ノモンハン事件

ノモンハン事件のこと

 1939年に起きたノモンハン事件では、ソ連軍が極東方面主力を投入したのに対し、関東軍は現地の師団だけで対応しようとしたために、現地師団は壊滅に近い打撃を受けてしまうことになりました。

 日本側は投入した飛行機の動きもよく、ソ連軍の飛行機を落としまくったほか、陸上ではそれぞれの兵士が主たる武器として火炎瓶を与えられ、それでソ連軍の戦車や装甲車を大量に破壊するという目覚ましい働きをしています。この働きそのものは正当に評価されてよいのではないかと私は思います。当時、ソ連側の司令官だったジューコフ将軍もあの時の戦いは非常に辛かったと述懐したと言います。

 かくも目覚ましい働きをしていたにも関わらず、関東軍は最終的には戦車で包囲され殲滅されるという事態に追い込まれます。当時既に関東軍本部の方では主力の投入が決まり、その準備をしていた矢先のことでした。

 この経緯から分かるのは、関東軍は当初ソ連軍の強さを過小評価し、現地の師団だけで十分対応可能、むしろ敵が逃げるのが心配なくらい、という甘い考え方を持っていたということです。これにはガダルカナル島での戦力を小出しにして勝機を逃し多くの戦死者を出したことと全く問題点が残されています。ガダルカナル島でも、敵を過小評価し、少数の兵隊が突撃すれば敵は慌てて逃げ出すという甘い妄想のもとで作戦が進められます。

 国民にはノモンハン事件のことは発表されませんでしたが、皮肉な言い方になりますけれど、それほど軍が国民からの評価を気にしていたというのは、民主主義の価値観がそれなりに広まっていたことも示されており、国民から批判されることを恐れた軍は残念なことに民主主義と報道の自由は表裏一体なのだということまでは理解できていなかった、そこまで腹をくくれていなかったところが最終的な滅亡の要因の一つと言って良いと思います。

 滅亡や崩壊は常に内側から始まると言われます。日本の陸軍もまた、その典型的な例だと個人的には思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください