昭和天皇

昭和天皇の人物像

 昭和天皇がどんな人か、何を考えていたのか、歴史的な場面で何を思い何を発言したのか、などについて多くの人が関心を持ち、これまでも議論が重ねられてきました。

 一稿で書ききれるようなものではとてもありませんが、昭和天皇の人物像について考える際のアウトラインを少し考えてみたいと思います。

 昭和天皇は立憲君主制の精神をよく理解し、立憲君主であろうと自主的にそのような在り方を目指していたと伝えられています。
 しかし一方で、田中義一首相を叱責し、その叱責を受けて田中首相が辞職するという出来事があったり、226事件の解決に積極的にイニシアチブをとったり、近衛上奏文を受け取ったときの返答、終戦の時の聖断、更には戦後の日本国憲法のアウトラインや安全保障についてマッカーサーと意見交換するなど、随所に立憲君主の枠を飛び越えて、あたかも親政が敷かれていたかのように錯覚してしまいそうな一面も見られます。
 明治天皇や大正天皇の時代でここまで深く政治に関わるということは考えられないことだったはずです。

 これは私の想像ですが、おそらく飛びぬけて頭の良い人物だったのではないだろうか、それが上に述べたような憲法上曖昧な部分が生じる事態へと発展したのではないか、という気がします。昭和天皇は頭が良いので立憲君主とは何かを理解しているけれど、頭が良いが故に政治や軍事に関心が及び、おそらくは性格の激しいところがあって、つい口出ししてしまう。憲法には天皇は政治に介入してはいけないとは書いてないので、周囲も天皇の意思を尊重せざるを得ない。といったところではなかったかとも思えるのです。

 帝国憲法では天皇は内閣の輔弼を受けるということになっており、これは事実上、内閣が仕事をし、天皇は形式上の裁可を与えるということで当時から理解されていました。美濃部達吉氏の天皇機関説が登場したのも、たとえ排斥を受けたとはいえ当時のそのような憲法の運用があったからこそのことと考えることもできます。

 昭和天皇は天皇機関説には肯定的であり、このようなあたりは大正デモクラシーの空気を吸って少年時代を過ごしたリベラルな思考の一片を知ることもできます。

 ある研究では昭和天皇は晩年、自らの戦争責任について悩み、厭世的になった時期もあったとのことですが、歴代の天皇の中でも特別悩み多き人生を過ごされたのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください