外出中の喫煙は一切しなくなった

禁煙努力を少しづつ続けていますが、最近は外出中は一切喫煙しなくてもよくなりました。タバコとライターがポケットに入っていないことに慣れてきて、喫煙所に立ち寄りたいとも思いませんし、大学で授業をする前後もタバコの必要を感じなくなりました。

自分でもここまでこれたことには驚きです。進歩したと思い、すなおに喜びたいと思います。

問題は自宅にいるときです。自宅にいるときはどうしても気が緩んでいますし、自宅は自分の思い通りに過ごしていい場所ですから、喫煙衝動を我慢するには現状ではまだ限界を感じています。

タバコを吸いたくなったら深呼吸するか水を飲むという手段があるのですが、やはりまだ「ま、いいじゃないか」という心の声が響いてきてしまいます。それでも以前は就寝前と起床後はかなり吸いたい放題吸っていたのですが、数日前から起床後の喫煙はしなくなり、もしかしたら就寝前にリラックスしてぱーっと吸うというのも今後はなくなるかも知れません。自宅で根気が必要な作業を終えたときや食後にかなり吸いたくなり、今は我慢できずに吸ってしまっています。

ただ、タバコは一生辞められないという自己洗脳は解けつつあるように思いますから、今後は食後と作業後の喫煙衝動をいかにしてスルーするかが課題になると思います。タバコとライターは引き出しの中に入れてあって、衝動的には吸わないように工夫はしています。

アレン・カーの『禁煙セラピー』を読み、それはそれで納得できたものですから一機に量を減らすことはできましたが、まだあと一歩といったところです。喫煙の機会が極端に減りましたから、タバコを吸うとクラクラして頭痛がします。いい傾向です。以前のようにタバコを吸って気持ちが充実するということはありません。完全にタバコを吸わなくなる日は近いと信じて、取り組みたいと思います。

タバコは頭痛の原因になりますし、税金のかたまりなのです。それをしっかり自分に教え込むつもりです。タバコを吸わない方が気持ちいいのです。絶対。

タバコを吸わないと「気持ちいい」と自己洗脳する

最近はタバコをやめることばかり考えていて、どのようにすれば無理なくやめられるのかが課題になっているのですが、最終的には自分をどうやって説得できるか、というところにかかってきているように考えるようになっています。

数日前、「タバコは税金のかたまりだからな…」と思うようになり、不必要に余分な税金を払うことは頭に来ますから、タバコは税金のかたまりだと思うことは多少の効果はあるように思いました。しかし、それは喫煙することのデメリットなのであって、喫煙しないことのメリットまでは言い難し…とも思っています。金銭の面を考えれば喫煙しないことは確かにメリットなのですが、精神の面からも喫煙しないことのメリットがほしいところだなあと思っていて、なかなそこの自己説得材料を見つけることが難しいと感じていました。

で、今日なのですが、自宅で作業したりyoutubeみたりするなかで、三回くらいタバコを手に取り、「ちょっと吸わないでみよう」と思ってタバコを手放すというのをやってみたのですが、これがちょっと気持ちいいのです。「自分はタバコをそこまで必要としていない」「自分は喫煙衝動を多少スルーできる程度には強い人間だ」という自己肯定感を得られたのが大きいかも知れません。

あと、多少の矛盾をはらむのですが、脳が疲れているときにタバコを吸うと、一時的に疲労感を抑えることができますので、有効な嗜好品だということに疑いは持っていないのですが、タバコを吸わない場合もちょっと頭がすっきりするというか、それはそれでもやもやが晴れるような感覚がなくもないのです。タバコには風邪薬を飲んで風邪の症状を抑えたはいいけど、副作用で眠くなる。みたいなところがおそらくあって、タバコを吸わないでいると、喫煙のメリットは享受できない反面、副作用のようなものも絶対にないわけです。タバコを吸うとリラックスできますが、多少、頭脳がぼやっとします。頭脳をぼやっとさせて休ませるのがタバコのいいところではありますけれども、なるべく脳がぼやっとしない方がいいとも言えますし、最近は徒歩や少食、断酒などを通じて脳をしゃきっとさせることができるということへの気分の良さを知ってしまい、もっと脳をしゃきっとさせたいというようなことを追求したくなってきていますので、そうかタバコを吸わないと脳がしゃきっとするよなあ、それって気持ちいいよなあ。というようなことに気づくことができましたから、これを自分に説得材料の一つにして、自分をよく洗脳し、非喫煙者への道しるべとしたいと思います。壁には「タバコを吸わないと気持ちいい」と書いて貼ってあります。がんばります。

タバコは税金のかたまりである

現在、タバコを辞めるための理由を見つけ出しては自分を説得するということをいろいろ考えています。タバコは好きなのですが、やっぱりそろそろタバコはご時世的にやめたほうがいいだろうと思うからです。

ですが、なかなか見つかりません。一番の原因はタバコを吸うと太るという不安があって、太るくらいならタバコを吸った方がいいと思ってしまうからです。タバコのにおいはくさいという人がいますが、私はそう思わず、「良い香り」と思ってしまいます。喫煙所でもうもうと舞う副流煙も別に全然嫌だとは思いません。しかし、タバコをやめる合理的理由がほしい…そのように悶々とする中、一つ、タバコを辞めるいい理由が見つかりました。タバコは税金のかたまりだということです。原価やタバコ会社の利益、税金との割合について詳しいことは知りませんが、間違いなく、半分以上は税金で持っていかれているはずです。

生鮮食料品を買うのでさえ税金をとられる昨今、「喫煙者からはいくらでも税金とってもいいよね」という風潮には頭に来ます。きちんと納税していますから、喫煙者だからというだけで更に税金を払わなくてはいけないということは耐えがたい…と私は気づきました。

これはいい理由です。しかも法律違反するわけでもありません。そうだ、タバコは税金のかたまりなのです。喫煙者に対してのみ、不公平と思えるほどの重税が課されている。そのような差別的重税とは戦わなくてはいけない。よし、タバコを吸わないことで税金を払う金額を抑えるぞ!と私はこれから毎日唱えたいと思います。あー、やめられるのかなあ…

外出中の禁煙衝動のスルーに成功

今日は仕事がないのですが、私用で外出することになり、喫煙人生で初めて外出中一切喫煙しないというものに挑戦してみました。やってみると意外と簡単でタバコを吸いたいという衝動もほぼ起きませんでした。途中、一度カフェに入ってコーヒーを飲んだのですが、コーヒーとタバコは相性がいいもののタバコを吸いたいとは思わず、帰宅まで一切喫煙しませんでした。一か月前の私であれば絶対に考えられなかったことですから、少しずつですが、自分はタバコを吸わなくても大丈夫なのだという自信がついてきたのではないかと思います。

毎日ノルマのようにいつもの銘柄をコンビニで一箱買っていますが、若干、余り気味になってきています。いちいち一日の本数を数えるのが面倒なのでざっくりとした目安にするために毎日一箱たばこを余ってくるかどうかを試しているわけですが、今後、更に余ってくることが自分としても予想できるようになってきました。そのうち、気づいたら一日中吸ってない日がある、あー、なんだ、自分はタバコは吸わなくても平気じゃないかと思える日が来るように、一年ぐらいかけて自分を調教していこうと今は考えているところです。

以前、決心してタバコをやめたところ、激しく太ってしまい、その上、抜け毛は増える毎日がストレスに感じるという酷い目にあってしまってまた喫煙を始めたのですが、今から振り返って分析するに、タバコを突然やめたことで体が代償品を求めるようになってしまい、ついつい甘いものに頼るようになり、結果として体が糖質体質になってしまい、この体質が抜け毛につながったとド文系なりに考えています。

以上のようなことが起きてしまった背景には、自分は本当はタバコが好きで、タバコを続けたいのに、タバコを取り上げられてしまったという不満が溜まり、それを自分自身にぶつけるという自傷行為みたいな感じになっていたはずですので、今回はタバコを切り捨てるのではなく、タバコを必要としなくなる、タバコを少しずつ忘れていくというような戦略で臨んでいます。振り向いてもらえない異性を忘れる際、いっきに忘れるか少しずつ忘れていくかの違いのようなもので、私は後者が自分に向いているようです。お酒もやめてタバコもやめて、ゴルフも釣りもやらない私は何を楽しみに生きればいいのかちょっとそこがまだ見つかっていませんが、タバコはやめてしまいたいと思っていますので、当面は完全にタバコの卒業を目指したいと思います。

関連記事
読書中の喫煙衝動をスルーする
禁煙のご褒美を喫煙にしてみた結果
そろそろタバコをやめてみようか…
タバコを半日やめてみて気づいたこと

禁煙のご褒美を喫煙にしてみた結果

現在、朝最初一本目は吸わないということに挑戦していますが、朝はやっぱりいろいろ考え事をしなくてはいけないことや、起床後しばらく吸わないものの、目を覚ます必要もあって、やはり午前中には何本か吸ってしまいます。とはいえ、喫煙所を意識的にスルーしてみたり、喫煙衝動を時々我慢することによって、喫煙本数は若干下がったと感じます。喫煙してもいい時には気持ちが弛緩していますので、ついつい多めに吸ってしまい、トータルの本数はそこまでは変わりません。今はそれでもいいと思っていて、自分が長時間タバコを吸わなくても大丈夫なのだという自信を持つことを優先し、敢えてタバコを吸わない時間を作るようにしています。

で、もしタバコを辞める決心したら一生タバコが吸えなくなるという飢餓感や喪失感のようなものが生まれてしまい、よけいにタバコが欲しくなるという精神衛生上よろしくない循環に入ってしまいかねませんから、何時から何時までは絶対吸わないとか、出かけている途中は絶対吸わない(仕事を除く)とかのルールを取り入れようと考えていまして、予定通り我慢できたらご褒美にタバコを吸っていいとしてみたらどうなるだろうかとも思ったわけです。今日、大量量販店にいろいろ買いに行き喫煙所もスルーして一本もたばこを吸わずに帰宅しました。当該の量販店に行って喫煙所をスルーしたのは初めてのことです。

帰宅後も別にタバコを吸いたいとは思わなかったのですが、タバコを吸ってはいけないシチュエーションでご褒美のシチュエーションに入ったわけですから、自分で自分を欺くのもよろしくありませんので、ありがたく一本吸ってみることにしました。まずいとは思いませんでしたが、おいしくもなんともありませんでした。味のないガムのような感じでしょうか。クラクラとはしませんでしたが、こんな味のないものを吸っていても意味がない、タバコを持っている手が疲れる。といったようなことを感じました。

お酒をやめた後、タバコはむしろ以前よりもおいしく感じるようになり大切に根本まで吸うようになっていて、ああ、断酒したらタバコがおいしいなあくらいに思っていましたから、ささやかながら大きな変化です。想像ですが、体内のニコチン濃度がある一定の量ある場合、時間とともにニコチンの量が下がってくるのを補給する時にはタバコがおいしいと思う反面、ニコチン濃度がどこかの閾値よりも下がってしまってしまった場合、タバコがおいしいとは思わないものなのかも知れません。今、タバコを吸いたいと言う衝動が来ていますが、一日何回か、自宅での喫煙衝動をスルーするの一環として吸わずにいます。ゆるやかに、ゆるやかにですが、こんな風なことを続けて、ブログに書いたりしているうちに、自然とタバコが必要だと思わなくなるようになればいいなあと思っている次第です。

関連記事
そろそろタバコをやめてみようか…
タバコを半日やめてみて気づいたこと

読書中の喫煙衝動をスルーする

無理のない禁煙を目指しつつ、少しずつ喫煙チャンスを減らしていこうと考えているところなのですが、現在、外出中の喫煙所一つスルーは無理なくできており、自宅にいるときも何回か喫煙衝動をスルーすることができるようになってきており、まあ、少しは効果があるかなあと思っているところです。

で、気づいたのですが、私は読書中に全然タバコを吸わないという事実でした。あんまり長く読むともちろんタバコを吸いたくなるのですが、隙間時間の短時間の読書中は喫煙したいと思いませんし、自宅で読書をしている時も喫煙を忘れています。これは我ながらなかなかいい、おつな発見です。

自宅では、ついつい「他人に文句を言わせない自分の聖域」という考え方になってしまい、タバコを吸いたくなるとスルーするのが難しくなってしまうのですが、読書中タバコを吸いたいと思わないということに気づいた以上、休日など自宅で過ごす際に読書時間を増やせばある程度、喫煙欲求が抑制されるという帰結になります。読書はその行為そのものが脳にいいというド文系の私なりに仮説を立てているのですが、本は有料ですから、得られる情報の量も濃厚なものが多いです(はずれもありますが…)。と考えると、今まで以上に読書に勤しむことで、喫煙欲求は制御できる上にインプットの質と量も上がるという一石二鳥の効果が狙えるとも思えてきました。現在、自己洗脳中です^^。

お酒を飲まなくなったので、飲酒中にタバコが吸いたくなるということがありません。これは我ながらヒットです。

一番難しいのはPCに向かっている時で、PCでは仕事もしますから、PCに向き合いつつタバコを吸うというのが条件反射になっており、他にもyoutubeを視聴する時のような休憩中も自然とタバコに手が伸びます。PCで仕事をする時にタバコを吸わないというのは、まだ私にとってはハードルが高い(頭脳を使う時はタバコがほしくなりやすい)のですが、youtube視聴中の時や、ネットで適当に検索をして時間を潰すような時に喫煙欲求をスルーできることが次の目標ではないかと考えています。

大学で授業をする直前の時間と直後はどうしてもタバコを吸ってしまいます。授業する目は精神統一のために喫煙し、授業後は頭の中がグルグルしていますので、リラックスするために今はタバコを必要としています。おそらく授業前後が最後の関門になると思いますが、自分にはタバコは必要ないと信じることができるようにすることで、少しずつタバコを減らしてその生活に慣れてゆき、その関門も突破したいと思います。

関連記事
依存を排除して成功する

自宅での喫煙衝動も時々スルーしてみる

現在、無理のない禁煙に挑戦中です。以前やめたときは20キロ太って抜け毛が増えたために、これではデメリットの方が大きすぎると思い喫煙を再開しました。ですので今回は「無理のない」を絶対条件にしています。

喫煙は現状では習慣化されているわけですから、当然タバコは吸いたくなります。外に出たときは一回だけ喫煙所をスルーするルールを試しているところですが、自宅は他人にとやかく言われる筋合いはありませんから、いくら吸おうと私の自由です。喫煙者にとって自宅は聖域とすら言うことができるかも知れません。で、その聖域での喫煙習慣が最終的には消えていかない限り、タバコを辞めることはできません。そこで、自宅で時々でいいので喫煙衝動が起きた際に敢えてスルーするというのを始めてみようと思ったわけです。

次第に慣れてくれば、自分にはタバコはそんなに必要ないと脳が感じるようになり始め、やがて別に吸っても吸わなくてもどちらでもいいと思うようになり始め、やがて自分には必要ない、と感じるようになれば、タバコはお金がかかるし社会的圧力も強いから、もう吸わなくていいやとなるというのをロードマップとして描いています。このロードマップは突然頭に浮かんだというよりは最近になって禁煙を真面目に考えるようになり、できることから始めようとしてからだんだん思い浮かんできたものですから、何事もまずは少しでいいのでやってみるという好例かも知れません。

今はお酒もやめてエッチな動画や画像も検索しなくなっているので、おそらくは脳のストレス耐性が上がっており、タバコをちょっとぐらい我慢する程度のことなら、さほど苦痛ではなくなってきたというのも大きいと思います。依存症はやめやすいものからやめていき、一番やめにくいのを最後の挑戦にするというのは鉄板ルールと言えるかも知れません。

タバコを吸う量は若干減ったように思わなくもないですが、それでも現状では一日一箱買っています。タバコが切れる恐怖心や渇望感を持たないようにするためです。エッチなDVDや雑誌は「もう見ない」と決めてからも棄てていないのですが、自分にとって必要ないと思うと改めて開きたいとは全然思いません。タバコもおそらく同じようなもので、これは私の場合ということですが、タバコが自分に必要ないと納得すれば、タバコの山が目の前にあろうとも吸いたいとは思わないだろうという戦略です。以前は禁煙するには、覚悟を決めて灰皿もライターも棄てなくてはいけないと考えていたのですが、渇望感が増すばかりで精神衛生上よくありません。それよりもタバコが自宅にいっぱいあって(吸うペースが下がっても買うペースが一定なら、必然的に自宅にあるタバコの量は増えていく)、タバコに充分囲まれているという安心感からタバコを手放すという心理的な手順を踏めるのではないかと今は思います。

一度でも喫煙衝動をスルーすることができれば、「あ、大したことないな」と思えるということが分かってきましたから、少しずつ喫煙衝動をスルーする機会を増やしていきたいと思います。

関連記事
タバコを半日やめてみて気づいたこと

喫煙所を一か所だけスルーしてみる

私は大体一日ひと箱吸うのですが、社会的圧力が強いので近い将来タバコはやめなくてはいけないと思っています。お酒は簡単にやめられましたし、エッチな動画や画像を検索するのも簡単にやめられたのですが、禁煙のハードルは高く、半日タバコを吸わないだけでもかなり消耗します。「自分がタバコを必要としている」という思い込みさえなくせばやめられると言う推論を立て、どのようにして自分に学習させていくかが課題になっています。

朝最初の一本を吸わないというのは減煙にはある程度の効果があると思いますから、今、それを実践中ですが、それにプラスして生活空間で出会う喫煙所を一か所だけスルーするというのも始めてみることにしました。

私は禁煙スペースではもちろんタバコを吸いませんから、日常生活での吸う場所は自宅か職場までにある喫煙所と職場にある二か所の喫煙所に限定されています。フルで吸う時は自宅で吸った後、途中の喫煙所で吸い、続いて職場で吸い、場合には喫煙所でコーヒーを飲みながら至福の時間を過ごす、または考え事をする時間に充てるわけですが、そのうち一か所でいいのでスルーするというのを取り入れてみようと思うわけです。というか昨日からそれを始めてみました。仕事の流れの関係で結果としては二度喫煙チャンスを失ったので、当初の計画よりもタバコの量を減らすことができたと考えることもできます。

しばらくは一日に一度は喫煙チャンスを棄てるという行動によって、自分に大してタバコは必要ない、タバコはなくても大丈夫なんだと理解させる自己教育をするつもりです。私の性格は自分でよく分かっているつもりなので、タバコが必要ないと納得すればタバコを見ても吸いたいとは思わないはずです。お酒をやめた後、コンビニでお酒を見てもほしいとは思いませんから、同じような感じになることを目指したいと思います。自宅の灰皿は机の上に置いてありますし、タバコも切らさないようにしています。タバコがないことへの飢餓感を持つことの方が禁煙にはよくありません。今はわりとストイックモードに自分のマインドがセットされていますので、もしかするとだんだん量が減っていき、そのうちタバコのことを忘れてしまうかも知れません(願望)。