ペリーと琉球

 ペリーの黒船お艦隊は浦賀沖に姿を現す前、琉球に立ち寄っています。
 立ち寄ると言っても友好的な訪問ではなく琉球王朝の許可なく上陸した後に、強引に首里王宮へ行進し、入城しています。

 ペリーの蒸気船艦隊はもちろん当時の日本を驚かせたに違いありませんが、戦力としては江戸幕府を打倒できるほどの巨大なものとは言えません。たった四隻のフリゲート艦で日本征服ははっきり言えば不可能ですし、欧米諸国は日常的に武器を携帯して場合によっては相手を殺害することに美学を持つ階層が十人一人いる日本を植民地化することは、ある段階で諦めていたように私には思えます。

 ペリーも日本を植民地化するような壮大なことを考えていたわけではなく、飽くまでも当時アメリカの主要な産業の一つであった捕鯨のための補給基地を日本に求める以上のことは考えておらず、もし失敗した場合は琉球王国でその基地を確保しようと考えていたようです。現実的で名より身を取る作戦と言ってよいでしょう。

 ペリーは場合によっては琉球征服を考えていたようですが、日本の開国によりそのような荒っぽい方法を取る必要はなくなったということになります。

 興味深いのはペリーが琉球訪問をきっかけにアメリカの宣教師が琉球で宣教を始めたことでしょう。日本聖公会の布教史はこの時の琉球での布教が日本布教の始まりであるとしています。

 沖縄は様々な意味で近代史で重要な場所ですし、県民の方々の複雑な感情は大国に利用され続けたことから生まれてくるのだと思います。ペリー沖縄上陸の件も、その後の苦難を予告するものだったのかも知れません。沖縄の苦難については私たち日本人がみんなで深く受け止めるべきことだと思います

プラザ合意のこと

1985年、ニューヨークのプラザホテルで行われたG5会合でドルの全面安の容認の合意がされたことをプラザ合意と呼ぶことは大変有名な話です。

ベトナム戦争以降、国力の疲弊から立ち直ることに苦慮していたアメリカが自国製品の輸出を振興するための手段としてのドル安をG5諸国に持ちかけたということなのですが、当時の空気としては、世界の資金がドルから円へと移動することが確実視されており、日本側から見れば事実上の円全面高への移行という理解になります。

交渉に臨んだ竹下大蔵大臣は、プラザ合意は実質的に日本とアメリカの二国間の協議で決まったとして、「とうとう日本はアメリカと肩を並べた」と周囲の人に話したと言います。

プラザ合意後、日本円は一機に値上がりし、言い換えるなら市場の判断する適切な価値がつけられるようになりました。一方で、生産拠点が海外へと流出するようになり、産業空洞化という言葉が使われるようになっていきます。

日本銀行の金融緩和により、国内でキャッシュがだぶつく事態となり、バブル経済が発生しますが、投機の過熱を懸念した日銀が金融引き締めに政策を転じたため、バブルの崩壊といつ終わるとも知れぬ不況へと日本は迷い込んで行くことになってしまいます。

プラザ合意はアジア諸国への産業移転、バブルの発生と崩壊という日本のその後を決定する極めて重大な出来事であったと言うことができますし、アジア諸国が世界の工場と呼びうるほどに生産力を高めることに弾みをつけ、日本から部品を輸出して海外で組み立て、再び日本に輸入する(或いは更に他の国へと輸出する)という経営モデルを定着させる契機となった、今の世界を形作った第一歩になったとも言えそうです。

当時、人々はいずれ日本はアメリカを凌駕する経済大国になるとすら囁き合ったものですが、ちょっと調子に乗り過ぎていたところもあったかも知れません。

経済の調子が上向き続ける時、人は浮かれます。下降が続くと人は内省的になり、思索を深める面もあるようにも思えます。そのような意味では、日本人は経済的には厳しい時代を迎えてしまいましたが、世の中に揉まれることで人格的には向上したというプラスの面もあったのではないかという気もしないでもありません。

ノモンハン事件のこと

 1939年に起きたノモンハン事件では、ソ連軍が極東方面主力を投入したのに対し、関東軍は現地の師団だけで対応しようとしたために、現地師団は壊滅に近い打撃を受けてしまうことになりました。

 日本側は投入した飛行機の動きもよく、ソ連軍の飛行機を落としまくったほか、陸上ではそれぞれの兵士が主たる武器として火炎瓶を与えられ、それでソ連軍の戦車や装甲車を大量に破壊するという目覚ましい働きをしています。この働きそのものは正当に評価されてよいのではないかと私は思います。当時、ソ連側の司令官だったジューコフ将軍もあの時の戦いは非常に辛かったと述懐したと言います。

 かくも目覚ましい働きをしていたにも関わらず、関東軍は最終的には戦車で包囲され殲滅されるという事態に追い込まれます。当時既に関東軍本部の方では主力の投入が決まり、その準備をしていた矢先のことでした。

 この経緯から分かるのは、関東軍は当初ソ連軍の強さを過小評価し、現地の師団だけで十分対応可能、むしろ敵が逃げるのが心配なくらい、という甘い考え方を持っていたということです。これにはガダルカナル島での戦力を小出しにして勝機を逃し多くの戦死者を出したことと全く問題点が残されています。ガダルカナル島でも、敵を過小評価し、少数の兵隊が突撃すれば敵は慌てて逃げ出すという甘い妄想のもとで作戦が進められます。

 国民にはノモンハン事件のことは発表されませんでしたが、皮肉な言い方になりますけれど、それほど軍が国民からの評価を気にしていたというのは、民主主義の価値観がそれなりに広まっていたことも示されており、国民から批判されることを恐れた軍は残念なことに民主主義と報道の自由は表裏一体なのだということまでは理解できていなかった、そこまで腹をくくれていなかったところが最終的な滅亡の要因の一つと言って良いと思います。

 滅亡や崩壊は常に内側から始まると言われます。日本の陸軍もまた、その典型的な例だと個人的には思います。

サイパン島の戦いのこと

私の母方の祖父がサイパン島で戦死していますので、母が訪問したがり、一緒に何度か訪れたことがあります。もし、遊びに出かけるのなら、サイパン島よりグアム島の方が楽しいのではないかという印象が私の中にはあるのですが、そもそも父祖の世代が飢えや火炎放射器で苦しみ抜いたということを考えると、あまり楽しみたいという気持ちにもなりにくいです。

 祖父がどのようにして戦死したかということについては、今に至るまでさっぱり分かっていません。サイパン島は玉砕していますので、生きて帰った人が本当に少なく、証言してくれる人もいませんので、これは永遠に分からないままになると思います。

 サイパン島の戦いはガダルカナル島の戦いとはその持っていた意味が大きく違います。ガダルカナル島の戦いは積極的な攻勢に出ることを企図していたものですが、サイパン島には日本人の市民が生活していたため、その人たちを守らなければいけなかったということとアメリカの爆撃機が日本本土まで到達できる距離にあるため、サイパン島が陥落すれば、その後は空襲が頻繁に行われることを覚悟しなくてはいけませんでした。

 生き残った人々は島の南端の方へと逃れ、日本艦隊が救援に来てくれることを期待しますが、言うまでもなくそのようなことは起きませんでした。逃げる先を失った人々が島の南端で海に飛び降り、バンザイクリフと呼ばれたことは知られていることです。私と母もバンザイクリフは訪問しましたが、景色が大変美しい場所ではあるものの、やはり気持ちが何とも言えない追い詰められたような心境になってしまいました。あの海の景色は当時の日本人はまさしく行き場のない「絶海」に見えたのだろうと思います。

 サイパン島が陥落したことで、その後は日本市民の被害が増えることがはっきりしていたわけですから、その段階で日本不利を認め、戦争を終わらせるという選択肢がどこまで現実的だったかは分かりません。しかしながら、東条内閣は責任を取って総辞職するものの、戦争は継続されていきます。辛い歴史ですが、忘れることもいけません。

関連項目
ガダルカナル島の戦い

ガダルカナル島の戦いのこと

日本軍はガダルカナル島を攻略し、現地に飛行場を建設することにより、アメリカとオーストラリアとの連絡を絶ち、更に、オーストラリアを攻略して日本優位の講和を画策していたようです。

しかし、ガダルカナル島の戦いはそのように簡単なものではありませんでした。日本軍の飛行場建設を知ったアメリカ軍は事態の重大さに気づき、即座に攻撃を仕掛けて飛行場を奪取します。日本軍はその奪回のために最初は一木支隊約1000人を投入しますが、全滅してしまいます。その後、辻正信参謀が到着してジャングルの中を進軍し、昭和天皇の誕生日と同じ日に奪回するという英雄主義的な作戦を進めますが、結局は成功せず、日本軍は二万人の死者を出し、残りの兵隊さんたちは脱出するという完全な敗北を喫することになりました。

ガダルカナルの飛行場を奪取したアメリカ軍は、当初に於いて補給が追い付いておらず、日本軍に強襲されても反撃する弾がないという非常に心細い状態だったことが知られています。しかしその段階で、日本軍が本格的な攻勢に出ることはなく、少数の部隊を派遣して勝てるはずと考えていたというのは理解に苦しむところです。

内心ではアメリカ軍が強いということに恐怖心を抱いていたことは間違いのないことでしょうけれど、その恐怖心を正面から受け止めず、敵は弱いという幻想を作り上げ、それを現実だと思い込もうとしていたと考えるのが、安易すぎるかも知れませんが妥当ではないかという気がします。

当初の段階で少数の部隊しか送り込まなかったというのも、大部隊を送って船が撃沈されたらどうしよう…などの恐怖心があって、小出しにしてしまったというのが本当のところではないかも思います。

太平洋戦争に関するものは、読めば読むほど、「ああ、これは勝てない…」という感想に至ってしまいます。

関連項目
サイパン島の戦い

226事件のこと

226事件が皇道派の青年将校たちによって引き起こされた反乱だということは、わざわざ前置きするまでもないことですが、彼らの動機、心情についてはよく言及されるものの、その黒幕については、さほどよく取り上げられるわけでもないように思います。

事件を題材にした映画で、黒幕と目される人物が少しは登場することもありますが、わりとあっさりと触れられているだけで、予備知識のない状態で映画を観ると、ちょっとはっきりとは分からないように、もしかすると故意にそう作られているのかも知れません。

事件の黒幕として真崎甚三郎大将が怪しい、ということはほぼ間違いないようですが、軍法会議では実際に行動を起こした青年将校たちに対しては無慈悲とも思えるほど冷たい扱いをしているのに対し、真崎大将は無罪になっています。軍法会議としては、青年将校たちに銃殺刑を宣告して事態が収拾に向かう中、真崎が裏にいたことはよくよく知っているが、これ以上の面倒は困るので、見逃してやった、といったところではないかと思います。判決文を読めば、どういう事情だったか全部ばれていたことが分かるという人もいます。

軍人による首相を誕生させ、一機に日本の各方面を牛耳り、天皇を中心とした統制国家を作る(統制国家を目指すという意味では陸軍統制派とも大差はないでしょう)、という、はっきりと言ってしまえば無思慮な、甘い権力欲への憧れが軍上層部にあったことがうかがい知ることができ、当時の日本にとって最大の敵は内側の陸軍だったのではないか、という厳しい意見を持っても良いと思います。内側にそういうのがいるのですから、日本帝国が滅亡していったのもむしろ自然なことだったのかも知れません。

一方で、青年将校たちのことは同情を持って描かれることが多いようです。真崎大将にうまいこと言われてその気になり、大罪を犯したにも関わらず、天皇がなびいてくれないので真崎大将に見捨てられ、悔しい思いで、言いたいこともきちんと言えずに刑を執行されたことを思えば、可哀そうだなあという心情がどうしても働いてしまいます(実際に襲撃された方や遺族の方たちにとってはそんなことは言っていられないでしょうけれど)。

彼らは良いことをしたとは思いませんが、今も人気があって慰霊碑を訪れる人が絶えないというのも理解できるでのす。

 

写真はwikipediaに掲載されているものを引用しました。