明智光秀の自分探し

明智光秀はルーツや経歴が分かったような分からないような不思議な人物で、人物評価も一定しない。本能寺の変の実行犯であることは確かだが、『信長の棺』などで描かれているように、最近は光秀の他に黒幕がいたのではないかという話が流行しており、そっちの方がおもしろいので支持が集まるという構図ができあがっていると言える。

これは、戦前に秀吉が忠臣として高く評価されていたことと関係がある。明治新政府は徳川政権の否定を徹底する必要があったため、明治維新と一切関係のない豊臣秀吉を持ち上げた物語を流布させる必要があった。私が子どものころは戦前の教育を受けた人がまだまだ世の中を仕切っていたので秀吉は立派な人説が流布しており、私も『太閤記』の子供向け版みたいなのを読んで、頭が良くて心がきれいな豊臣秀吉は立派な人だと刷り込まれていた。秀吉は織田信長と良好な人間関係を築き、家臣としても誠実に仕えていて、その誠実さはどれくらいかというと信長が死んだあとに光秀と取引せずに打ち取ったのだからこの上もなく立派な人でそりゃ天下もとるでしょう。というような感じの理解になっていたので必然的に光秀は主君を殺した挙句に自分もやられるダメなやつ説を採用することになる。

やがて時代が下り、21世紀に入ってから秀吉善人説はほぼ姿を消したように思える。光秀を倒した後の秀吉の行動は人間性を疑わざるを得ないほど冷淡で打算的であり、知れば知るほど織田政権の簒奪者だというイメージが強くなってくる。そこから光秀が悪いのではなく裏で糸を引いていたのは秀吉なのではないか、いやいや、家康でしょう、いやいや義昭でしょう、いやいや五摂家でしょうと話がいくらでも散らばって行くのである。

大学で光秀についてしゃべらなくてはいけない時、私は上に述べたような事情をふわふわと考えて、毎年視点を変えてみたり、学生へのサービスのつもりで様々な陰謀説があるという話をしたりする。で、なんとなく光秀の肖像画を見ていて、新しい視点を得た気がしたのでここに備忘のために書いておきたい。憂鬱そうな光秀の表情は自分探しをする学生にそっくりでだ。

明智光秀の憂鬱そうな表情。肖像画はその人の内面を語ることがしばしある。

私は自分探しをする学生を否定しない。大学の教師になるようなタイプは大抵自分探しに時間を浪費するからだ。大学院に行く時点で他の同年代とは違う人生を歩むことになるし、更に留学とかさせてもらったりとかするので他の同世代とは人生に対する姿勢や考え方が広がる一方だ。なので、そういう学生の気持ちは私はよく分かるつもりでいる。

それはそうとして、明智光秀の肖像画を見ていると、ああ、この表情がこの人物の人生を語っているのだなあという心境になった。写真のない時代、絵師は人物の特徴を懸命に肖像画に書き込もうとする。信長、秀吉、家康の肖像画はそれぞれの絵師がその人物の特徴を懸命にとらえて描いたものだと説明すれば分かってもらえると思う。家康と慶喜は目がなんとなく似ていると私は思うのだが、家康の絵師がその特徴をしっかりと捉えていたからだと言えるだろう。

光秀はいつ生まれたのかもあまりはっきりしないし、土岐源氏ということになっているがどんな風に育ったかもよく分からない。ある時から朝倉義景の家臣になり、ある時から足利義昭の家臣になり、ある時から信長の家臣になるという渡り歩き方をしている。深い教養で京の公家たちとも親交があったとされるが、その割に雑な人生を送っているとも言える。想像だが戦国武将は仁義がなければまかり通らない。仁義のないものは後ろから刺されて終わるはずである。光秀の渡り歩き方には仁義がない。義昭の家臣と言っても足利幕府に累代で仕えてきたとかそういうのではない。現代風に言うと大学院から東京大学なのだが、東大ブランドを使うみたいな目で見られていたに相違ないのである。そして彼の憂鬱そうな表情からは、そうでもしなければ人生を這い上がることができなかったのだという彼だけの心の中の真実も見えて来るような気がしてならない。

そう思うと、信長を殺そうという大胆な発想を持つ人間が当時いたとすれば、光秀くらいなのではないか、従って黒幕などというものは存在せず、光秀単独犯行説が実は最も正しいのではないかと最近思うようになった。このブログは私が思ったことを書くのが趣旨なので了解してもらいたい。

秀吉は臨機応変に動くことができるが、自分から大きく物事を構想して操るタイプとは言えない。深い企てを考えるタイプであるとすれば朝鮮出兵のような誇大妄想的行動は採らない。信長が死んだからいけるんじゃねと踏んだのであり、信長を殺すというようなリスクをとるタイプではない。

家康も信長を殺したかったかも知れないが、リスクをとるタイプではない。朝廷も言うまでもないがリスクはとらないし、信長が朝廷を廃止しようとしていたから背後には朝廷が動いたというのは証明できない前提を幾つも積み重ねた結果生まれてくるものなので遊びで考えるのはいいが本気で受け止めることはできない。義昭黒幕説もあるが、義昭には影響力はなかった。

光秀を現代風に表現すれば新卒であまりぱっとしない企業の総合職に滑り込み、転職を重ねて、途中は公務員をやった時期もあって、気づくとグーグルとかアップルとかアマゾンとかソフトバンクみたいな新時代の企業の役員にまで出世したような感じになるはずで、わざわざボスを倒してまで実現しなければならないことなどあるはずがない。だが、自分探しを続けていた(たとえば私もその一人であって、ここではある程度の自嘲を込めているので了解してほしい)タイプは、大胆なことをやってみたくなるのである。光秀が大胆なことをすれば自分が抱えている小さな悩みを解決できるかも知れないというリスキーな思考方法を選ぶタイプだったとすれば、それで充分に、いろいろなことの説明がつくのではないだろうか。



織田信長と豊臣秀吉



豊臣秀吉は晩年、織田信長に寝所から引きずり出されて叱責される夢を何度となく見たといいます。想像するしかありませんが、病気が重くなり自分が近い将来亡くなることへの直観、自分の死後、徳川家康に秀頼が押しつぶされるのではないかという不安、秀次とその一族郎党を殺したことへの良心の呵責などが織田信長という巨大な存在に集約されて秀吉の夢の中に出て来たのではないかという気がします。

また、織田信長暗殺秀吉黒幕説に立てば、信長を殺したのも秀吉ですから、そのことも重く彼の心にのしかかったかも知れません。明智光秀の信長殺害に関する毛利に宛てた手紙が偶然にも秀吉の陣営に届くというのも話がうますぎて、あんまり信用できません。また、近衛前久の猶子になって公卿の家柄になり関白職を手に入れるという流れを見れば、近衛前久と秀吉が密某して信長を殺したとする説も必ずしもとんでも説とも言えない気がしてきます。

信長暗殺秀吉黒幕説が仮に都市伝説のようなものだとしても、本能寺の変の後の秀吉の動きは織田政権の簒奪そのものと言ってよく、このことの事実関係に議論があるわけでもありませんし、主家がその当主が殺されて困っている時に漁夫の利を狙っていくというのは、人間的に全然信用できないということの証左でもあり、そりゃ信長に叱責される夢を見るのも無理のないことのように思えます。

『太閤記』みたいなのを読むと、秀吉が信長の草履を温めていたなどのよくできた主従関係のエピソードが描かれていて、できすぎな感が強いわけですが、太田牛一の『信長公記』では少年時代の信長は結構な悪ガキで行儀も悪く、不良仲間と肩を組んで連れ立って練り歩いていたそうですから、ヤンキーカーストの頂点に立つ信長の目からすれば、秀吉は自分の分をよくわきまえて従順なパシリだったという風な感じで
したでしょうから、使いやすかったのかも知れません。

ヤンキーカーストの世界では強い者と弱い者がはっきりと区別され、席次のようなものも明確になっており、そういうのに馴染めない人物は村八分みたいにされてしまいますので、ローンウルフを選ぶしかなく、芸術家になったり(成功するとは限らない)、坊さんになったりしたのだと思いますが、カーストの内側にいる場合は、力さえあれば逆転したい、下剋上したい、席次を上げたいと思うのが常とも言えるでしょうから、秀吉の場合は正しくその夢を実現したのだと言えますし、且つ、それによって得られる現世的な楽しみを存分に享受したとも言え、おめでとうというくらいのことを言ってあげてもいいですが、清須会議や秀次事件を見ると、「姑息」「ずるがしこい」という言葉どうしても私の頭に浮かび、利休切腹のことを考えると「小さい男」という言葉が浮かび、朝鮮出兵や天皇の北京行幸計画などについては無謀、アホ、現実認識の歪みなどを感じてしまいます。

秀吉のことをただあしざまに述べてしまっているだけになってしまった感がありますので、少しは褒めることも述べようと思いますが、彼の子飼いの家臣たちの忠誠心は非常に高いもので、そこは人の心を掴むのに長けており、この人のためなら死んでもいいという武将が何人もいたという事実は称賛されるに価することではないかと思います。石田三成と加藤清正は互いに憎み合う関係で、殺し合いにまで発展しますが、豊臣氏への忠誠という立場では同じで、関ケ原の戦いの後も豊臣秀頼がかくも大切にされて敬意を集めたのも彼らの忠誠心の高さ故という気がします。秀吉の弱点は一代で天下を獲ったために譜代の家臣がいなかったことだという指摘を読んだことがありますが、たとえば幕末では徳川の譜代大名や旗本たちは結構役立たずで、長年仕えた家臣が頼りになるとは必ずしも言えないという気もします。

やがて全部家康がもらい受けることになりますので、いろいろあってホトトギスですね。

関連記事
勅使河原宏監督『豪姫』の時間を隔てた愛
織田信長と上杉謙信
織田信長と足利義昭と武田信玄

織田信長と徳川家康

桶狭間の戦いで今川義元が戦死し、今川軍が敗走した後、今川軍の一員と見なされていた徳川家康は、本来の故郷である三河を占領し、独立を果たします。しかし、周囲には天下取りを構想するだけの力がある今川氏、戦国最強と恐れられた武田信玄がいますので、とても安心した領国経営というわけにはいきません。織田信長が同盟者として登場してくれたことは相当に心強いことであったに違いありません。

織田信長にとっても、徳川家康が今川・武田との緩衝地帯の役割を果たしてくれるため、やはり必要な同盟者であったと言えることでしょう。

ただし、対等な同盟とはほど遠く、織田信長と徳川家康はまるで主従関係があるかのように強者と弱者の色分けがはっきりとしています。しかも、信長がどこまで信頼できる同盟者だったのかというのはわりと疑問で、武田信玄が京都を目指して進軍する途中で起きた三方が原の戦いでは、信長が浅井朝倉と戦争で忙しかったというのはもちろんあったとしても、徳川家康のところには僅かな援軍しか送っておらず、果たして本気で信長は家康を助ける気があったのかという疑問すら湧いてきます。

長篠の戦い以降、武田勝頼は敗戦処理に忙しく、武田からかけられる重苦しいプレッシャーからはある程度解放されますが、徳川家康の妻と息子に武田氏との内通の疑いがかけられ、徳川家康は二人の命を差し出すことで、どうにか信長の理解を得ようと努めます。織田・徳川同盟では、徳川家康が献身的に尽くし、家康にとっては武田氏よりも織田信長の方がだんだんやっかいな疲れる存在に変わって行ったとのではないかという気もします。

徳川家康が信長を裏切ることは一度もなく、誰よりも忠実な部下だったと形容することも可能のように思いますが、本能寺の変の時、明智光秀の兵隊たちは徳川家康を殺しに行くのだと思っていたという話もあり、織田信長が同盟者をあまり大事にしていなかった、用が済めば切り捨ててしまう人だと当時の人は受け取っていたのかも知れません。武田勝頼を滅ぼした後となっては、確かに徳川家康は用済みです。

浅井長政が朝倉義景の味方をして織田信長を裏切った時、信長は唖然として浅井長政の真意を理解できなかったと言われていますが、その辺り、浅井朝倉の関係性を知っていればよく理解できることであり、むしろ信長の人間観察力は大丈夫かと言いたくなります。

いわゆる「英雄」タイプの人には良くも悪くも他人の心中を想像しない、またはできない、或いは他人の事情は無視するというタイプの人が多いのかも知れません。後醍醐天皇にもそういう一面があったように思いますし、源義経ももしかするとそうだったかも知れません。英雄タイプの人は波に乗って大きな業績を挙げることもありますが、波が引いた時は運命的な見えない力で淘汰されていく、そういうようにも思えてきます。

いずれにせよ、徳川家康は最終勝利者なわけですが、徳川家康のように他人の顔色をうかがいながら生きて来た人物が、織田信長の性格を見抜けないはずがありません。本能寺の変の徳川家康黒幕説も私はある程度説得力があるように思えます。武田勝頼が死に、上杉謙信が病没した以上、次は自分かも知れない。信長は妻と息子の仇でもある。よし、やってしまおうという動機があったとしても全く不思議ではありません。

関連記事
武田信玄と村上義清
織田信長と足利義昭と武田信玄
乃至政彦『戦国の陣形』に学ぶ

織田信長と上杉謙信



織田信長が天下人と呼ばれるような超ビッグな存在になるうんと前のこと、織田家家中の内輪の争いに勝ち抜き、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取った後、信長の主たる攻略目標として美濃を目指すようになりますが、その間、それ以外の脅威となり得る相手には確信犯的に丁寧な懐柔をしています。

武田信玄には念の入った高級な漆の箱に入れた贈り物を送り、上杉謙信に対しても大変にへりくだった手紙を送っています。信長は足利義昭や正親町天皇に対してもへりくだった書き方の手紙をよく出していますので、剛毅なイメージに反してよく言えば礼儀正しい、悪く言えば腹黒い一面も持っていたようです。自分より格下の相手、たとえば徳川家康に対しては妻と息子の命を差し出させるところまで追い詰めたりしていますので、相手が自分より強いか弱いかでの態度の変わり方の激しい人だったのかも知れません。

信長が上洛を果たした後、上杉謙信に源氏物語の屏風を贈っていますが、上杉謙信は源氏物語を愛読していたとも言われており、それが上杉謙信は女性だったとする説の根拠にされていますが、ある人はこれをして「どうだ、俺は源氏物語の舞台になった京都を獲ったぞ」というメッセージであったと解釈することもあるようです。

私はどちらかと言えば後者のように思えます。織田信長は武田信玄と上杉謙信の存在に対して強い緊張感を持っていたと言われますので、やはり「どうだ。あなたのお好きな室町幕府は私の持ち物同然で、朝廷からも頼りにされてるから、凄い絵師も雇うことができて、こういう屏風を他人にくれてやることもできるのさ」というメッセージを込めたくなるのではないかとも思えます。今言えばクレジットカードのランクを見せびらかしたりするのと同じかも知れません。そのように考えると、信長ってちょっとやなやつという気もしてきます。

さて、時が経ち、織田軍と上杉軍が北陸の手取川の戦いが行われます。織田軍は長篠の戦で圧勝した直後ですので、おそらくは意気軒高、戦う前から熱に浮かれてしまう面もあったかも知れません。「勝てる」と思い込んでいたかも知れません。

能登半島の七尾城を目指して柴田勝家が率いる織田軍が進軍しますが、織田陣営についていたはずの七尾城が上杉側に寝返っていたことをその手前の手取川を越えたところで知り、慌てて引き返そうとしますが、川は増水しており、上杉軍の追撃があって多くが溺死したといいます。火縄銃をたくさん持っていたことで長篠の戦で勝利した織田軍はこの戦いでは大雨で火縄銃が使えずに惨敗したという考えもあったようですが、最近は織田軍だけが圧倒的な火力を持っていたというわけでもないらしいというふうに歴史の解釈が変わっているようで、大雨で火縄銃が使えなかったから惨敗した説はあまり言われなくなっているようです。

織田信長は当初から上杉謙信に対してびびっていたはずですから、手取川敗戦は心理的にも相当に心理的ショックを受けたはずですし、上杉謙信が上洛の意思を持っていたことも確実視されていますので、これは結構やばい状況だったと言えると思います。

ただ、翌年に上杉謙信が脳溢血のような状態で倒れて亡くなってしまい、上杉軍は当面沈黙。信長は一息つける状況になります。晴れて安心して武田勝頼を滅ぼしますが、それから日を経ることなく本能寺の変が起きます。人生とは分からないものです。

関連記事
武田信玄と村上義清
乃至政彦『戦国の陣形』に学ぶ
勅使河原宏監督『豪姫』の時間を隔てた愛

織田信長と足利義昭と武田信玄



織田信長は1568年に足利義昭を擁立して上洛します。上洛途中、六角氏を蹴散らす程度のことはありましたが、わりと楽勝で入った感があり、入洛後の近畿平定も松永久秀が降伏したことで、一旦はいろいろ丸く収まったように見えなくもありません。

足利義昭は信長に対して「私はあなたのことを兄のように思っています」と伝え、信長も礼儀のある返信をしており、両者はwinwinの関係ですから、互いに利用しあおうというか、感情面でも仲良くしようと努力し合っていた様です。

足利義昭の心中、どの時点で信長打倒を決心したかは分かりませんが、義昭の心中としては1、自分が将軍なのに信長に頭が上がらないことの居心地が何とも悪い 2、信長のおかげで将軍になれたことは分かっている 3、一時期世話になった朝倉義景に対しては「一生見棄てない」と言って別れたのに、信長と朝倉氏の敵対は決定的で、自分が信長の世話になって京都の安全圏にいるのは罪悪感があるなどの背反する諸事情が去来したに違いありません。

ただ、信長が一向宗を弾圧し、比叡山をも攻撃したことは、信長を非難するには絶好の材料になったとも言え、そのような宗教的な事由が足利義昭の背中を押したのではないかという気がします。武田信玄が足利義昭の要請を受ける形で信長征伐に乗り出したのも、比叡山事件という当時の倫理観から見れば共通して批判の対象になる事由があったからとも言えます。

織田信長は浅井朝倉との戦争に忙しかったため、背後から武田信玄が攻め上ってくるのはいかにも都合が悪く、大変に厳しい状態に置かれつつあったと言えます。とはいえ、朝倉が早々に撤退して逆に信長に追い打ちをかけられて滅亡していますので、天祐のようなものはこの時点ではまだ信長にあったのかも知れません。

しかしながら、武田信玄は三方が原の戦いで徳川家康を惨敗させ、いよいよ織田信長と対決するという直前に病死し、武田軍は静かに甲斐へと帰って行きます。武田信玄vs織田信長の戦いが実現していればかなりのドリームマッチ、クライマックスシリーズで、実際にどっちが勝つか見てみたいという気持ちにはもちろんなりますが、あと一歩のところで実現はしませんでした。

絶妙のタイミングで武田信玄が病死したことは、織田信長の運勢の強さとしか言いようがありませんが、運が悪いのは足利義昭の方で、武田信玄が死んだことも知らずに京都で信長に反旗を翻します。信長は和平を模索し、飽くまでも足利将軍を立てようとしますが、足利義昭の方がなかなか観念せず、追放され毛利元就の世話になるという展開になります。

織田信長は旧秩序の破壊者として理解されていますが、一方では足利義昭や正親町天皇と敵対することは極力避けており、様々見方が可能ですが、天皇家を廃して自分が日本の頂点に立つということはあまり考えていなかったかも知れません。安土城には天皇の御座所も用意されていたという話で、朝廷の安土移転は考えていたかも知れないですが、天皇家存続を前提としていことの証左だと言うことも可能です。
その後、信長にとって脅威となった上杉謙信も病死し、ますますその強運ぶりに感嘆するしかありませんが、足元が掬われるようにして本能寺の変で亡くなってしまいます。命運尽きればどんなに凄い存在であってもあっけないものだなあと感想に行きついてしまいます。

関連記事
桶狭間の戦いに見る織田信長の選択と集中
乃至政彦『戦国の陣形』に学ぶ
勅使河原宏監督『豪姫』の時間を隔てた愛

桶狭間の戦いに見る織田信長の選択と集中

戦国時代、戦国大名は必ずしもいわゆる「天下」を狙って戦いを繰り返していたというわけでもないと現代では考えられています。天下を獲るというドリームよりも、現実問題として家臣により多くの恩賞を与えるために周辺の土地をじわじわと浸食していくことが最大の関心事という場合が多く、武田信玄はその代表例としてよく語られます。

日本各地でそれぞれに独立政権を営んでいたという意味では混沌として明日の見えない時代でもありますが、その中で、実際に天下に号令する意思を持って軍を動かしたわりと早期の大名として今川義元の名を挙げることができるのではないかと思います。足利将軍家の次の次の家柄で、大軍を連れて上洛するということになれば、当時の将軍足利義輝に代わり、天皇に申し出て、誰にも文句を言わせない手続きを踏んで将軍になることを狙っていたと見られます。当時は三好長慶みたいな「奸賊」が跋扈していましたから、天下を糾す的なヒロイズムもあったとしても理解できなくもありません。

1560年、諸説ありますが、今川義元は最大で4万、少な目に見積もって2万あまりの軍勢を率いて京都を目指します。太田牛一の『信長公記自』によれば今川軍は4万5千、桶狭間山に陣取り、謡と踊りに興じていたとされています。想像ですが、戦争を盛り上げる演出の一環として、山では踊り、平地では戦ったのかも知れません。神に踊りを奉納し、神通力を頼もうとしていたのかとも思えてきます。今川軍は夜を徹してずんずん進み、一方の織田信長は早朝に起き出して馬を駆け、熱田神宮についた時には主従が6騎、雑兵2百ほどと記されています。砦をまわって兵を集め、だいたい2000人で桶狭間に入ります。一般に奇襲とされていますが、今川軍の反撃も激しくばたばたと織田軍が50人ほど倒れます。300人ほどで今川軍は今川義元の輿を囲んでまもりますが、織田信長の「敵が引いたら押し、敵が押して来たら引く」戦法によって義元の廻りの人は次第に少なくなり、やがて輿を担ぐ人もいなくなり、今川義元本人が登場し、短い斬り合いの後で義元が討ち死にします。以上は太田牛一の記述に拠っています。

果たして滅亡必至だったはずの織田信長の勝因は何だったのでしょうか。各地に分散して織田領地を圧迫している今川軍を基本的に無視し、今川義元本人だけに狙いを定めるという一発勝負、一滴乾坤が功を奏したと見る他はちょっと思いつきません。そしてそれ以外の選択肢を全て捨てています。文字通り、捨てる勇気を持っていたと言えます。義元周辺以外の今川軍のことはほうっておいたのです。真珠湾攻撃の際に連合艦隊が少数精鋭の艦隊を編成したのも、同じ考えがあったに違いなく、一発目が成功したのにその後は無用に占領地を広げたことが却って負担になって日本軍の傷口を広げる結果を招いています。やはり、限られたリソースを極限まで有効に使うには、集中と選択、覚悟を持って捨てるということが必要かも知れません。その場合、自ずとチームは少数精鋭になるはずです。それからやはり、武運、天佑神助というものは私は本当にあるのではないかと考えて、ちょうど信長はそういうものを受け取ることができる時期だったということもあるのではないかなあと思います。戦国時代のようなリアルな命のやり取りの人たちが最後は目に見えない神仏にすがったというのも、私は全く無根拠のことではなくて、「運勢」でしか説明できない無数の戦いのケースがあったのを彼らが実際に見聞していたからではないかと思えます。源平の戦い源義経が屋島から平家の背後を衝いたの200騎で山を登っていますので、これもやはり少数精鋭の方が一滴乾坤の時には動きやすいということの証明かも知れません。ついでに言うと楠木正成も500人で北条軍を右往左往させますが、これも考え方としては同じだったと言えると思います。その割には織田信長は2000人で突撃していますので、むしろ数が多すぎたと言えそうな気すらしてきます。

関連記事
鎌倉防衛戦
元寇の「勝因」
乃至政彦『戦国の陣形』に学ぶ