カリフォルニア予備選近し。ヒラリーかサンダースか?

ヒラリー氏とサンダース氏がデッドヒートを続けていますが、
今度の火曜日でようやくはっきりしそうです。

その日はカリフォルニア予備選挙があり、世論調査では
ヒラリー氏の支持率にサンダース氏が追い付きつつあり、
まだ3-4日ありますから、場合によっては逆転という
ことすらあり得る展開を見せています。

西海岸の人のざっとした傾向としては、
新しいものに対して肯定的であり、かつリベラルを好む
というものがあると個人的には思います。

ヒラリー氏とサンダース氏はどちらもリベラルと言えば
リベラルなのですが、よりリベラルなのはどちらか?
と問われれば、サンダース氏のほうが間違いなく、
「よりリベラル」と判断されるでしょうし、
遅れてきた新人的なサンダース氏は好まれるのではないか
という気がしなくもありません。

私は社会主義は肯定しませんが、サンダース氏の地味な服装、
安そうな着古した感じのスーツが主張と生き方の一致を見せて
いるように見えて、私のサンダース氏に対する印象も悪くありません。

サンダース氏のHPも作りが素人っぽく、その手作り感がここまで
来ると好印象です。

とは言うものの、カリフォルニア予備選が行われる日は
ニュージャージーの予備選もあり、時差の関係で
ニュージャージーの方が先に結果が出ますので、
ここでヒラリー氏が指名獲得を確実にするのではないか
との見方が強いようです。

一方、サンダース氏はそのような予想はどこ吹く風と
カリフォルニアに全力を集中する方針なのだとのこと。

指名獲得争いではヒラリー氏が勝つでしょうけれど、
カリフォルニアは西海岸の代表的な地方でサンダース氏が
勝てば、象徴的な意味を持つに違いありません。

私はもちろん日本人ですから、アメリカの大統領選挙については
遠くから眺めているしかありませんし、どちらに勝ってほしいと
いうこともありません。

ただ、当事者の心境や事情というものを推し量るとすれば、
もし、私が民主党支持者であれば、一日でも早く
ヒラリーvsサンダースを終わらせたいと願うはずです。

両者の戦いがもつれればもつれるほど、民主党の票がばらけ、
それだけトランプ氏が有利になります。

熱烈なサンダース支持の人々が心の整理をつけて、
共和党の候補に投票するよりは、ヒラリー氏でも
民主党の大統領がいいと思うようになるにはしばらく
時間がかかるでしょう。
そういう意味では、民主党としては今度の火曜日で
きれいに形をつけてしまいたいはずです。

さて、トランプ氏とヒラリー氏の対決で、どっちが
勝つか?ですけれど、民主党陣営ではある意味では
遺恨が残りそうな展開になっていますし、
ヒラリー氏本人にもメール問題など炎上のネタが
あります。

当初、大本命と見られていたヒラリー氏が不利に
なりつつあるとも見えますので、本当に選挙は
分からないものです。

一方、トランプ氏も法外な金儲けの手法が取り沙汰されたり、
今後は税金をちゃんと払っているのか?あたりで炎上含みです。

これまでトランプ氏は大金持ちだから資金はクリーンという、
斬新な存在感を見せていましたが、税金を正しく払っていなかった
ということになれば、話は全く変わってきます。

本選挙では脛に傷のあるもの同士が、どちらがよりお金に対して
ダーティーかの中傷合戦になる可能性を残しており、そういうのは
やはり、あまりいいことのようには思えません。

トランプ氏は多分、きっと、おもしろいおじさんなのだろうと
思います。そういうおもしろいおじさんが大統領になるのも
おもしろそうだと思わなくもありません。

ただ、おもしろいだけの人が大統領になっていいのか?
という疑問もありますが、そこは私は有権者じゃありませんので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください