東京裁判

昭和天皇と東京裁判

 東京裁判には批判も多い一方で、サンフランシスコ条約では日本がその裁判の結果を受け入れるとも書き込まれているため、国際法上は有効であるとも言えるように思います。様々な視点から多くのことが語られてきた東京裁判ですが、最大の争点は昭和天皇の訴追だったのではないかと思います。

 キーナン首席検事はマッカーサーの指示で昭和天皇を訴追しないことにしていましたが、キーナン氏本人は昭和天皇訴を追するべきだと考えていたと言われています。また、ウェッブ裁判長もその立場にありながら、天皇の訴追のない裁判はある種の茶番であるとも考えていたと言われます。

 東京裁判では、裁判である以上、誰にどのような責任があり、それをどう償うのかということが明確にされなくてはいけませんが、その引き受け手が東条英機元首相であったと言ってよいでしょう。

 裏側では日本側とアメリカ側が密に連絡を取り合い、昭和天皇を訴追しないことで合意ができたため、開戦の意思決定責任一切を東条英機氏に引き受けてもらうことで話がまとまり、東条氏には弁護人から「天皇の意思に反して開戦した」と証言するように求められます。東条氏は責任は引き受ける覚悟はあったと言われていますが、逆賊になることまで引き受けることはできないと非常に苦しんだと言います。

 東京裁判が正しいのか、正しくないのかなどの議論は今も尽きず、私が生きている間にこの議論が終息することはないと思います。

 しかし、法よりも政治的な要素が濃厚で、正邪の議論をしたところで結論は決して出ないのではないかとも思えてきます。

 昭和天皇が訴追されることは日本側としても絶対に避けたかったはずですから、そこを日米間で取引が成立していたとすれば、日本にも天皇を守ることができたという意味ではそれなりに意義のあったことなのかも知れません。

関連記事
昭和天皇はマッカーサーに何を言ったのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください