アベノミクスを振り返る

アベノミクスが終わったわけではないですが、これまでのことを簡単に振り返ってみたいと思います。

アベノミクス三本の矢は1、金融政策 2、財政出動 3、新産業の育成でした。

 

賛否あるとは思いますが、なかなか正しい、ポイントを押さえていると言っていいと思います。

1と2はそもそも短期的な痛み止めとしての効果しか期待できません。

しかし、取り合えずのたうちまわる日本経済の痛みを緩和し、少し心にゆとりを持って競争力のある

産業を育てて長い目でその成果を期待するというのは難しい理屈をこねくり回さなくとも理にかなっている

と言えるでしょう。

 

雇用は有意に改善していることは疑いがなく、正規、非正規の議論はもちろんありますが、取り合えず、

全く職がない、収入の道が絶たれているという人の数が減ったということは評価されるべきです。

 

しかし消費税の税率が5パーセントから8パーセントに増加されたことで、消費は一機に冷え込み、

ゼロ成長、マイナスになりそうでならないような、でもトータルでみたらマイナスかも?あたりをうろうろ

しているのが現状と言えます。また、財政出動は必ずしも充分ではなく、緊縮傾向にあり、

いわば、アベノミクスは金融緩和だけでなんとか成果を得ようとしているように見えなくもありません。

 

金融緩和や財政出動はいわばテクニックの問題であり、本質的な解決はもたらしません。

しかも、痛み止め効果も消費税増税によって吹き飛んだと行って良く、アベノミクスが成功している

とはやはり言い難いかも知れません。

 

三本目の矢の産業育成ですが、TPPに乗っかって農産品を主たる産業として押し出す狙いが

あるようなのですが、アメリカではトランプ氏がTPPに反対で、ヒラリー氏もやり直すと言っています

ので、さっぱり先が見えなくなってしまいました。

 

要するに三本の矢の全ては、吹っ飛んでしまった。

期待したほどの効果は出せなかったと結論せざるを得ません。

その要因は消費税の増税なわけです。

 

消費税増税延期がほぼほぼ決まりのようですが、経済の循環を良くすると言う意味では

永久凍結か思い切って減税するのが理想的なように思います。その場合、財政出動も

しなくていいのではないか、金融緩和もそろそろ息切れですから、それにも頼らなくて

よくなるのではないかと思うのです。

 

(写真素材ぱくたそ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください