三島由紀夫の『憂国』をどう理解するか?

 三島由紀夫さんが226事件に取材して書いた『憂国』は、若き日本軍の将校が226事件の報を受けて「皇軍相討つ」を避けるための究極の手段として自ら命を絶つという作品です。
 読む人によっては死を美化するだけの陳腐な作品だと一蹴してしまうかも知れません。この稿ではもう少し、ほんの少しだけ深堀して考えてみたいと思います。

 題名の『憂国』が示す通り、国家を憂うが故に死を選ぶということになりますが、国家とはそもそも手に取って触ったり自分の目で見たりすることのできない存在です。それをフィクションと呼ぶこともできますが、国家は法人であるとも言え、みんなで存在することにしようと決めた、決まり事であるとも言えます。

 いずれにせよ、目に見えないものを深く憂うなどということが本当に人間に可能でしょうか?家族や恋人、或いは自分自身のことは目で見て手で触ることができるため、深く心配することは可能です。実体があると信じることができるからです。

 それ故に三島は若き将校が死を選ぶ直前、若い妻とのエロチシズム溢れる場面を濃厚に書き込んだのではないかという気がしてきます。軍隊にいる以上、一朝ことが起きれば命をすすんで捨てる覚悟が必要とされます。しかし国家は実体があるのかどうか、実感することができません。しかし、目の前の若くて美しい妻の存在は自分の五感で感じ取り、その存在を実感できます。若い将校はその実感できる妻と国家が不可分の存在であるというように認識していたと三島は言いたかったのではないかと思えなくもありません。

 「皇軍相打つ」を避けるということは、皇軍すなわち仲間もやはり存在を実感できる国家の一部であったためで、人間的なつながりと「国家」を重ね合わせたということではないかとも思います。

 仮にも戦後を生きた三島が単純な国家主義や民族主義だけで固まっていたとは考えられません。彼は彼なりに国家なるものを実感するための一つの仮説として『憂国』を書いたのではないかと私には思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください