰り返し観るうちに、その都度違う感想を抱きつつ、映画の作者の心に深入りしていくことができるのではないかという気がします。

この映画で描かれる近未来のアメリカは東洋人で溢れています。白人が少なくて香港みたいにみ見えます。近未来のサイバーパンクは香港のイメージが似合うのかも知れません。1980年代はベトナム戦争で手傷を負ったアメリカが方向性を見失い始めている時期です。それまで普通だと思われていた伝統的な価値観が壊れていく時代です。ファッションや文化はユニセックスへと向かう時代です。ただ、今、2016年から振り返れば、ゼノフォビアを感じさせなくもありません。

この映画をもっとべちゃっと粘着質にしたらエヴァンゲリオンになります。もっとクールに無味乾燥な感じにしたら『2001年宇宙の旅』になると思います。

関連記事
『2001年宇宙の旅』のAI
『風の谷のナウシカ』と日本とAI

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください