台湾近現代史18 台湾売却論と内地主義

1895年、下関条約とその後に続く台湾民主国平定戦を経て、日本は台湾を名実ともにその施政権下におくことになります。しかし、当初想定していたようなはかばかしい成果を得ることは簡単なことではありませんでした。

樺山資紀が台湾平定戦を終えると初代台湾総督の座を退き、乃木希典が二代目の総督に任命されますが、どうもあまり政治や行政に関する理解に乏しかったらしく、何をどうしていいかよくわからないという感じだったようで、早々に退任願いを出しています。

当初、原敬などは台湾統治に対しては内地主義を主張しており、これは要するに台湾の法体系を日本国内のそれと同じものにするべきだという考えで、そこには差別なき平等な社会という理念もあったのですが、いろいろな意味でうまくいきません。簡単に言えば台湾で暮らす人々の習慣や価値観と急速に西洋化した日本の法体系が合うかどうかという問題もありましたが、仮に完全に内地と同じという方針で行くとすれば、税金や徴兵の制度も同じにするのか、では参政権はどうなのかというちょっとややこしいこともいろいろ出てきます。

世界の例をとってみるとフランスは言わば内地主義で、世界中どこであろうとフランス革命の理念の恩恵を施す一方という建前で推していたわけですが、イギリスの場合は逆で現地主義で行きます。それぞれの土地の事情に合わせ、支配地の法律上の立場も直轄領、自治領、保護国など様々な名称を使い分けています。日本は当初フランス式でやろうとしたわけです。

乃木希典が全然仕事ができなかったことで、日本人はわりとすぐに結論を出したがるところがあるように私には思えるのですが、先を思いやられる台湾経営は諦めてフランスに一億元で売却してはどうかという議論が沸き起こってきます。帝国議会でもそういう発言があったようですが、どうも当時の新聞の方が熱心だったかも知れません。日清戦争で得た巨額の賠償金で日本は産業革命を促進していくことができたわけですが、お金の魅力にまいってしまっているところがあり、もちろんお金は魅力的ですが、ちょっと執着が強くなっている様子で、金だ。金だ。みたいな世論が生まれてきます。日露戦争で賠償金をとれなかったことで日比谷焼き討ち事件にまで発展したのは、以上のような流れがあったからとも言えるかも知れません。

日本の世論が台湾売却論で湧いていると知った台湾・厦門の資産家たちは数千万円の資金を集めて自分たちで台湾を買い取ろうという運動を始めたと言います。彼らの動きはなかなか合理的だと感心しますが、おそらくはそういう動きを受けて日本側が冷却水を浴びせられたようになり、まじめに台湾経営に取り組もうという流れが出て来たかのようにも思えます。

乃木希典が退いて児玉源太郎が第三代台湾総督に選ばれますが、彼は後藤新平を民生長官に任命し、そういったごたごたしたことを何とかするように命じられます。後藤新平は現地の諸事情をかなり細かく調べた結果、土地に合った法と行政の仕組みを用いるのがよりよいとの結論に達し、そういう方向で進められていきます。台湾日日新聞に日本語だけでなく漢文のページも入っていたというあたりにも、ある種の配慮が感じられます。

こうした台湾は50年近い日本の植民地支配を受けることになりますが、その前半においては軍人が総督に就任する武断的スタイルで、後半では文民が総督に就任する文治的スタイルになり、少しずつ日本の文化や価値観などが台湾に輸入されていくことになります。

スポンサーリンク


原敬内閣

米騒動で寺内正毅内閣が崩壊した後に登場した原敬内閣は、原敬首相には爵位がなく、薩長閥でもなく、政党政治家としてこつこつ上がって来た人だったということもあって、それまでの内閣とは一線を画すものだったと高く評価されています。

英米協調路線を堅持したあたりは伊藤博文の薫陶を受けているという感じもしますし、また、寺内正毅が肩入れしていた段祺瑞からも足抜けしているので、国際政治に対する理解も明るい人であったという印象です。

第一次世界大戦の講和のために開かれたベルサイユ講和会議には西園寺公望、牧野伸顕、近衛文麿らの大人数の交渉団を送り込みましたが、当初は欧州事情はよく分からんという理由で日本の利害に関係のないことについては余計なことを言わないようにとの訓令を出していたそうです。その後、英仏あたりが「日本人とは話をしてもらちが明かない」と考え始めていることに気づき「もうちょっと積極的に発言するように」との訓令も出したとどこかで読んだことがあります。

ベルサイユ講和会議後に設立された国際連盟では、当初、発案者のウッドローウイルソンは日本を常任理事国には入れないつもりだったのが、地政学的なバランスから見て日本も入れてもいいのではないかという声があり、日本は国際連盟の常任理事国に入ることができましたが、第一次世界大戦でドイツに宣戦布告して青島あたりを余裕で奪ったりした一方で、イギリスからの陸軍のヨーロッパ戦線への派遣要請は断っており、日本は結果として「おいしいとこどり」することができたわけですが、戦後の社会でアメリカにハブられる可能性もあったと思えば、当時の日本の政治家や軍人にはちょっと先見の明が足りないところがあるように思え、その後、四か国条約と引き換えに日英同盟の破棄という重大事も安請け合いしている節があり、その後の歴史を知っている21世紀の我々の目から見ると、ちょっとじれったい感じがしないわけでもありません。

個人的には第一次世界大戦にちょっと噛みした結果、国際社会で重要な地位を得ることができるようになった日本が、国際政治を舐めるようになってしまった要因の一つのように思えてならず、果たして国際連合で常任理事国になったことが本当に良かったのかと思うこ時もないわけではありません。

原敬はその点、国際政治についてはかなりいい線をいっていたと思いますので、大阪に出張に行く時に東京駅で暗殺されたことは、日本にとってはかなり惜しいことだったのではないかと思えます。ただ、国内政治では利権どっぷりで我田引鉄とまで言われたわけで、まあ、その辺りについては、政治家はそんなものかもしれないなあという印象になってしまいます。地元の有権者に名前を書いてもらってなんぼの世界ですので、利権誘導政治にならない方が不自然なくらいかも知れません。

いずれにせよ、伊藤博文→西園寺公望→原敬の政党政治家の系譜が続いたことは日本にとっては喜ばしいことであったように思えますし、超然内閣主義者だった山県有朋をして政党政治家の重要性を認めさせたという意味でも原敬は存在意義が大きく、大正デモクラシーの象徴的な人物としてその名前が記憶されています。

原敬が東京駅で暗殺された後は、高橋是清が原敬の閣僚をそのまま引き継ぐ「居抜き内閣」を組織することになります。

スポンサーリンク

関連記事
第二次大隈重信内閣
第一次山本権兵衛内閣
第三次桂太郎内閣

第二次桂太郎内閣

第二次桂太郎内閣は3年あまり続きましたが、中身は結構濃い内閣だったと言えるかも知れません。まず明治天皇の詔書を引き出し、国家国民一致して維新創業の心を思い出せ的な発破をかけます。

日露戦争の結果、儲かった資本家もいたと思いますが地方の疲弊が激しくなっており、その辺りの不満がいろいろ出てきます。孝徳秋水の大逆事件も第二次桂太郎内閣の時に起きています。孝徳秋水が本気で明治天皇の暗殺を考えていたとはちょっと思えないのですが、天皇暗殺謀議がたとえ冗談半分とは言え半分くらいは本気で考えられていたとも言え、戦争に勝ったわりには世の中が殺伐としており、桂太郎はパワーでそういったものを押しつぶしていこうとしたように見えなくもありません。特に大逆事件では関係ないとしか思えない寺の坊さんや、金持ちの気まぐれ的に社会主義を気取って慈善活動をしていたお医者さんまで逮捕されて処刑されていますので、明らかにやりすぎで、当時の官憲の方を持つ気にはなれません。

足利尊氏と後醍醐天皇の時代は南朝と北朝のどっちが正統かという南北朝正閏問題が取り沙汰されるようになり、そんな当時から見ても500年も前のどっちでもいいようなことについて本気で議論がされるというあたり、頭でっかちなイデオロギーが歪な形で噴出しているように見えますが、これも世の中の矛盾を明治天皇の「みんな仲良く一致団結」詔書を引き出して、その威光を借りる形で物事を進めようとした結果の副作用と言えるかも知れません。更に日韓併合もこの内閣の時に押し切っていますので、本当にこの内閣が西園寺公望と気脈を通じていたのかと首を傾げざるを得ません。

第二次桂太郎内閣時代に伊藤博文がハルビンで暗殺されていますので、ある意味では重しがとれたとも言えますが、反対の見方をすれば、明治維新を実務的に引っ張った伊藤博文がいなくなったことへの不安も感じていたのではないかと思えます。

一方で小村寿太郎とタッグを組み不平等条約改正を成し遂げていますので、そこは評価して良いのではないかとも思います。条約改正に成功した裏には、日本が一人前の列強というか、帝国主義の国として認められたという面もあると言えますから、この辺り、切り離して考えるわけにはいきませんので、果たしてどう評価するかは難しいところにはなると思います。

大逆事件で揺れていた第二次桂太郎内閣は条約改正の仕事を終えると、西園寺公望と「情意統合」しているという理由で、つまり仲良しだからという理由で、西園寺公望に首相の座を譲り、第二次西園寺公望内閣が登場します。リクルート事件の「竹馬の友」をちらっと思い出さないでもありませんが、当時は桂太郎のような国権派と西園寺公望のような政党政治派が持ちつ持たれつでやっていたことが分かります。

西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通が維新第一世代とすれば、伊藤博文、山県有朋が維新第二世代と言え、桂と西園寺は維新第三世代と言ったところですが、大正デモクラシーというある種の結実の時代、原敬内閣登場の時代まではあともう少しと言ったところです。原敬内閣は民主主義の成熟や成功という意味でよく引き合いに出されますが、原敬は同時に政党政治の腐敗はどういうものかをよく示した人でもあり、国民の政党への熱が急速に冷め、西園寺も同じように冷めて軍部独裁の時代へと入って行くことになってしまいます。

スポンサーリンク

関連記事
第一次桂太郎内閣
第四次伊藤博文内閣
第二次山県有朋内閣