【自己訓練】目の前の仕事にきちんと集中する

人には大抵の場合、やりたい仕事があります。「やりたい仕事がない」という人も中にはいるかも知れないのですが、そういう人でもやりたい仕事を見つけていかなくてはいけません。どの場合であったとしてもある程度の年齢に達すれば職業を持たなくてはいけません。希望する職に就ける人もいれば、そうでない人もいるでしょうし、希望する職ではあるけれど、条件が希望通りではなかった、向いていないことに気づいたなどなど、いろいろな理想と現実のはざまで心が動いてしまうものです。

ただし、職業に貴賤はありません。正規・非正規は条件や待遇の違いであって、貴賤とは関係がありません。よりよい人生を得るためには職種や条件にあまりこだわりすぎず、目の前にある仕事をしっかりこなすということが、賢明なのではないかと思います。スタートラインは人さまざまです。有名大学から有名企業に入り、順調に出世するという場合もあるでしょうけれど、大学は出たもののぱっとしない、有名企業に入ったものの窓際だ、反対に無名の企業で給与もよくないけれど、楽しい、やりがいを感じるなどの場合もあるに違いありません。

どのような条件であったとしても目の前の仕事に対してきちんと集中して仕事をしていると、上のような諸条件に負けず、やがて人生で得るべきものが手に入るようになってきます。希望していた職種に就くことができなかったとしても、その仕事に集中してきちんと仕上げていれば、周囲からいろいろな助けや声がかかるようになります。そしてやがて、気づくと望む環境を手に入れていることができるようになっていきます。非正規であったとしても、出来栄えのよい仕事をしていれば、先方から正規になってほしいと声をかけてくるかも知れません。望む職種でなかったとしても、出来栄えの良い仕事をしていると、声望が集まり、組織の中での信用が高まって行けば、次第に自分の関心のある領域に手を出すことができるようになっていきます。もちろん、そこには壁があり、時として勇気とともに一歩を踏み出さなくてはいけない場合もあります。それまでの仕事が認められていたとすれば、新しい一歩は周囲から歓迎を受け、やりやすいものになるでしょう。逆にやりたくない職位だったからという理由で明らかな手抜きが多い場合は新しい一歩を応援してくれる人に出会いにくいので、そういう場合には苦戦せざるを得なくなってしまいます。

チャンスについても同じことが言えます。理想的なチャンスは来ません。頭で思い浮かべる諸条件が整った理想的なチャンスが来ることは一生に一回あるかないかではないかと思います。ですから、理想通りのチャンスでなかったとしても、懸命に取り組むことはよりよい人生を得やすくなる心構えではないかと思います。一歩一歩を歩き、一手一手を撃ち続けていけば、そのうちかなり理想へと近づいていきます。自分の限界も見えてきますから、自分の限界を受け入れるということも大切にはなってきます。しかし、相当に理想に近づくことができれば、そうでない人生よりも遥かに充実した感覚を得ることができるのではないかと思います。

ただし、極端に条件が悪かったり、性格上どうしても無理な仕事や、倫理的に受け入れることができない仕事をさせられることもあるでしょうから、そこを見極め、時にはきっぱり辞めるという勇気も必要です。いつでも辞めてもいいんだという心境になれば、かえって続けられるものでもあるとは言えそうですが。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】将来を心配しすぎない
【自己訓練】仕事に根を詰めすぎない勇気を持つ
【自己訓練】嫌いなことはやらない勇気を持つ
【自己訓練】無名でも幸せだと気づく
【自己訓練】贅沢しなくても幸せだと気づく

【自己訓練】将来を心配しすぎない

将来には不安がつきまとうものです。ですから、将来に備えて人は様々な予防策を講じます。保険に入る、貯金する、資産を購入する、健康食品を食べる、運動する、勉強する、スキルを身に着ける。などなど、将来のために何かをしている人は多いでしょう。何もしていない人の方が少ないかも知れません。しかし、将来を心配し過ぎることは必ずしも賢明な生き方とは思えません。なぜなら、将来がどうなるか、一分一秒先がどうなるかは、誰にも分からないからです。ある程度の見通しは立ちます。ある程度の想像はできます。しかしそれは飽くまでも想像であって、現実ではありません。「将来」という現実はまだ来ていないのです。その将来のために思い悩み、思い煩う人がいるとすれば、それはとてももったないことです。

もちろん、人は将来を心配しやすいように生まれついています。最悪を予想して、最善を尽くすことで人は自己保全の確立を高めることができます。しかし、最善を尽くすためには将来を心配し過ぎることは逆効果になりかねません。将来の未だ起きていないことを想像することに頭脳のエネルギーを使う分、最善を尽くす力がそがれてしまいかねません。

また、将来への不安が過度になると、それに振り回されてしまい、何が最善の手なのかを考える余裕がなくなってしまいます。最善のはずだと思って、悪手を選んでしまったという経験は誰にでも一度や二度はあるのではないかと思います。私もしょっちゅうです。冷静な判断をするためには、過度な不安から自分を解放しなくてはいけません。

不安は抑え込もうとすると反発力が強くなり、人はかえって不安に飲み込まれてしまうものではないかと私は思っています。ですから、抑え込むのではなく、解放するのです。完全な解放は人間の性質上あり得ませんし、全く将来について考えないと言うのもよくありませんが、不安がもたげてきたときに、意識して「気にしない気にしない」と軽く首を振ってみる。不安で押しつぶされそうになったら深呼吸をしてみる。散歩をする。おいしいものを食べる。などをしてちょっと不安を忘れてみるのです。技術的な問題です。自己訓練です。いったん不安を手放すと、次に不安がやってきたとしても自分を不安にさせている要因について多少距離を置いて考えることができるようになります。冷静に分析し、判断し、そこでようやく最善と思える手が思いつくのです。それの積み重ねによって結果として振り返った時、充実した時間を過ごしていたことに気づくことができるかも知れません。将来は大切ですが、将来は今の積み重ねです。今を充実させることにエネルギーを使ってみることが賢明と思えます。

今を充実させると言っても、湯水のようにお金を使って不安をごまかすとか、そういうことではありません。心を静めて美しい絵画や景色を見る。目を閉じる。今、取り敢えず目の前にあることをきちんとこなす。深呼吸する。そして落ち着いた状態でほしいものを買ったり、食べたりするのがいいのではないか、結果として仕事や人間関係のクオリティがあがり、飽くまでもその結果として人生が充実するのではないかと思えます。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】仕事に根を詰めすぎない勇気を持つ
【自己訓練】嫌いなことはやらない勇気を持つ
【自己訓練】無名でも幸せだと気づく
【自己訓練】贅沢しなくても幸せだと気づく
【自己訓練】昼飯程度なら奢る

【自己訓練】嫌いなことはやらない勇気を持つ

「自己訓練」と言えば、人のやらないことをやる。みたいなことがぱっと頭に思い浮かびます。そういう雑巾がけのようなことももちろん大切ですし、徳を積むという意味ではいいかも知れません。しかし、それでもやるべきではないと思えることもあります。どうしても嫌いな仕事、或いは自分を過度に酷使してしまう仕事です。

どうしても好きになれない仕事とはどういう仕事でしょうか。意味があると思えない仕事などはやはりやりたくないでしょう。雑巾がけ的な仕事とは少しニュアンスが違います。雑巾がけ的な仕事は社会的公益に叶う、または組織の仲間に貢献できるという意味がある場合、それは積極的にやるべきです。しかし、意味があるとは思えなず、単に辛いだけの仕事をするのは、やらない勇気を持つこともよりよい人生を送るためには大切なことではないかと思います。

たとえお金がもらえるとしても、嫌いなことをしていると自分が疲弊していきます。疲弊している中、大切なことに取り組むとミスが増えます。やりたいことをやる時間を削り、ミスをカバーすることになるので、人生から豊かさのようなものが消えてしまい、悪い循環へと落ち込んでしまいます。

これも自己訓練です。やるべきなのにやりたくないことなのか、それとも雑巾がけと思い、下積みのつもりでやるべきことなのか、それとも本当に嫌いなのかを見分ける目を養わなくてはいけません。そして、これが「嫌いなことだ」と気づいたときに、それを辞めるという勇気も持たなくてはいけません。辞める勇気がないとだらだらといつまでもやり続けてしまい、結果として心には何も残らず、疲弊だけがずっしりと肩にのしかかっていたということにもなりかねません。

上ようなことを見極める目を持つこと、見極めがついたらやるべきこととそうでないことを分け、そうでないものを断捨離する、辞めるという勇気を持つことも自己訓練と思います。もちろん、すぐには判断がつかないということも多いでしょう。ただ、上に述べたことを意識するだけで、多少なりとも大切な人生から無駄を省くことができるようになるのではないかと思えます。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】無名でも幸せだと気づく
【自己訓練】贅沢しなくても幸せだと気づく
【自己訓練】昼飯程度なら奢る
【自己訓練】問題点に気づいたらできる範囲で改善のための努力をする
【自己訓練】自分より凄い人に対して、卑屈にならず、かつ反発せずに、自分が劣っていることを認める

【自己訓練】無名でも幸せだと気づく

多くの人には「有名になってみたい」というわりと子供っぽい憧れがあるのではないでしょうか。「有名人」にカテゴリーされると、どこへ行っても注目されていい気分。アイドルや映画俳優になって、注目を浴びたい、或いは本を何冊も出版して著名人と呼ばれたいという願望は私にもないわけではありません(最近は諦めてますが…)

ただし、この世に生まれてきた人の大半の人は有名にならずに人生を終えていきます。有名にならないことが普通なのです。ですから、有名にならなくては幸せになれないという思い込みがあると大抵の場合は不幸への道を歩むことになりかねません。

そのため、「無名でも幸せだ」と思うように自己訓練することは、よりよい人生を得るために有効なことと思えます。もちろん、有名になることを目指すなというわけではありません。有名になることだけを願い、それだけを目指して動くというのはバックボーンや信念が軽佻浮薄なため、有名になったとしても短期間、場合によっては些細なことで足元をすくわれて表舞台から去っていくことにってしまうことも珍しいことではありません。

むしろお勧めしたいのは、有名になることを目指すのではなく、自分の仕事をこつこつしっかりとやることではないかと思います。人生では何回か追い風が吹いてくることがありますから、その追い風に乗って著名人と呼ばれる人になることは充分にあり得ます。しかも、自分の仕事をしっかりやってきたという基盤の上の名声ですから、少々のことで揺らぐことはありません。

そのような追い風、神風を味方につけるためには、やはり今目の前にある仕事にしっかりこつこつ取り組むことではないかと思います。それはアルバイトであったとしても、普通の社員の人であったとしても、自由業、自営業であったとしても同じだと私は考えています。目の前の仕事にしっかりこつこつ取り組む以外の生き方はないのではないか、その結果、様々な実を結ぶ。それ以外にはないと私は思います。そうしている人だけが追い風に乗るだけの力がつくし、追い風が吹いたときにワンステップ上に行けるのではないか、人生とはそういうものではないかと思います。それまでは焦らずじわじわです。

さて、今日もがんばりますか。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】贅沢しなくても幸せだと気づく
【自己訓練】昼飯程度なら奢る
【自己訓練】問題点に気づいたらできる範囲で改善のための努力をする
【自己訓練】自分より凄い人に対して、卑屈にならず、かつ反発せずに、自分が劣っていることを認める
【自己訓練】弱い人を守るという意思を持つ

【自己訓練】昼飯程度なら奢る

お金は大切なものですから、あまりにも気前よくパッパッと使うことは慎まなくてはいけません。で、難しいところですが、あまりにケチりすぎてもよくありません。使う時にはきれいに使うということがより豊かな人生を送るために有効なことではないかと思います。要するに生きたお金の使い方をするということです。

生きたお金の使い方の一例として、お昼ご飯を他人に奢るというのがあるのではと思います。夕ご飯を他人にごちそうするのは、ちょっと財布にとっても厳しいですが、ランチ程度なら財布にも優しいですし、運が良ければ相手は奢ってくれたことを覚えていてくれて、他人にもいい評判を語ってくれるかも知れません。

もしかすると相手はそんなことを忘れてしまうかも知れませんが、何回か奢ってあげれば自然と人間関係的な優劣が生まれ、奢る側は心理的には楽な立場でいられます。変な言い方をすればお金で心理的な楽を手に入れるとも言えますが、とはいえ、気持ちよく人間関係を送るには、ちょうどいい投資ではないかと思います。

生きたお金の使い方として、よく自己投資と言われます。スキルアップや見分を広めるために投資するわけです。ですが、究極には人間関係への投資ということが言えなくもないように思えます。豊かな人生を感じるためには豊かな人間関係があってこそです。ですので、究極の自己投資は周囲の人への投資ということが言えますし、お昼ご飯なら相手にとっても奢られてもいい程度の金額ですし、自分にとっても負担をあまり感じません。

多少、年齢を重ねると年下の人は目下の人と食事をする機会も増えてきます。その場合など、きれいに気分よく奢らないと、相手からの敬意を失うことにもなりかねません。それでもお財布にとって厳しいという場合、回数を減らして奢るのです。独身の人なら孤独な食事の回数が増えるというデメリットはありますが、少ない回数で印象を良くしておくほうがベターに決まっています。

よく、友達と旅行するのは要注意と言われます。長時間一緒にいると相手の悪い部分が見えてしまいますし、自分の悪い部分も見られてしまいます。ある人は「友達と旅行に行くなら、全部こっちが奢る」と断言していました。そうすることで人間関係の摩擦を減らすことができるというわけです。損して得取れというわけです。

旅行となれば大変ですが、昼食程度で好印象を得られるのならお得もお得、大お得です。私も友人と昼食する際は「僕が奢るよ」と言うことが多いです。その場合、なるべく安いランチを選びますが、それで人間関係が円滑に進むのであれば、安いものです。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】問題点に気づいたらできる範囲で改善のための努力をする
【自己訓練】自分より凄い人に対して、卑屈にならず、かつ反発せずに、自分が劣っていることを認める
【自己訓練】弱い人を守るという意思を持つ
【自己訓練】文句を言ってくる人がいたら、笑顔で対応する
【自己訓練】必要以上のものをほしがらない

【自己訓練】問題点に気づいたらできる範囲で改善のための努力をする

人生にはうまくいかないこと、計画通りに進まないこと、期待通りにならないこと、不遇の時期、いろいろな不愉快なことに出会います。それは毎日のように起きるとすら言ってもよく、嫌なことを数え上げるときりがないとすら思えます。

時にそれは他人のせいにしてしまいたくなる時もありますし、場合によっては本当に他人のせいという場合もあるかも知れません。運、不運ということもありますから、自分に責任があるとは思えないようなことで不愉快できごとに出会うということも決して少なくはありません。

しかし、自己訓練のつもりで、勇気をもってその不愉快なことに向き合うことはより人生を得るために重要なことではないかと思います。他人のせいのことに向き合ってどうするのか?単なる不運と思えることに向き合うこととはどういうことか?という疑問を持つ人もいるかも知れません。ですが、そういったことでも向き合い方というものはあるはずです。つまり、自分のできることをやるということです。それはできれば復讐などの否定的な入り方をしないことが理想的です。むしろ、自分のできる範囲の中で何をどうすれば事態が改善するかについて頭を使い、考え、知恵を絞るのです。

そうすれば、環境のせいと思えることであっても、他人のせいと思えることであっても、或いは運の問題と思えるようなことであっても、何かが必ず改善するはずです。そしてそれは時には突破口にすらなり得ます。自分が変われば他人が変わるとよく言いますが、無理に自分を変えることは感情的に自分を殺してしまうことになりかねませんから、必ずしも一番いい方法とまでは思えません。ただ、できる範囲で改善するということなら誰でも、どんな人でもいくつでもできることはあるはずです。できる範囲のことから改善すればよいのですし、真摯に人生を生きることになるのではないかと思えます。

ただ、やりすぎは禁物です。何事も無理は禁物と思います。できる範囲のことをコツコツと改善することにって気づいたときに小さな芽が出ている、それでも奢らずに続けていくと、小さな花が咲き、運がよければ大輪の花が咲くこともありません。できることをしていない人に花が咲くことはありません。仮に咲いてもちょっとした雨や嵐で散ってしまいます。こつこつと自分にできることを無理なく改善していくことは、少々の雨にも嵐にも負けない財産になることでしょう。繰り返しになりますが、無理してはいけません。自分に無理をかけることは長続きしません。それに、無理したことには必ず反動が来ます。無理なくゆっくり焦らず改善する、そのための努力をすることは人生という長いスパンで眺めた時に効果的で真摯な生き方を言えるのではないかと思えます。

広告


関連記事
【自己訓練】自分より凄い人に対して、卑屈にならず、かつ反発せずに、自分が劣っていることを認める
【自己訓練】弱い人を守るという意思を持つ
【自己訓練】文句を言ってくる人がいたら、笑顔で対応する
【自己訓練】必要以上のものをほしがらない
【自己訓練】現状で恵まれていることに気づく

【自己訓練】自分より凄い人に対して、卑屈にならず、かつ反発せずに、自分が劣っていることを認める

生きてると、必ず自分より凄い人、優れた人に出会います。それは仕事の能力や勉強の面で優れている人かも知れません。或いは社交性、金銭力、家柄、学歴、容貌などなど、自分より優れている人は大勢います。

そういう人と出会った時、人はどのような反応を示すものでしょうか。ある人は反発します。「あの人はお金を持っているかも知れないけど、人間性では劣っている」とか、「あの人は勉強しかできないんだ」とか、あの人が成功したのは悪いことをしたからだ。或いは所詮〇〇だ。など、反発するための方便はいくらでも生み出すことができます。これをしていては人間的成長がありません。負けを認めるというのも必要なことです。負けを認めれば、敗因を分析し、自分を改善することへとつなげていくことができます。

一方で、負けを認めたからと言って卑屈になっていけません。卑屈はダメな自分を認めているという点では潔いかも知れませんが、改善する努力へとつながっていきません。自己改善の努力をせずに、ちょっとした小賢しさで得をしようとしたり、「卑屈な笑顔」で相手を丸めこもうとします。そういう人は魅力的ではありません。当然、人間的成長にもつながりません。

大切なことは自分より優れた人に出会ったときに負けを認め、どうすれば自己改善できるかについて考え、実践することです。これもまた自己訓練です。人の自然な心の動きに任せていては、反発心を正当化して自分を守ろうとするか、卑屈な態度で自分を守ることだけを考えるようになります。ですから、自分を訓練して、自分より優れた人に対して確かにそうだと認め、敬意を払い、自分もそれに近づけるように改善点を見つけ出していくことを心掛けることが、より魅力的な人格者になり、よりよい人生を送るために効果的ではないかと思います。自戒も込めていますので、私もまだまだ道半ば。これからも自己訓練を続けたいと思います。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】弱い人を守るという意思を持つ
【自己訓練】文句を言ってくる人がいたら、笑顔で対応する
【自己訓練】必要以上のものをほしがらない
【自己訓練】現状で恵まれていることに気づく
【自己訓練】相手を見下したり、バカにした態度をとらない

【自己訓練】弱い人を守るという意思を持つ

弱い人を守るというのはある種の憧れの姿だと私は思っています。弱いものを助けるために颯爽と登場し、戦い、黙って去っていくヒーローのイメージ。一つの人間の理想像です。しかし、本当にそれができているかどうかと自分に問いかけた時、必ずしもそのようにできていると自信を持ってイエスと答えることはできません。大抵の人も私と同じではないかと想像します。なぜなら、1弱い人は誰のことを言うのかが考え方によって違ってくるので判断に迷う 2自分が弱い側の人間だと思って怒りを感じる(場合もある) 3何かに忙殺されたりしていて弱い人を守っているだけの余裕がない(場合もある)ということは誰にでもあることのように思うからです。

それらのような難しい問題を含みますから、弱い人を守るということを完全に実行することは無理かも知れません。しかしそれでも、自分の日常生活の中でできることはあるはずですから、それを忘れずに実行していくということを、せめて時々思い出して実践するということは人間的な成長にとって有効ではないかと思えます。

例えば子供は現代では貴重な存在です。その上、通常、子供は大人よりも弱い立場です。ですから、まずは子供を守るということを意識するのもいいかも知れません。自分の子供がいるという人は自分の守るということを考えるでしょうし、それはそれでもちろんいいのですが、他人の子供であっても必要があれば守るという意識を持つことは人格を高めていく上で有効ではないでしょうか。

また、「イジメ」が起きる要因は弱いものイジメをしている人にその自覚がないからではないかと私は考えています。何らかの大義名分を振りかざして弱いものイジメをしていないかどうか、時々でいいので自分に問いかけてみるのは効果的と思います。意外とやっているかも知れません。自分の内面を点検し、もし、そういう面があればそこを改める努力をする。これも自己訓練です。完全にはできないかも知れないけれど、努力することはできるはずです。

では最後に、イジメられている人、またはイジメられた経験のある人はどうすればいいでしょうか。イジメに遭えば、人生で損をした心境にならざるを得ません。どこかでバランスを取らなくては、復讐しなくてはやっていられないという心境にもなるはずです。飽くまでも人格向上のための自己訓練と考え、人生をよりよくするためのテクニカルな問題として考えるならば、イジメられた経験については損切りする覚悟を持つべきではないかと思います。これは簡単なことではないはずです。酷い目に遭わされたことを恨みに思い、心の奥深くに閉じ込めている人は多いかも知れません。或いは誰でも多かれ少なかれ、そういうものを閉じ込めているかも知れません。私にももちろんあります。ですが、そこを損切して恨みに思わない。相手を赦す。せめて自分はそういう被害に遭うことの苦しさや無念さを知っているのだから、自分は他人には同じことはしない、そういう場面に遭遇すれば、イジメられている人の味方をする勇気を持つ。というような努力をすることは、人格的な向上、人間的な成長に大きな効果を持つのではないかと思います。正しい正しくないの前に、自己訓練として上に述べたような努力は価値のあることではないかと私は思います。イジメられた経験のある人が、その恨みを棄てる覚悟を持ち、復讐のパワーを自覚的に利他の精神に切り替えることができた時、真実に慈愛のある人格者的な行動が実践できるのではないか、むしろイジメられた経験のある人にはそのようになれる特権を持つという意味で選ばれた人なのではないかと私には思えます。

人間関係、仕事、お金、恋愛などは以上のような人格的向上のための自己訓練を経た結果、自然についてくるものなのではないかと私は思いますので、自戒も込めて、実践していきたいと思うのです。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】文句を言ってくる人がいたら、笑顔で対応する
【自己訓練】必要以上のものをほしがらない
【自己訓練】現状で恵まれていることに気づく
【自己訓練】相手を見下したり、バカにした態度をとらない
【自己訓練】恩のある人にはきちんと礼を述べる

【自己訓練】文句を言ってくる人がいたら、笑顔で対応する

生きていれば、文句を言ってくる人には必ず出会います。クレームを全く受けずに人生を過ごすことは不可能と言ってもいいでしょう。文句を言われた際、対応は2つに分かれます。1つは怒りに対して怒りで対応する。2つは怒りに対して笑顔で対応する。というものです。

怒りに対して怒りで対応してはいけません。なぜなら、怒ったら負けだからです。相手が論理的、具体的、現実的でない怒りをぶつけて来た場合、その人は既に負けています。負けている人に対して怒る必要はありません。また、論理的、具体的、現実的なクレームが来た場合にも怒る必要はありません。論理的、具体的、現実的に対応すればいいのです。

さて、単に怒りをぶつけてこられるようなクレームを受けるのは確かに不愉快です。また、そのようなクレームに対して「あなたは正しい、ごめんなさい」という姿勢で対応する必要もありません。明るい笑顔で「そうですか」と答えるのが第一歩です。相手は自分が言っていることを相手は理解したとということを理解します。それだけで相手の態度は軟化する可能性がありますから、そのあとは笑顔で対応です。もし相手が軟化しない場合、やはり笑顔での対応でOKです。なぜならその人は価値ある意思疎通を目指しているわけではなく、文句を言いたいだけなのですから、そのようなケースでは怒りで対応するだけの価値がありません。

結論としては笑顔でスルー。これもまた訓練です。怒りをぶつけられると怒りが湧きます。そこを笑顔でスルーするのです。人生の質があがるに違いありません。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】必要以上のものをほしがらない
【自己訓練】現状で恵まれていることに気づく
【自己訓練】相手を見下したり、バカにした態度をとらない
【自己訓練】恩のある人にはきちんと礼を述べる
【自己訓練】他人の仕事の出来栄えを批判することで優越感を得ようとしない

【自己訓練】必要以上のものをほしがらない

人は多くのものを欲しがります。私もそうです。いろいろなものが欲しいです。いい服、いい友人、いい食事、いい恋人、いい家族、いい肩書、いい車、いい家etc…しかし、こういったものに対してほしいほしいと思い続けていると、時として欲望に振り回され、自分を見失ってしまうことになりかねません。自分を見失ってしまった状態で成功したり、幸福になったりすることは不可能と思いますから、ほしがる心理を自らコントロールすることが、結果としてよりよいいろいろなもの、有形無形のものを手に入れる近道になるのではないかと思います。

美食は不幸の始まりという言葉があります。あのお店のあのお料理が食べたい、あのお店のあの人が作ったあのお料理が食べたい、あのお店のあの人が作ったあの素材を用いたお料理が食べたいという風に、美食を追求し始めると食事で満足できる回数が減っていきます。食事に満足できないことは不幸です。むしろ、前回にも述べましたが、卵かけごはんで満足できることこそ、幸福になるための近道と思えます。

友人や恋人、職場環境についても場合によっては同じことが言えるかも知れません。幸福な人生のためには良い友人や良い恋人、或いは良い家庭や良い職場環境を得ることは重要なことです。しかし、気に入らないからと言ってよりよいものを求めて渡り歩いたり、とっかえひっかえしている人にそのようなよりよい人間関係がもたらされる可能性は低いのではないかと私は考えています。これは自戒も込めて書いていますが、今目の前にいる人よりも大切な人はいません。今の友人より良い友人はいません。今の恋人より良い恋人はいません。今の職場より良い職場はありません。なぜなら、今、目の前にいる人は、あなたの目の前にいることに価値があると思うからこそ目の前に現れてくれているのです。その人を大切にせずに人間関係が広がっていくことはありません。今の恋人はあなたの価値を認めているからこそ、あなたと交際しています。その恋人をふってまであなたを愛する人に出会う確率はそれほど高くありません。家庭もそうです。職場環境もそうです。今の職場はあなたに給料を払う価値があると考えるからこそ、あなたに職場環境を提供しています。そのことを分かった上での転職はもちろんあっていいと思いますが、今の職場に恵まれているという感覚を持つ事が出来ない人は、次の職場に行っても恵まれていないと感じることでしょう。もちろん、ブラックな職場やサイコパスとの人間関係は人生の破壊をもたらしかねませんから、そこには見極めが必要です。もしブラックだとすれば、或いはサイコパスだとすれば、恋々とせずに断ち切る勇気も必要になります。ただし、たいていの場合はそうではないはずですから、簡単に切り捨てるということはお勧めできません。

人間関係や職場環境はあなたが成長すれば自然により良いものになっていきます。追及すると逃げていくのはお金も異性も環境も同じです。私は行き詰まりを感じた時は、必要なものは全て今、目の前にあると考える自己訓練をするように心がけています。結果として今の環境や関係を大切にすることになりますから、少しずつ物事が良くなることが実感できることが多々あります。今でも日本は最高クラスに環境の良い国ですから、大抵の場合、必要なものは目の前に存在するはずです。ないものねだりをする前に、目の前のものを大切にするということに目を向けるのはどうでしょうか。これも自己訓練の一環となり、自分の成長を促す材料になるのではないかと思います。

広告



広告

関連記事
【自己訓練】現状で恵まれていることに気づく
【自己訓練】相手を見下したり、バカにした態度をとらない
【自己訓練】恩のある人にはきちんと礼を述べる
【自己訓練】他人の仕事の出来栄えを批判することで優越感を得ようとしない
【自己訓練】他人の失敗をなじらない