ヒラリーさんの副大統領候補がだいたい決まったらしい件

ヒラリーさんの副大統領候補がエリザベスウォーレン上院議員でだいたい決まったらしいです。心理的な局面と選挙戦略的な局面からこれについて考えてみたいと思います。個人的にはヒラリーさんに勝ってほしいとも負けてほしいとも思っていません。試みの思考としてやってみたいと思います。

エリザベスウォーレンさんは民主党のリベラルの本流をいく感じの人のようです。消費者保護に熱心です。言うまでもないですが人種差別をはじめとするあらゆる差別に反対の人です。カルチュラルスタディーとは何かをがっちり理解している人というか、実践している人です。そのことはご本人の信念を貫いていけば、それでいいと思います。

分析したいのは、この時期にヒラリーさんがエリザベスウォーレンさんを副大統領として選んだのは何故か?ということです。簡単なことですが、1、ヒラリーさんがやりやすいと思う人 2、トランプさんに勝てる人という2つの要素が必要になります。同世代で政治信条も合うということであれば、同性のエリザベスウォーレンさんとはやりやすいと思います。それはそれでいいと思います。大問題はそれでトランプさんに勝てるかどうかということです。私はどちらになってほしいというのはありません。飽くまでも選挙戦略のケーススタディとして考えたいと思います。

ヒラリーさんほど現実的な人が、「友達だから、気が合うから、親友だから」などの理由だけで自分の副大統領候補を選ぶはずがありません。トランプさんに勝つためには誰がいいかということをよく吟味したに相違ありません。結論としてヒラリーさんが選んだのは民主党リベラル本流のエリザベスウォーレンさんだということになります。このコンビであれば女性票とマイノリティ票が期待できます。もうちょっと言うと、女性票とマイノリティ票は確実なのでアプローチする必要がありません。スピーチや現実的な政治運動では白人低所得者層にアプローチできます。白人低所得者層はトランプさんの支持層と被りますので、ここを切り崩すことができれば大きく差をつけて勝利できる可能性が出てきます。ヒラリーさんもウォーレンさんも白人ですので表だって白人層からの反発を受ける可能性は低いです。実によく考えられた人選だということが分かります。

トランプさんの弱いところは共和党の候補でありながら、共和党らしくないことをスピーチしてきたところではないかと思います。共和党保守本流がトランプさんの応援に二の足を踏んでいるらしいです。最近はヒラリーさんの表情に余裕が出てきましたので、数回行われる直接対決討論会ではヒラリーさんは自信満々で臨むことでしょう。一方のトランプさんは「おもしろいおじさん」キャラだけで通せるかどうか。或いは現実をよく見て新しい球を投げることができるかどうかが注目点です。FBIがヒラリーさんのメール問題を調査しているという噂もあり、国務省がこんな時期にレポートを出した以上、本気でやれば黒になる可能性もありますが、オバマ大統領がそこをなんとかするかも知れません。この辺りは噂と想像力で論じるしかありません。

今のところやはりヒラリー一歩リード。或いは大差でリードかも知れません。トランプさんのイギリスEU離脱の日にスコットランド訪問はまず確実にすべっています。普通に考えればヒラリーさんが勝ちます。後はトランプさんの投げる球次第です。

とはいえ、イギリスがEU離脱をする昨今、いつ何が起きるか分かりません。逐一見ながら判断し、自分の判断が間違っているかも知れないと思ったときは迅速に修正していくしかありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください