国会議事堂

衆議院の解散はなかったぁぁぁっ

私は特段に自民党を支持しているわけではありませんが、
もし、私が自民党の議員であれば、今が一番の解散のしどきだと
考えるに相違ありません。

伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問と外交方面での
成果が目に見える形で現れているだけでなく、消費増増税も
延期、支持率も上々です。

更に言えば残り衆議院の任期は残り2年半とはいえ、
しばらくすれば任期満了が意識されるようになり、
追い込まれ解散の可能性がそれだけあがります。

中曽根さんの死んだふり解散がどうしてもちらついて、
やるか、やるかと思いましたが、やりませんでしたね。

もちろん、臨時国会を開いて唐突にという可能性はゼロでは
ありませんが、ここまで順風が吹いている時に敢えてそんな
非常識なことはやらないでしょう….。
読売新聞が正しかったです。

ということは即ち、衆議院はとりあえず3分の2を確実なものに
したままで、参議院で3分の2を取りに行くということですから、
今後は憲法改正を具体的な政治日程に挙げてくるということが
見えてきます。

憲法改正が良いか悪いかの議論を今ここでするつもりはないですが、
選挙特番を見るのが楽しみだった私にとってはちょっとがっかりです。

いずれにせよ、消費増税が延期されて日本経済大崩壊も延期になって
まあ、一応、めでたしでしょうか。

年内解散説はまだ生きてますので、まだ、そこはウオッチしたいところです。

写真素材ぱくたそ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください