第二次大隈重信内閣

徳川家達が首相を辞退し、清浦奎吾が組閣に失敗し、元老会議でしぶしぶ指名されたのが、既に政界を引退していた早稲田大学総長の大隈重信です。

この内閣が仕事をしている時に、第一次世界大戦が勃発すると、大隈重信はドイツに最後通牒を送りつけ、一週間返答がなかったことを確認し、日英同盟に基づいて参戦を決心します。この決定の時、御前会議は開かず、軍にも折衝せず、議会の承認も取り付けようとしなかったことが後に批判されます。

御前会議で天皇の意思が示されることは通常なく、会議のシナリオまで決まった通過儀礼のようなものですが、その会議のシナリオを作る上で御前会議参加者との折衝が行われ、意思疎通を図り、コンセンサスを形成していくという役割が合ったように思えますので、御前会議を開かなかったというのは、天皇軽視というよりは、独断でなんでも推し進めようとする大隈重信の性格が現れていたと理解することも可能ではないかという気がします。

日本とイギリスはドイツが権益を持青島と膠州湾を攻略しが他、ドイツの領有する南太平洋の島々も攻略し、同地のドイツ艦隊は日本との決戦を避けて東太平洋に脱出していることもあって、ほとんど損害を出すことなく勝利しています。日本の連合艦隊が日露戦争後にも強化され、世界的にも最強クラスのものになっていたことが分かります。

ヨーロッパ戦線への日本軍の派遣が要請されますが、これは拒否。海軍は護送や救援のための艦隊をヨーロッパに派遣し、高く評価されたと言います。もし、陸軍もヨーロッパに派遣していたならば、第一次世界大戦後の世界ではヨーロッパ諸国は日本に頭が上がらないところがあったでしょうから、その後の歴史も変わったのではないかとついつい考えてしまいます。まさか、日本がヨーロッパで利権を握ってどうのこうのとは思いませんが、少なくとも恩人扱いされて、その後の日本と欧米との付き合い方に大きな違いが出たように思え、それはその後の満州事変問題で日本が国際連盟を脱退するという馬鹿げた外交戦略に走ることを予防できたかも知れないとも思えてしまいます。

大隈重信は積極外交路線の人というか、過去に英国公使ハリー・パークスを論破したという伝説もあり、第一次大隈重信内閣の時は、アメリカのハワイ合併に最後通牒かと見まごうようなメッセージを送ったりしていた人ですが、中国に対しても強気で対華21か条の要求を出します。日本側が特に気にしていたのは大連周辺の租借期間の延長と、外地での邦人保護でしたが、日本人顧問を中国政府に受け入れせると言う、通常では考えられないような項目も入っていましたので、少なくともその項目はやりすぎだったのではないかと私は思います。

戦勝宰相とも言えますが、対華21か条問題で西園寺が大隈を白眼視するようになり、予算を巡って貴族院との対立も生じ、大隈重信内閣は総辞職します。大隈重信は次の首相に加藤高明を推しますが、元老会議は寺内正毅を推し、大正天皇が寺内正毅の方を支持するという形で決着します。当時の日本政治の頂点は首相ではなく元老であったということがよく分かる一幕だったと言えるかも知れません。

スポンサーリンク

関連記事
第一次山本権兵衛内閣
第三次桂太郎内閣
第二次西園寺望内閣

第一次大隈重信内閣

第一次大隈重信内閣は議会が騒ぎに騒ぎ立てて明治政府から妥協を引き出して成立した内閣と言えます。

ただし、日本の憲政史上初の政党内閣と位置付けられることに意義を見出すこともできますし、初の非薩長内閣という意味でも評価できるかも知れません。非薩長で冷遇されていた人たちは喝采したかも知れません。

しかしながら、政党内での足の引きずり合いに忙しく、目ぼしい成果を挙げることのないままこの内閣は短命で終わってしまいます。大隈重信の進歩党と板垣退助の自由党が合併して憲政党という巨大な政党をいったんは作り上げますが、主としてポスト争いが要因となって旧進歩系と旧自由系の間で亀裂が生じます。首相の大隈系より内相の板垣系の方が人数が多いので、板垣系は現代風に言えば与党内野党で、大隈はいきなり少数派閥の領袖みたいな感じになっていきます。なんだか今とあんまり変わらない感じです。

「おしとおる」のニックネームを持つ星亨が外相のポストを得られなかったことで大隈重信を降ろしにかかります。尾崎行雄が「日本がもし共和政治の国になってもアメリカみたいに人徳のある人が大統領になるのではなく、どのみち財閥の大金持ちが大統領になるだろう」とおそらくはリンカーンを念頭に置いた演説をしたことが「不敬になる」という言葉の綾的な揚げ足取り的批判を浴び、尾崎行雄が文相を辞任。星亨が憲政党の分裂工作に走ることで、こりゃもうだめだと数か月で大隈重信内閣は瓦解します。

権謀術策と金権とポスト争いという見事なまでに悪い部分がばーっと見えて来る歴史の一場面とも言えますが、なんとなく星亨が小沢一郎さんに見えてきます。

この辺りまでの経験から、議会が政権の味方をしなければ政策は通らない、即ち議会がどうであろうと内閣は内閣だとする超然主義は通用しないということが分かってきたことにより、事実上首相の指名権を持つ元老は議会の第一党の党首を自動的に首相に推薦するという「憲政の常道」が確立していくことになりますが、議会政治はその後も権謀術策の歴史が続きますので、憲政の常道を始めた当の本人である西園寺公望が後には議会の工作に嫌気がさして議会人以外を首相に指名するようになり、憲政の常道は概念としては今も生きているとは言えますが、実質的に有効に運用された期間はそんなに長くはありませんでした。

確かに書いていてもうんざりしてしまいそうな展開だったわけですが、大隈内閣の次に誕生した第二次山県有朋内閣では、再び超然内閣を目指します。それを山県有朋の個人的な権力に対する意見や感じ方、性格などの面から説明することも可能でしょうし、実際に政党政治家に政治をやらせてみたらうまくいかないということが証明されたことで、その反動が起きたと説明することも可能かも知れません。

広告



広告

関連記事
第三次伊藤博文内閣
第二次松方正義内閣
第二次伊藤博文内閣

第二次松方正義内閣

松方正義という人はどったんばったん騒ぎの渦中の人物になりやすい体質を持っていたのではないかと私は思っています。第二次松方正義内閣もやはりどたばたの大騒ぎです。

当時は政府も黒田清隆的超然内閣主義は無理らしいということに気づくようになっており、観念したというか、やむを得ずというか議会の協力を得るために進歩党の大隈重信を入閣させます。松方正義が財政規律派だったのに対して大隈重信は積極財政派だったため、財政論に於いては正反対の論敵でしたが、ここは政権運営のために涙をのんだと言えなくもありません。民主主義という観点から言えば、議会の人を閣内に入れるというのはより望ましいことだとも言えると思います。

論敵を閣内に入れたとはいえ、松方はヨーロッパ留学で得た金融知識を活かし、日本銀行の設立と金本位制の導入に漕ぎつけます。政府から独立した中央銀行が円を発行する上に金の保有量という縛りがありますので、財政規律派の目から見れば大変に結構なことと言えたかも知れないですが、結果としては日本はデフレの嵐に陥り、不況が続いて失業や悪条件労働などの問題が膨らんでいきます。資本家と労働者という近代的な階層の分裂が起き、日本で社会主義が流行する下地を作る時代になったと見ることができるかも知れません。

近代の資本主義社会は原則的にインフレを志向せざるを得ませんので、どんなに緊縮財政をしたところで必ずお金が足りなくなっていきます。松方は財政規律派らしく不況であろうと何であろうと増税で突き進もうとし、大隈たちの進歩党とぶつかります。内閣不信任決議案が提出され進歩党が賛成の気配を見せたところで松方は自ら衆議院を解散します。

宮澤喜一内閣不信任決議案の時は加藤紘一さんの発案で敢えて先に解散せずに不信任決議案の採決をしたわけですが、松方正義的に先に解散をうつのとどっちの方がメンツが立つのか、心理的な衝撃が少ないのかは当事者でなければ何とも言えない複雑なものがあるのかも知れません。宮澤喜一内閣の時の場合は、小沢一郎さんたちに不信任決議案に賛成票を入れるという見せ場を与えたという意味では、自民党が野党に転落したターニングポイントになったとも言えますし、小沢一郎さんに焦点を当てるとすれば、勢いのまま離党してしまって以来、長い長い流離譚を送っているように見えなくもありません。

松方正義は自分で衆議院を解散したにもかかわらず、その日に辞任します。解散はしたものの…この先いったいどうすればいいのか分からなくなったというか、当事者能力を失ってしまったことを認めたというべきなのかも知れません。薩長藩閥の中で特にどたばた感の強い人ですが、一緒にお酒をのんだら案外楽しい人だったりするかも知れません。この前代未聞の事態は伊藤博文が三度目の組閣を行って収集を図っていくことになります。


関連記事
第三次伊藤博文内閣