小池百合子と石破茂と小沢一郎と渡辺美智雄と加藤紘一

2017年秋の選挙期間に突入しましたから、選挙で苦労している人に対して申し訳ないので、揶揄するでもなく、嘲笑するでもなく、真面目に小池百合子と石破茂と小沢一郎と渡辺美智雄と加藤紘一という題で考えたいと思います。

小池百合子さんは選挙後に石破茂さんの首班指名を模索したとの話が飛び交っています。私がもし石破茂さんと親しい関係であれば、断るように進言すると思いますし、多分、石破さんサイドは断っていると思います。自民党でもうあとひきなんだけれど首相になれないという人を引き抜こうとした例としてぱっと思い出すのが小沢一郎さんが渡辺美智雄さんを引き抜こうとした時のことです。一時期、渡辺美智雄さんは乗り気だったようなのですが、小沢さんとの会談予定の前日、眠れないために睡眠薬を使用した渡辺さんが朝起きれずに会談に遅刻。小沢一郎さんは予定通りに現れないのならそれまでよとピーターパンのステージを見に行ったということがありました。

小沢一郎としては渡辺派の人数が欲しかったし、渡辺美智雄さんとしては、自民党を割って出てでも首相になりたい、健康状態がよくないので今しかないという追い詰められた状態でしたが、互いに利害は一致していたとも言えます。しかし、小沢一郎がピーターパンを優先したことや、渡辺派からついてくる議員があまり多くないということで、相互の関係がぎくしゃくし始め、渡辺さんも意欲をなくし、この話はお流れになったと記憶しています。

小池百合子さんは石破茂さんに同じ手口で仕掛けたということになりますが、最近の小池さんは策士策に溺れる感が強く、今回の選挙では希望の党は必ずしも有利とも言えないようです。

さて、首相になりたくて反乱を起こした人物と言えば加藤紘一さんです。森喜朗首相の不信任決議案に賛成する構えを見せ、加藤紘一待望論が出たらそこに乗るようにして首相になるつもりだったのが、果たせませんでした。涙を拭おうともせずに自派の議員たちに敗北を告げる場面は今も鮮やかに脳裡に浮かびます。この時、「あんたが大将なんだから、あんたが行けと行けばみんな行くんだ」と励ましたのが谷垣禎一さんでした。

日本の議会制民主主義でやっかいなところは、建前では政策を同じくするものが集まって政党を作ることになっていながら、現実には権力を得るための合従連衡、個利個略が優先されてしまうことです。加藤紘一さん、渡辺美智雄さんにはある種の悲劇性がありましたが、それも政策よりも権力を優先しようとしたからとも言えます。いっそのこと党議拘束というのをなくしてしまえば、そのような悲劇も少しは減るのではないかという気がします。

東京都議会選挙は都民ファーストの会が圧勝するような気がする(予測)

ただいま、2017年の6月30日です。7月2日の東京都議会選挙の投票日まであと2日となりました。

選挙で苦労している人たちに対して申し訳ないので、あんまり辛辣な書き方や上から目線な書き方は避けたいと思いますが、なんとなく、都民ファーストの会が圧勝するような気がします。どこかのメディアがそう言っているとか、そういうことではなくて、なんとなくそう感じるのです。

というのも、私自身が都内を歩くときに街宣車が通ることに気づくと、つい「あ、都民ファーストの会かな」ということがふと頭に浮かぶのです。おそらく私だけではなく、多くの人が同じ感覚を持つのではないでしょうか。私個人が小池百合子さんを応援しているとか、していないとかいうのは関係ありません。選挙についてブログで書く以上、不公平なことはしてはいけないと思いますので、敢えてどこかに肩入れするようなことは避けたいという思いもあります。ただ、「あ、都民ファーストかな」という感覚をつい抱いてしまうということは、都民ファーストの会に対して興味津々で、応援したいかどうかは関係なく、印象がめちゃめちゃ強いということだけは確かと思えますし、強く印象に残っているということは投票行動にも影響するのではと思えます。

東京都知事選挙では小池百合子さんが勝つだろうと予想し、そのことについては個人的な満足はあるのですが、イギリスのEU離脱については予想を外し、トランプ大統領の誕生の件でも予想を外していますので、今回も戯言の範囲にはなってしまいますが、まあ、一応、予測して、近く結果が出ますから、予測を当てたか外したかを確かめたいと思います。

広告



広告

安倍首相は現段階で解散を打ちたくても打てないように見える件

政治的なイベント、または外交的なイベントがあれば、すぐに解散説が出てきます。たとえば、森友学園問題では、証人喚問の終わり、出るべき話はだいたい出尽くした感があり、これを境に解散か?というような観測もなかったわけではありません。内閣支持率は概ね好調で、森友学園問題で騒ぎになってからは少しは下がりましたが、現状では回復が見られます。尤も、森友以前までほどには回復していませんから、同じやるなら今の時期は外してもう少し様子が見たいというところはあるはずです。

外交で得点して解散への流れを作りたいと安倍首相が考えていたことはまず間違いないと思いますが、プーチン訪日は実際的には空振りみたいなもので、北方領土で一機にという感じではなくなってきました。また、北朝鮮で開戦前夜(?)の空気が漂う現在、邦人保護の観点からみても米韓合同軍事演習が終わるまではとても解散している場合ではありません。外交的にはこつこつと小さく積み重ねてきた点は正当に評価されるべきと思いますから、概ね高い支持率はそのことも反映しているかも知れないですが、前回のように大きく勝てるという見込みが立つほどの感じでもなし…。というところではないかと思えます。

経済に関しては、金融緩和がそれなりに効果を上げていると思える一方で、日銀頼みの感が強く、もう一歩、抜け切れていない様子であり、失業率が史上最低レベルにまで下がったという事実は正当に評価されるべきと思いますが、21世紀バブル、21世紀元禄という感じにはほど遠く、長い目で見ると悲観したくなる材料が山積みですので、選挙で大勝利の確信を立てられるところまで来ているとも言い難いところがあります。個人消費は伸びておらず、明らかに消費税の増税の影響を引きずっていると思えますから、長い目で見るとずるずると衰退していきそうにも思えてしまい、なんとかしてくれ…。とついつい思ってしまいます。せめて東芝が救済されれば、ちょっとは明るいニュースになるようにも思うのですが、外資に買われる可能性の方が高いように思え、どうしてもぱっとした感じにはなりません。リフレ派の論客の片岡剛士さんが日銀の審査委員に就任する見込みですので、黒田総裁就任以降のリフレ政策は維持される、或いは更に深堀りしていくことが予想できますが、日銀頼みになってしまっているところが軛のようになっているとも思えますから、もう少し明るい材料がほしいところです。

しかし、安倍さんが憂慮する最大の要因は自民党の若手の議員の人たちが枕を並べて討ち死にする可能性が高いというところにあるそうです。確かに育児休暇をとると言っておきながら、不倫をしていた国会議員、重婚疑惑の国会議員など、たるんだ感じのスキャンダルが多く、20世紀型の大金を集めていたとかの話に比べれば小粒なスキャンダルとも言えますが、小粒なのに品がないという関係者であれば絶望したくなるような話題が目立っており、党の執行部であれば「このメンバーでは戦えない。外交で得点して何とか、粗を隠せないか…」という心境になるのではないかと想像できます。

2017年秋の解散説がありましたが、最近では2018年解散説まで出ています。勝てる目算が立つまではぎりぎりまで待つというわけです。追い込まれ解散になる可能性もあるけれど、それまでにいいニュースを発信できるかどうかということに賭るということらしいです。

自民党の支持率は4割近くあり、小選挙区中心の日本の選挙制度から考えれば上々と言えますし、民進党の支持率は全く上がらないというか、下がり気味であり、通常であれば自民党は楽勝とも言えますが、最近は当日になって誰に投票するかを決める人も多く、そのあたりの有権者の気まぐれの恐ろしさをよく知っているからこそ、メンバーのたるみを危惧していると言えそうです。小池百合子さんが手駒をどれくらい揃えてくるかによって今後の流れは変わってきますから、そういう意味では東京都議会選挙には注目せざるを得ません。ただし、小池さんは最終的には自民党と組む形で、細川護熙さんの時のように、少数与党ながら首班指名を勝ち取るというあたりを狙っていると思われるものの、自民党は正解遊泳型の政治家を絶対に認めないという空気も持っていますので、そのようなある種の伝統を小池さんが打ち破るかどうかは見届けたいところです。豊洲移転問題のもたつき、東京オリンピックの準備のもたつきが指摘される中、小池さんの演説力で乗り越えるのかどうかは日本の政治の将来を占う重要な材料になるように思えます。

最後に、安倍さんにとって恐るべしは小沢一郎さんかも知れません。前回の衆議院選挙でも、東北地方では自民圧勝という結果を得ることができず、小沢一郎王国が奥州藤原氏の如き強靭さを持っていることをうかがい知ることができましたが、解散時期が遅くなればなるほど、小沢さんに合従連衡の時間を与えることになります。小沢さんは党名を自由党というかつての政党名に戻しており、そこに心境の変化、心構えを見ることができます。

安倍さんとしては憲法改正可能な議席を維持したいという思いがあるでしょうけれど、上に述べたような各種不安要素を並べてみると、次も前回と同じだけの議席を確保できる見通しは必ずしも高いわけではなく、仮に現状に大きな変化が生まれないまま解散総選挙ということになれば、憲法改正はあきらめざるを得ないという結論にも至りかねません。私個人は無理をして憲法改正をする必要はないと思っていますから、3分の2以上の議席をとれるかどうかにはあまり関心はないのですが、憲法よりもまずは経済で、消費税の据え置き、できれば減税、可能なら撤廃(日本は一挙にバブル期なみの好況に恵まれることになると思います)で選挙をやってもらえないものだろうかと願う次第です。

スポンサーリンク


小池新党の戦略を推察する

小池新党が話題になっています。今年の東京都知事選挙に40人候補者を立てるという話がある一方で、正式な発表なまで憶測があちこちで飛び交っているという話もあります。小池さんは今、いろいろな意味で候補者と選挙区を慎重に選んでいるはずです。

まず最初に、小池百合子さんは今、なんと言っても自分の手勢を必要としています。橋下徹さんがあれほど注目を浴びたのも、維新という独自の集団があったからで、もし与党相乗り的なところに乗っかっただけだったとすれば、今では過去の人になっているはずです。

そういう意味ではまず第一に、手勢確保という意味で、とにもかくにも当選者をたくさん出さなくてはいけません。

難しい点は、都議会では公明党などが小池さんを支持してるため、公明党と競り合うような候補の立て方は厳しいということ、その他、民主党など、今後、連携できる可能性のある政党とは競り合いたくないという面がある一方で、小池さんは自民党とも実は決定的な対立を避けたいと思っているに違いないという点です。

小池百合子さんの将来ビジョンはやがて国政に復帰し総理大臣の座を狙うというものに違いなく、過去の非自民政権がずだぼろになっていったということを考えれば、自民党員として首相になる、または自民との連立で首相を目指すというのが妥当な線だと言っていいと思います。

そのため、都議会選挙で自民党と競り合いになる選挙区が出てくることはやむを得ないにせよ、決定的に双方が感情的に受け入れることができないような選挙戦はやりたくないはずです。

小池さんが現在も自民党に党籍を残している理由は以上のような点があるからに違いなく、小沢一郎さんや加藤紘一さんのようにその時は注目を浴びても結局は放浪政治家になったり落選したりしている様を考えれば、自民党は権力保持の脅威になる人物は決してそのままにはしておかないということがありますから、そうはならないようにという慎重さが必要だと小池さんご本人もよくよく察しているのではないかと思います。

仮に都議会選挙での立候補者が40人だとして、おそらくは少数精鋭全員当選を目指す布陣で行くでしょうから、もし40人全員が当選したとしても過半数に届かない半端な数字です。どこかと組まなくてはいけませんし、まず組む相手としては公明党が念頭にあるには違いありません。自民党は公明党の協力がなくては国政選挙がやれませんので、小池さんが都議会で公明党と握手し続ける限り、小池さんと決定的に敵対することはできないという読みも働いているかも知れません。

私が個人的に小池百合子さんに肩入れする理由はありませんが、もし自分が小池さんだったらどう動くかと考えた場合、やはりなんのかんの言って数が力になります。竹下登さんも手勢を大勢持っていたからこそ総理大臣になれたのです。小泉純一郎さんみたいに派閥の足し算で首相になるというのはちょっとレアなケースではないかとも思えます。とすれば、取り合えずは小池新党で何がどうであれ、誰がどうであれ、必勝を期す以外にはなく、そのためにはあんまり「ここに立てると〇〇党が…」と考えるのはもしかするとあまりベストな思考法ではないかも知れません。

築地の豊洲移転の話と東京五輪に関わる頭の黒い〇〇〇の話は若干賞味期限が切れている気もしなくはありませんし、前回の都知事選挙では既存のものを批判することができましたが、今度は自分が権力の側に立っての選挙です。どういう風になるか、見届けたいと思います。

スポンサーリンク